「ほっ」と。キャンペーン
2014年 04月 29日

伝説 の 日光 『 中禅寺湖 』 スクール

毎シーズン 繰り返される
  日光 『 中禅寺湖 』  での、 驚異の ・実績・ の数々 は、
  動画 にても ご覧に成れます。

コチラ ↓ をクリック!
中禅寺湖 『 クレオール “改” 』 ウエットフライ・パターン での 60cmオーバー入れ食い 動画

         ---------------------------------------------------------

 日光 『 中禅寺湖 』 にて、
 1994年 の 初回 の 開催 から、
  参加者 が 必ず 50cmオーバー を 掛ける といった
 “ 伝説 ” の 「 フライフィッシング・スクール 」 。

  題して、
       伝説 の 日光 『 中禅寺湖 』
       『 ザ ・ “ダイレクト” ・ シンキング 』フライフィッシング・スクール は、


       毎年、 新緑 も 眩い、
       中禅寺湖 の ・最盛期・ に 標準を合わせて 開催しています。

       つまり、
       参加者によって、 もっとも 大物が 釣り上げられ易い時期 なのです。

       そもそも、
       この 日光 『中禅寺湖』 フライフィッシング スクール が、
       クレオール・清水一郎 の、 フライフィッシング・スクール の 『 原点 』 。
         
       まるで、北欧にあるような 味のある建物 だった、
       旧館の 中禅寺 金谷ロッジ の時代 から、
       親交の深かった 中禅寺金谷ホテル の 歴代 総支配人 との、
         
       「 日本に 於ける、
       『 楽しく 、 真に くつろげる フライフィッシング・ライフスタイル 』
                                     の 提案を、
       フィールドの “現場” から、 ・直接・ 発信していきたい 。 」

       と言った 『 志 』 を 基に、
       1994年 に 発祥しました。

       このような 理由 から も 、
       1990年代 の 初年度から 何年かは、
       宿泊して 、 ゆったりと 楽しんで 頂けるようにと、
       「 週末、 土、 日、 の 一泊二日だけ 」 の スクール形式のみ でした。

       ところが、
       年に一度のみ、週末2日間しか開催していなかった為もあって、
       ある年には、
       参加希望者が 50名を越えてしまう年も ありまして ・ ・ ・

       コレでは、 肝心の 「 ひとり ひとり に 合わせた 、 キメ細かな対応 」 が、
       物理的にも 不可能になってしまう のは 明らか。

       そこで、
       現在の クレオール 各種フライフィッシング スクール のような、
       水曜日 から ~ 日曜日まで の 5日間 で、
       「日帰り1DAY」から ~ それこそ 最大 「 4泊 5日 」マデ 、
       ( この頃、各種スクール で 2~3泊以上する方 も、
         随分と いらしゃるんデス。 )
       好きな日程 を 自由に 選んで 頂く スタイル と 成りました。

       このようなカタチ で 10年程 継続していた のですが、
       ご存知のように、近年、 中禅寺金谷ホテル は、
       世間の 御多分に もれず、 旧経営陣から 支配人まで 総退陣。

       経営陣が 変わり、
        観光バスのツアー なども 取るようにも なりまして・・・

       それからは、
       あの ベルリン フィル が 来日中にも 滞在した
       中禅寺湖畔 の 旧外国大使 別荘 を 改築した
       これまた、 味のある こじんまりしたホテル に 場を 変えて、
       この 『 伝説の スクール 』 は、 伝統の継承 を 続けて おります。
         
       戦前の時 代から、 各諸外国 の 大使館 別荘 が 並ぶ程 の、
       日本を 代表する 新緑の 美しい 高原の湖 、
       日本 の 「 湖のフライフィッシング 」 発祥の 聖地とも 言える
        日光 『 中禅寺湖 』 で、
       最高の時期 に、 思う存分に フライフィッシング を 満喫し、
       サービスの 行き届いた、 ゆっくりと くつろげる 宿 で、
       温泉 、 料理 、 お酒 、 ・ ・ ・ 。

       むろん、
       おとどけする フライフィッシング の “ ノウハウ ” 面 は、 さらに “ 極上 ” 。

       『 伝説 』 に なりうる程 の、
        特に 50cmオーバー の 大物 中心に 絶大な効果 を 生み出す
       『 独自 の “ メソッド ” 』 、
       肝心の 「 湖のフライフィッシング 」 の “ 極意 ” は、
       各日 限定 の 少人数制 で、
       個別 に 、 じっくり 「 粛々 と 」 レクチャー を 行なっていきます。
         
       宿泊の方 は、 夜 8時過ぎ の 夕食の時間 さえ 守っていただければ、
       あとは、
       お好きな部分 を、 好きなだけ、 存分に ご堪能 下さい。
       総て 『 自由 参加 』 の、
       言わば、
       「クレオール・フライフィッシング・スクール スタイル 」 の 基本 です。

※ 注 : 「宿泊ご希望」の方は、(平日でも)お早目にドウゾ。
      大規模なホテル では 無い為に、 部屋数に 限り があります。
      部屋数が 埋まり 次第、 宿泊は 別の宿 に なります。

実際 に コノ 伝説 の 日光 『 中禅寺湖 』
 『 ザ ・ “ダイレクト” ・ シンキング 』 ・ スクール を、 体験した うえ で の、
  衝撃 の 「 生 の声 」 は、 コチラ 
「 中禅寺湖スクール参加者 の 感想  を クリック!


         ---------------------------------------------------------


美学 を ふまえたうえ での、
 徹底的なる  現場 での 実学
 。

クレオール各種フライフィッシング・スクール を、 体験した うえ で の、
  衝撃 の 「 生 の声 」 などは、 コチラ 
「 スクール参加者 の 感想  を クリック!
   新着順に、過去にも さかのぼって 次々と 御覧 戴けます。
   ( 主に、 各ブログ記事 ワク内、
     いちばん 右下の 「 Comments 」 をクリックし、ご参照。)

ココに 記されている 数々 が、
よく アル 、 スクール どころか、
クレオール に 来た事すら も 無い 方々の
噂ばなし のたぐい では 無い、
クレオール 各種 フライフィッシング・スクール の 実際の 評判。

それぞれ
実際 スクール経験者 自身 が 語る
事実 のみ です。

--------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------
[PR]

# by creole-2 | 2014-04-29 10:26 | 6月 中禅寺湖・スクール説明 | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 02日

中禅寺湖 フライフィッシング・スクール 参加者 の 「生の声」感想

----------------------※<当ブログ・ページの見方>----------------------
 この 「クレオールフライフィッシング・ブログPART−2」 は、
 これから次々と 各種フライフィッシングスクール や、
 オリジナル・フライロッド や カスタム・グッズ などを始めとした
 取り扱い商品 の 総合カタログ的なラインナップ をするべく、
 ただいま思案&作製中!  今後も、このブログ・アドレスにもご期待下さい。)
 
※ ページ右側の 「カテゴリ」 から、
  興味のある分野をクリックし、スクロールして御覧下さい。
  (他、「カテゴリ」 から 「全体」 を クリック して、
   各ページ最下段右の <次のページ> をクリックしてゆくと、
   最新情報から過去へ全てのブログが順に表示されます。 もっとスゴイ内容も・・・)
------------------------------------------------------------------------
新しいブログ記事 は、 クレオール・フライフィッシング・ブログPART-1 を!
コチラ ↓ をクリック!
●クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1  http://creole.exblog.jp/i0
日々の新しい情報 は 、 ブログPART-1 を 、 更新 していきます。
------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------

中禅寺湖・フライフィッシング・スクール “初” 参加 の方 から、
まるで 「仕込み」のような 誉めチギリ の
スクール参加 「感想コメント」メール を 戴きましたので、
中禅寺湖スクール の 名物と 成っております
宿泊参加者用 「 和洋折衷 懐石風 」 特別ディナー・コース の 写真と 共に ドウゾ。

ご本人は、 長年 アメリカ で 在住していた方で 、
もちろん、
アチラ で 『 フライフィッシング 』 を 始めて フライ歴 5年程、

このトコロ 祖国 ニッポン へ帰国して、
昨年末から 2~3回 お店 に 来て、

オフの「シンキング」 や、 「渓流」 と、
クレオールのスクール に、 参加して、
 驚愕! の 連続!! ・ ・ ・ との コトです。

 ↓ ↓ ・ [ スクール 参加者からの 感想 メール ] ↓ ↓

         ------------------------------
         ------------------------------


a0020109_1718597.jpg
         < まずは 前菜、
          「生ゆば」や 季節の酢の物 に ゆば と 野菜の煮物 >


こんばんは。
2泊3日、それも 平日のみ 参加し
大爆釣を たくらんでいた ハヤツです。

結果は
ファイトを 5秒間 堪能した のみ でしたが、
これは スクール でした ので
しっかり と 技 を レクチャーして いただきました。
( いつもスクールに参加する時は
 釣果は二の次 に 考えているので・・・・
 負け惜しみ のようですが )
a0020109_1720826.jpg
         < ゆば の 春巻き風 と モッツレロラチ―ズの・・・ >
a0020109_17203355.jpg
         < 白身魚 の お刺身は、(養殖ものでナイ)真鯛 と ひらめ >

ボート上の 道具の配置 から、
リトリーブの種類 を決める 要因 、

水温に応じた フォーカスする ポイント 、

風周り に 対応した ポイント選定 、

魚が 岸による理由 等々 ・ ・ ・ 、

一連の 釣り の 組み立てを
朝 ~ 晩 まで レクチャー いただきました。

あとは こちらで 実践するのみ かと 思いますが、
きっとまた 疑問 が 出てくるんでしょうね。
その時 は よろしくどうぞ。

かれこれ、
今年の 3月から レクチャーに 参加し、

それまで  湖 を どのように攻略する のか
全く わからなかった 自分が、
かなり 成長した 気がします。

三年 かかるところ を
  三ヶ月 で 習得できた と思います。 感謝・感謝。
a0020109_172196.jpg
         < 舞茸と 季節の野菜 の グラタン >
a0020109_17212789.jpg
        < フォアグラ と 茄子の田楽風 >

        < スミマセン!
          デザート の
           「 季節のフルーツ と 特製アイスクリーム 」 は、
          あんまり おいしそう だったんで、
          うっかり、 写真撮る前に すべて食べちゃいました。
          モチロン 宿主の趣味でもある
           全国の銘地酒 は 各“酒”絶品デス。 >



今回 は 本マス の 引き は 味わえなかった ですが、
CREOLE の 名竿、 THE NIKKO を 使い、 ショックでした。

今までは、
S 社 や L 社 等々の
某 有名ロッドのみ を 使ってきた のですが、
この ロッドを使って、 早く これを使えば と 痛感。

まずは 今まで 腕が悪かった ため
バックキャスト時の ラインの乗り を 感じなかった のですが、

このロッドを つかうと しっかり、 感じる事 が できます。

裏を返 すと
フォワードキャストに移る タイミングが 伝わってきて
しっかり フォワードに 移れます。

どんどん投げる と 面白くなって きてしまい、
わざと テーリングを 起こしたりして、
今までの 自分の 悪い癖を 再現できる のです。
( もちろん たまには ナイス キャスト も )

この ラインを 自由に操れる のは
本当に 面白いこと です。

他の CREOLE の竿 も 振ってみたくなりました。
また、 よろしく お願いします!!!!!!
a0020109_173094.jpg
        < 和 朝食 は コンナ感じ で >

P.S. このスクールに
     妻 や 幼い娘 を 連れてこなかった のを
     後悔しています。

    何せ、 釣り以外 の 宿から 食事、 温泉等々、
     釣り以外 の イベントが 充実しておりました。

    これなら、まかり間違って ボーズでも 満足です。
    是非 カップル・ご家族連れの方 にも おすすめです。
    もちろん 釣りきち にも。


         ------------------------------
         ------------------------------

 ↑ ↑ ・ [ スクール 参加者からの 感想 メール ] ↑ ↑ 


どうも!ハヤツさん。
まるで 「 仕込み 」 のような 「 誉め チギリ 」 の スクール感想メール 、
ありがとうございます。

ココまで ホメチギられると、 次のスクール も 手を抜けマセン。

長年 アメリカ で 在住した アトに 、 このトコロ 祖国 ニッポン での、
クレオール 特選 の 『 日本のフライフィッシング 』 各種 を、
渓流 や 湖 の クレオール・スクール で 堪能シテ、

また、 夏 には お仕事 の 関係で、
遠く 北欧 ノルウェ― まで 転勤なさる そうですが、
それまでに ガンバって 数多くのコト を 吸収していって クダサイ。
(ニホンの魚は、私たちにまかせなさい!?)

モチロン、
北欧 でも、『 ダイレクト 』 は 効きますヨ!

CREOLE 清水一郎

a0020109_17351349.jpg
       < 朝食は 中禅寺湖を 眺めながら・・
         モチロン、 お風呂 は 湖畔に接する 露天付き の 天然温泉デス。 >

a0020109_16544284.jpg
       < 中禅寺湖スクール 初日に 釣れた レイクトラウト。 >

毎シーズン 繰り返される
  日光 『 中禅寺湖 』  での、 驚異の ・実績・ の数々 は、
  動画 にても ご覧に成れます。

コチラ ↓ をクリック!
中禅寺湖 『 クレオール “改” 』 ウエットフライ・パターン での 60cmオーバー入れ食い 動画

         ------------------------------

美学 を ふまえたうえ での、
 徹底的なる  現場 での 実学
 。

    実際現場 から の 事実 の 数々 は、
    コチラ 
    「 スクール参加者 の 感想 」 を クリックして、
    新着順に、過去にも さかのぼって 次々と 御覧 戴けます。
    ( 主に、 各ブログ記事 ワク内、
      いちばん 右下の 「 Comments 」 をクリックし、ご参照。)]
ココに 記されている 数々 が、
よく アル 、 スクール どころか、
クレオール に 来た事すら も 無い 方々の
噂ばなし のたぐい では 無い、
クレオール 各種 フライフィッシング・スクール の 実際の 評判。

それぞれ
実際 スクール経験者 自身 が 語る
事実 のみ です。

----------------------------------------------------------------------
動画ブログ 「クレオール・THE・ムービー」 新規開設中!!!
↓コチラをクリック!
●フライフィッシング・動画ブログ・「クレオール・THE・ムービー」 http://creole1.exblog.jp/
-----------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------
フライショップ 『 CREOLE 』 
地下鉄 大江戸線 & つくばエクスプレス 新御徒町駅 A4出口より3分
〒111−0056 東京都台東区小島1−17−7 CREOLE(クレオール)
営業時間 平日15:30〜20:00 日祝〜18:30 水、木曜日定休、及び、
フライフィッシング・スクール、国内&海外フライフィッシングツアーによる不定休有り。
℡&Fax 03−3865−7567(16時〜)
-----------------------------------------------------------------------

( ブログ記事ワク 最下段 、
  Tags : の さらに には 、
   ↓  拙 クレオール とは、マッタク カンケー無い 広告 が入ります 。)  ↓  ↓  ↓
[PR]

# by creole-2 | 2013-05-02 10:18 | 6月 中禅寺湖・スクール感想 | Trackback | Comments(0)
2009年 04月 20日

激安! お値打ち セール品 限定特価フライロッド

----------------------※<当ブログ・ページの見方>----------------------
 この 「クレオールフライフィッシング・ブログPART−2」 は、
 これから次々と 各種フライフィッシングスクール や、
 オリジナル・フライロッド や カスタム・グッズ などを始めとした
 取り扱い商品 の 総合カタログ的なラインナップ をするべく、
 ただいま思案&作製中!  今後も、このブログ・アドレスにもご期待下さい。)
 
※ ページ右側の 「カテゴリ」 から、
  興味のある分野をクリックし、スクロールして御覧下さい。
  (他、「カテゴリ」 から 「全体」 を クリック して、
   各ページ最下段右の <次のページ> をクリックしてゆくと、
   最新情報から過去へ全てのブログが順に表示されます。 もっとスゴイ内容も・・・)
---------------------------------------------------------------------------
新しいブログ記事 は、 クレオール・フライフィッシング・ブログPART-1 を!
コチラ ↓ をクリック!
●クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1  http://creole.exblog.jp/i0
日々の新しい情報は、 ブログPART-1 を、更新していきます。
---------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------

まずは、 お値打ち セール品 限定特価フライロッド」 のハナシをするにあたって、
当クレオールのオリジナル 『クレオール・フライロッド』 シリーズのハナシから。
e0033195_2135436.jpg
    <よく暴れるコンディションの良いこのサイズに、
     主導権を渡さず、3分以内のファイトで仕留められる様な
     「しなやかながら キレの有る」#5~6番ライトラインロッドが市販品には無かった。
      CREOLE 8'6" #5/6 -4pc でキャッチした 50cmオーバーの
      JGFA公認日本記録サクラマス(ホンマス)日光 中禅寺湖にて。>


そもそも、
『クレオール・フライロッド』 シリーズ を
作るようになった キッカケ は、

ズバリ、 「無いから造った」 ダケ。

各メーカーから 販売されている 既存のフライロッド では、
満足出来ない から、
みずから デザインして 造った のです。

『クレオール・フライロッド』 シリーズ の 基本コンセプト は、
フライフィッシングに於ける キャスティング、 リトリーブ、 ファイティング などなど、
それぞれの ・楽しさ・ に関して、
限りなく “快適さ” を追求する のが モットー!でして、

それには、
妥協を 許さず ・性能・ を 突き詰めていく事 が 必至。

つまり、
出来る限り 、 少しでも 良い素材 を 使い、
そして、 面倒な事 でも、 手を抜かず に、
手間をかけて 丁寧に 作りあげる事 なのです。

いろんな部分 での 「やるべき事」 を キチンとすれば、
むしろ、
良いモノ が、 ・勝手に・ って 言ってイイくらい 出来上がる のですが ・ ・ ・ 。

当たり前の事 を アタリマエに ヤルって のは、
ナカナカ どうして 、 意外に 大変で、

単純に いろんな部分 で ・良い物・ を求めれば、
自然と 素材 や コストの部分 にしても、
それなりに かかってくる訳で、

どうしたって ソノ 単価 自体も、各モデル とも 7万円以上の、
言わば 「高額フライロッド」ってレベル の 値段帯 が、
むしろ、 性能を維持する為 には、
逆に 「 必要 最低限 」レベル の 値段帯 と なってしまいます。

それでも、
お蔭様で、御存知の様に
幾つかの 『クレオール・フライロッド』 モデル は、
シーズン中には、いまだに製作が 間に合わない状態 が 続いています から、
ソノ値段帯 や、 ソレ以上 のプライス が 付いている フライロッド が、
  果たして、 肝心の ・内容・ からして、
  いわゆる ・対価価値 ・としての 「良い品物」であるか? は、
  さて 置いて 。 )

実際 に 一度使えば、
クレオール・オリジナル・フライロッド の 持つ、
その 異次元レベル の ・性能・ が、かもし出してくれる ・快適さ・ を、
多くの方々に 判って頂けてる のは、 嬉しい 限りです。

ところが、
このところウェブ上で拙ブログや動画ブログなどを見て、
お店 や 各種フライフィッシングスクール に いらっしゃる方の 中には、
「そこそこの値段で、
そこそこの性能が有ればイイんです」 って言ったニーズも、
極々 少数 とは 言え アリまして、

事実、
「確かにクレオールロッドが良いのは判るんですが、
 何せ [ 先立つ モノ ] が ・ ・ ・
 かと 言って 、 今のまま の 道具 じゃあ 、 ウマくいかない のは 判りきってるし、
 何か ソコソコのお値段 で、
 普通のモノ より も チョッとイイ物 ってありませんかねぇ~?」って
ご相談を、

このところ の 渓流&湖スクール に 参加してきた
何名 かの 新しいお客さん の おひとりから 聞かれまして、
「ソレならば、店頭には出してないのですが、
 店にある既存メーカーのロッドでも、それこそ2~4万円も出せば、
 そこそこ の 性能のモノ だったら 、 いくらでも 有りますヨ!」 と お薦め したところ、

コレが 意外に 大好評で 、 ソノ手のモデル で、
ズラ―ッと、タイプ別 に 、 何本も 揃えてってカンジ にも 成りまして、

つまり、
量販店 の 「安物セット品」じゃあ ナクって、
しかも、ブランド名だけに頼った ・内容・ から したら ・実・ が 無い、
判るヒト から 観たら、
いかにも ありがちに ウマく 「引っ掛かっちゃってる」
有名メーカー の 「名ばかりの廉価版」にも チョッと・・・という方々が。

つまり、フライフィッシングの専門店として、
ドコでもヤッってイナイ(あるいは出来なかったり、肝心の・目利き・のレベルが低かったりスル)
そのものズバリ の、肝心の性能に関して、
肝心の・内容・からしての、対価価値としての「良い買物」をしてもらう。

これまた、専門店として、当然の事を、当然にヤルってのを、
フライフィッシングの専門家としての、自らの実際の経験を最大限に生かして、
一般の方々では、かなりの ベテラン と言えども気付きもしない点や、
むろん、メーカーの都合ナンカにも左右されずに、
ズバリ、私の眼から見ても
 「コレってスゴ~く・お買い得・じゃない?」 ってのを、
バッサリ選別してみました。

今回は、今現在のお店にある既存メーカーのフライロッドが中心なので、
旧モデルなどは、特に相当・お買い得・な、お値段での御提供も出来ます!

どれも「お値段以上」の価値を、当クレオールが自信を持ってセレクトした
ワンランク上の限定特価フライロッド!

なかには・裏ワザ・的な使い方をスルと、
かえって ソノほう が 大活躍って モデルのフライロッド も ありマスから、
肝心 かなめ の、
どのシュチュエーション で? ドウ 使う のか? に 関しては、
何でも 聞いて下さい。

巷では、実際の・現場・ではドウだったのか?
素人に毛の生えたレベルの感想しか言えない口先だけの カタログ 店員や、

「こだわり」という言葉で、ウマく擬装して、
重箱のスミを突くようなドーでもイイことに固執しちゃう
狭いワクの中ダケで凝り固まっちゃってる迷惑千万な 押し付け 店員の
戯言ばかりが溢れているようですが、

当クレオールでは、総てに於いて、
ズバリ!能書き以外の「自分の言葉」で、
何が? ドウ なのか? を、 具体的 に 答えられるモノばかり です。

また、ココに表示されている以外にも、仕舞い込んだままにしている、
いろんな 「ワケあり・超特価・商品」 も、フライロッド、フライリールを始め、
まだいろいろと有りますので、詳しくは、直接店頭にてドウゾ!
(特にシーズン中は、お店が開いてる時を、電話などで御確認の上いらっしゃって下さい。)
-------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------

※ 各モデルとも多少の在庫は確保してありますが、
  特価品のため、今回のコノお値段での「超特価・お買い得フライロッド」販売は、
  各フライロッド現品が、売切れ次第終了とさせていただきます。

         ---------------------------------------------------------
         ---------------------------------------------------------

渓流向け #2~4番ライン用 超特価セール フライロッド

 -お手軽 & 入門用-

①, Capsミルトレス  7’6” #3~4番 ライン用 ‐2本継ぎ
                ↑ 完売御礼。 次回入荷まで お待ち下さい
               定価 ¥19,950を、 → ¥16,950 さらに!→ 限定特価 ¥14,500

②, Caps ミルトレス 8’0”#3~4番ライン用‐2本継ぎ
               定価 ¥19,950を、 → ¥16,950 さらに!→ 限定特価 ¥14,500

         ---------------------------------------------------------

 -チョッとこだわりモノ-

  バンブーロッドビルダーとして名高い、
 かの西村俊郎氏がデザインしていた 『アイザック カーボン』 などが中心です。
 巷の、バンブーロッドビルダー(?)と呼ばれる方々の、
 まるでド素人の「趣味講座」あがりの、 売り物 の域にも達していない、
 竹を素材にして張り合わせた 棒切れ レベルの「バンブー」とやらに、
 値段をつけてありがたがっているのとはマッタク異なり、
e0033195_2136349.jpg
      < アラスカ最終フィールドテストにて、西村俊郎ビルド 湖用バンブーロッド
        “禅” ~ZEN~ モデル 9’1" #7 - 3pc によって
        キャッチされた大型スティールヘッドの実例。>

 日本で唯一、サイズ1m前後のスティールヘッドまでをも釣り上げられる
 バンブーロッドをビルト出来る実績を持つ、 ・真の意味・ での
 バンブーロッドビルダーとして名高いのが、この 西村俊郎氏 です。
e0033195_2137619.jpg
      < コチラも、アラスカ最終フィールドテストにて、西村俊郎ビルド 湖用バンブーロッド
        “禅” ~ZEN~ モデル 9’1" #7 - 3pc によって
        キャッチした大型スティールヘッドの実例。>


③, アイザック カーボン 7’9” #2~3番ライン用2本継ぎ
                ↑ 早々と 完売御礼。 次回入荷まで お待ち下さい
          定価 ¥45,150 → 特価 ¥36,120 さらに!→ 限定特価 ¥

④, アイザック カーボン 7’11” #2~3番ライン用3本継ぎ
                ↑ 完売御礼。 次回入荷まで お待ち下さい
          定価 ¥58,800 → 特価 ¥47,040 さらに!→ 限定特価 ¥

⑤, アイザック カーボン 8’0” #2~3番ライン用2本継ぎ
          定価 ¥45,150 → 特価 ¥36,120 さらに!→ 限定特価 ¥
                ↑ 完売御礼。 次回入荷まで お待ち下さい

⑥, アイザック カーボン 8’3” #3番ライン用 ‐2本継ぎ
          定価 ¥45,150 → 店頭のみ お問い合わせ 特価 ¥???
                ↑ 残り お早めに。

⑦, アイザック カーボン 8’4” #3番ライン用 ‐2本継ぎ
          定価 ¥45,150 → 店頭のみ お問い合わせ 特価 ¥???

⑧, アイザック カーボン 8’4” #3番ライン用3本継ぎ
          定価 ¥58,800 → 特価 ¥47,040
                ↑ 完売御礼。 次回入荷まで お待ち下さい

⑨, アイザック カーボン 8’4” #4番ライン用‐2本継ぎ
          定価 ¥61,740 → 店頭のみ お問い合わせ 特価 ¥??? 

⑩, アイザック カーボン 8’6”#3番ライン用‐2本継ぎ
              定価 ¥45,150 →  店頭のみ お問い合わせ 特価 ¥???

⑪, アイザック カーボン 8’6”#3番ライン用 ‐4本継ぎ
          定価 ¥50,400 → 店頭のみ お問い合わせ 特価 ¥???

⑫, ライトスタッフ 7’10”#1番ライン用 
          定価 ¥43,050 → お問い合わせ のみ 限定特価 ¥???

⑬, ライトスタッフ 7’10”#2番ライン用 
          定価 ¥44,650 → お問い合わせ のみ 限定特価 ¥???

⑭, ライトスタッフ  7’10”#3番ライン用 
          定価 ¥45,150 → お問い合わせ のみ 限定特価 ¥???

⑮, ライトスタッフ  8’10”#2番ライン用 
          定価 ¥44,650 → お問い合わせ のみ 限定特価 ¥???

⑯, ライトスタッフ  8’10”#3番ライン用 
          定価 ¥45,150 → 限定特価 ¥40,635 さらに!→ ¥

⑰, ライトスタッフ  8’10”#4番ライン用
          定価 ¥45,150 → お問い合わせ のみ 限定特価 ¥???

         ---------------------------------------------------------
         ---------------------------------------------------------

● 管理釣り場&湖用

 -お手軽 & 入門用-

⑲, キャップス stream trail 8’6”#4番ライン用‐2本継ぎ
            定価 ¥27,000 → 限定特価 ¥さらに!→ ¥ 

⑳, キャップス  stream trail 8’6”#5番ライン用 ‐2本継ぎ
            定価 ¥28,000 → 限定特価 ¥さらに!→ ¥
                ↑ 完売御礼。 次回入荷まで お待ち下さい

 - 超 ★限定★ 入手困難な レア物! - ※ レアな グラスロッド 新品 大量に 在庫アリ!

21, アイザック グラスロッド
         パラボリックPB8’3”#5番ライン用‐2本継ぎ
 (ケースなし)
         定価 ¥29,000 → お問い合わせ のみ 限定特価 ¥???

22, アイザック グラスロッド
          パラボリックPB9’0”#6番ライン用‐2本継ぎ
(ケースなし)
         定価 ¥29800 → お問い合わせ のみ 限定特価 ¥???

24, グレイリング グラスロッド 8’6”#6~7番ライン用‐2本継ぎ (ケース袋なし)
         定価 ¥29800 → お問い合わせ のみ 限定特価 ¥???

25,グレイリング グラスロッド 9’0”#6~7番ライン用 ‐2本継ぎ (ケース袋なし)
         定価 ¥29800 → お問い合わせ のみ 限定特価 ¥???

26, テンリュウ 9’6”#52本継ぎ (袋なし)
   ↑ 完売御礼。 次回入荷まで お待ち下さい
         定価 ¥52,000 → 限定特価 ¥さらに!→ ¥

         ---------------------------------------------------------
         ---------------------------------------------------------

● 湖&海 用

 -お手軽 & 入門用-


Caps ミルトレス 9’0”#7~8‐2本継ぎ (ケース袋なし)
                 定価 ¥ → 限定特価 ¥さらに!→ ¥

Caps ST 9’0” #8‐2本継ぎ  
                 定価 ¥34,000 → 限定特価 ¥さらに!→ ¥

Caps LS 9’0” #9‐2本継ぎ  
                 定価 ¥34,000 → 限定特価 ¥ さらに!→ ¥

ウィンストンIM6 9’0”#8 ‐2本継ぎ(袋なし、ケースなし)
                         定価 ¥→ 限定特価 ¥さらに!→ ¥

アイザック 9’0” #7~8番ライン用‐3本継ぎ
                  定価 ¥68,000 → 限定特価 ¥ さらに!→ ¥

, アイザック 9’0” #8~9番ライン用‐3本継ぎ
                  定価 ¥68,000 → 限定特価 ¥ さらに!→ ¥

         ---------------------------------------------------------

ダブルハンド&スペイ・フライロッド

 -お手軽 & 入門用-

アイザック カーボン 14‘0“#9~10番ライン用‐3本継ぎ (プラケース付)
         定価 ¥42,000 → 限定特価 ¥さらに!→ ¥

アイザック カーボン 15‘0“ #10~11番ライン用‐3本継ぎ (プラケース付)
         定価 ¥45,000 → 限定特価 ¥ さらに!→ ¥

アイザック カーボン 15‘0“ #10~11番ライン用‐3本継ぎ (ケースフタなし)
         定価 ¥49,000 → 限定特価¥さらに!→ ¥

アイザック カーボン 18’0“ #11~12番ライン用‐3本継ぎ (プラケース付)
         定価 ¥49,800 → 限定特価¥さらに!→ ¥

 -チョッとこだわりモノ-

アイザック カーボン 13’0” #7~8番ライン用
         定価 ¥86,000 → 限定特価 ¥ さらに!→ ¥

アイザック カーボン 13’0” #10番ライン用 
         定価 ¥69,500 → 限定特価 ¥さらに!→ ¥

アイザック カーボン 14’6” #9~10番ライン用
         定価 ¥96,000 → 限定特価 ¥さらに!→ ¥

         ---------------------------------------------------------

まだまだつづく・・・

----------------------------------------------------------------------
クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1 が、
 携帯からも、ラクラクアクセス可能に!   
●クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1 携帯用URL
http://mblog.excite.co.jp/user/creole/
 まで。

動画ブログ 「クレオール・THE・ムービー」 新規開設中!!!
↓コチラをクリック!
●フライフィッシング・動画ブログ・「クレオール・THE・ムービー」 http://creole1.exblog.jp/

携帯で、各動画を御覧になるには、
 http://dgmb.jp/search.jspx  のURLにアクセスして、
カタカナで、 「クレオール」 と検索してクダサイ。
-----------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------
フライショップ 『 CREOLE 』 
地下鉄 大江戸線 & つくばエクスプレス 新御徒町駅 A4出口より3分
〒111−0056 東京都台東区小島1−17−7 CREOLE(クレオール)
営業時間 平日15:30〜20:00 日祝〜18:30 水、木曜日定休、及び、
フライフィッシング・スクール、国内&海外フライフィッシングツアーによる不定休有り。
℡&Fax 03−3865−7567(16時〜)
-----------------------------------------------------------------------

( ブログ記事ワク 最下段 、
  Tags : の さらに には 、
   ↓  拙 クレオール とは、マッタク カンケー無い 広告 が入ります 。)  ↓  ↓  ↓
[PR]

# by creole-2 | 2009-04-20 18:59 | ★激安☆ 限定セール 特価品   | Trackback | Comments(0)
2009年 04月 20日

№010. 『ファイン・チューニング』 レンタル・タックル 情報

----------------------※<当ブログ・ページの見方>----------------------
 この 「クレオールフライフィッシング・ブログPART−2」 は、
 これから次々と 各種フライフィッシングスクール や、
 オリジナル・フライロッド や カスタム・グッズ などを始めとした
 取り扱い商品 の 総合カタログ的なラインナップ をするべく、
 ただいま思案&作製中!  今後も、このブログ・アドレスにもご期待下さい。)
 
※ ページ右側の 「カテゴリ」 から、
  興味のある分野をクリックし、スクロールして御覧下さい。
  (他、「カテゴリ」 から 「全体」 を クリック して、
   各ページ最下段右の <次のページ> をクリックしてゆくと、
   最新情報から過去へ全てのブログが順に表示されます。 もっとスゴイ内容も・・・)
---------------------------------------------------------------------------
新しいブログ記事 は、 クレオール・フライフィッシング・ブログPART-1 を!
コチラ ↓ をクリック!
●クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1  http://creole.exblog.jp/i0
日々の新しい情報は、 ブログPART-1 を、更新していきます。

 まずは、『クレオール』については、
 コチラをクリック!→ クレオールについて「宗教との違い」http://creole.exblog.jp/i30
-------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------

各種スクール開催時に、
楽しく 快適 に使えて、いわゆる “コツ” が 極めて判り易い
フライロッド、リール、ラインの一式、
レンタルタックル の貸し出しを始めました!

名付けて
『ファイン・チューニング』 レンタル・タックル

テクニックの上達を助ける文字通りの
絶妙のファイン・チューニングバランス!

むろん、プロの眼から見て、
絶妙のセッティング・バランスを取っていますので、
同じコトをヤッっていても感度はバツグン!

つまり「判り易い」ってコトは、同じ「一日」の時間を経ても、
テクニックの吸収&上達のうえで格段の “差” も生まれるのデス!

その ・証拠・ と言っては何ですが、
例えば、渓流用の『ファイン・チューニング』レンタル・タックルは、
ウチの娘達が小学校1年生の頃、夏休みに長野県の自然渓流にて、
天然 良型イワナを ドライフライ で見事キャッチした時と同じ道具立て。

超初心者からでも安心して楽しめるように、
a0020109_23295676.jpg
<CREOLE 8'2" #4 -2pc 夏の長野渓流スクールにて、40cmオーバーの天然 大イワナ>

日本国内はもとより、アラスカやクリスマス島まで、
a0020109_2331456.jpg
<CREOLE 9' #8 -3pc にてキャッチしたスティールヘッド 9月アラスカツアー>

実際の・現場・から打ち出された長年の経験によって、
何よりも “コツ” を摑みやすいように工夫されています。

しかも、各種スクール初回~2回目参加の際までは、それぞれ 半額 にてレンタル可!

『ファイン・チューニング』レンタル代¥6,000 (ロッドのみ¥3,000)

各種スクール初回~2回目までレンタル代半額!¥3,000 (ロッドのみ¥1,500)

         ---------------------------------------------------------
a0020109_22512076.jpg
     <CREOLE 9' #8 -3pc にてキャッチした
      超大型サイズのシルバーサーモン 9月アラスカツアー>


また更に、一品一品を細部に至るまで、惜しみなく逸品をもってセレクトされた
極上&絶妙のクレオール・フライロッドでセッティングした“エクストラ”・バージョンも、
「巷のタックルと、何が?どれほど?ドウ・違う・のか?」を、
実際に、自分自身で体験出来る様に、限定で各2組のみ用意しました。

『ファイン・チューニング』 レンタル・タックル
 “エクストラ”・バージョン ¥12,000 (ロッドのみ¥8,000)

同じく、各種スクール初回~2回目まで半額レンタル¥6,000 (ロッドのみ¥4,000)

コチラは、さらに
その後1ヶ月以内に、クレオールロッドお買い上げ&予約の方 には、
ご購入時にレンタル代を さらに 半額 ¥3,000 キャッシュバック!!!

真の意味での“専門家”として、『目利きのウデ』にも相当の・自信・が有ります。

チョッとのコトでも圧倒的な・差・が生まれる
数多くの・現場・での経験がかもし出す『プロの技』を、
チョッとレンタルでもって、実際にお気軽にお試し頂けます。

         ---------------------------------------------------------
         ---------------------------------------------------------

この頃、キーワード「フライフィッシング」を中心に「キャスティング」、「スクール」などなど、
各種のネット検索をすると、どんなトコロでも、
必ず当クレオールのブログや動画に行き当たってしまいマス。

まあ、そうなると、なかには「何かココだけはマッタク・違う・ゾ」と、
一見したダケで早々と ・事実・ に気付かれる方々も多くて、
拙クレオール・ブログの一説「宗教との違い」を読むまでもナク、
「高いハードル」をモノともせずに、お店にいらっしゃって戴けたり、
各種フライフィッシングスクールなどへの参加と相成るのデス。

まずは、初めてクレオールのフライフィッシングスクールに参加される方々には、
必ず最初に「今の手持ちのタックルで、何とか上手くユクように工夫しましょう!」と、
事前にしっかりとアドバイスをするのですが、

巷に溢れる「間違いだらけのフライフィッシング」のおかげで、
せっかくある程度の値段もするのに、名ばかりの有名な外国メーカーの、
実際のニッポンの・現場・では、まったくミスマッチの道具立てであったり、
ソレで(言わばソレが主な・原因・で)、上手く行かずに四苦八苦してるのは・・・。

専門的な知識や、実際の数多くの・現場・の実績を伴う経験から、
実際に 釣り の・現場・でドウなのか?
並べられたキャッチコピーや、メーカー名なんぞには微塵も頼らずに、
例えば「フライロッド」でしたら、現物そのもののクオリティーや性能を、
自分自身で的確に判断出来るコチラからすれば、
ホントに「見るに耐えない」ような状況なのです。

当クレオールに来る前でしたら、タックルから装備品に至るまで、
メーカー名に頼ったりスルしか手が無いのは、判らないでもアリマセンが、
フライラインや、はたまたリーダー&ティペットに至るまで、
手間や金額を考えると、まるで同じなのに・・・「もったいない」コトばっかりで、
(単価自体は安いんですが、肝心の・内容・からすれば、
 「名ばかり」の、ある意味では、スゴ~く高~い買い物してたりして・・・。)

キチンとセッティングされた「快適な道具」を使えば、
ホンのチョッとの事でも、だいぶ・違う・んデスヨ。

かと言って、最初からイキナリ・やり直し・ってのも・・・。

ソコで、渓流、湖、など各種の「フライフィッシングスクール」用に、
市販されている一般的な道具に、チョッと手を加えて、
最初から快適に楽しく上達出来る様なチューニングを施した
『ファイン・チューニング』 レンタル・タックル を用意しました。

むろんプロの眼から見て絶妙のセッティング・バランスを取っていますので、
同じコトをヤッっていても感度はバツグン!
つまり「判り易い」ってコトは、同じ「一日」の時間を経ても、
吸収&上達のうえで格段の“差”も生まれるのデス!

また、「巷のタックルと、どれほど・違う・のか?」を、実際に、自分自身で体験出来る様な、
さらに極上&絶妙のクレオール・フライロッドでセッティングした “エクストラ” ・バージョンも、
限定で各2組のみ用意しました。
[PR]

# by creole-2 | 2009-04-20 18:57 | 最新 スクール&ツアー予定表 | Trackback | Comments(0)
2008年 03月 18日

№ 009. 渓流のフライフィッシング4月 “桜吹雪” シリーズ

----------------------※<当ブログ・ページの見方>----------------------
 この 「クレオールフライフィッシング・ブログPART−2」 は、
 これから次々と 各種フライフィッシングスクール や、
 オリジナル・フライロッド や カスタム・グッズ などを始めとした
 取り扱い商品 の 総合カタログ的なラインナップ をするべく、
 ただいま思案&作製中!  今後も、このブログ・アドレスにもご期待下さい。)
 
※ ページ右側の 「カテゴリ」 から、
  興味のある分野をクリックし、スクロールして御覧下さい。
  (他、「カテゴリ」 から 「全体」 を クリック して、
   各ページ最下段右の <次のページ> をクリックしてゆくと、
   最新情報から過去へ全てのブログが順に表示されます。 もっとスゴイ内容も・・・)
---------------------------------------------------------------------------
新しいブログ記事 は、 クレオール・フライフィッシング・ブログPART-1 を!
コチラ ↓ をクリック!
●クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1  http://creole.exblog.jp/i0
日々の新しい情報は、 ブログPART-1 を、更新していきます。

 まずは、『クレオール』については、
 コチラをクリック!→ クレオールについて「宗教との違い」http://creole.exblog.jp/i30
---------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------
4月フライフィッシングスクール
 渓流のフライフィッシング4月 “吹雪” シリーズ-

拙クレオールでも、恒例と成っております
「花鳥風月」を愛でながら、春本番の渓を堪能できる
  『 春 の渓流 吹雪” のフィールド編 』 が、
4月 に入ると、
養沢、忍野桂川、箒川等々と言った「有名どころ」を中心に、
いよいよスタートします。
a0020109_21302836.jpg
CREOLE・フライフィッシング・スクール では、
常に、
その ベストの時期 に、
ベストのフィールド で、
ベストコンディション を、
他では味わえない 特徴ある釣法フライ などを使い
 “旬” を 釣る 』  のが モットーです。

なぜ、
私が4月から 吹雪のフィールド」 を追いかけるのか?
それには、こんな 「花よりダンゴ」 の 理由がある のです。

各地で、 川辺の が 満開の時期 には、
渓の水温も8~10℃になり、 コカゲロウ のハッチ が 本番 となります。

3月解禁当初の、
雪深い 岐阜県の山中、 「 たかはら蒲田川 」 でも、
(コチラは  でなく、本当の 吹雪 ですが、)
水温の関係で、やはり コカゲロウ が キーになって います。

ナゼ?
このカゲロウがキーになるのか?
ソレは、
このカゲロウ の ハッチの形態 に 一因がアリマス。

このコカゲロウは、
その名の通り サイズ#16前後 の 小型カゲロウ ですが、
水中で、 はじける様に ダン と なり、
水面に向かって 急上昇して 浮き上がって行く ので、
サイズの割には、ひじょうに「動き」が有り、目立つ黄色の体色と合わせ、
水面上に出てからもバタバタと動き回り、
凄く 魚を“刺激”する ハッチの仕方 をする のです。

コカゲロウのハッチは、
春先、いちばん最初に 魚を狂わす 「魔力」 を 持っている のです。

他にも、
大型でコカゲロウ以上に活発に動き回る
「魔力No1!」 ヒゲナガ のハッチも早期から有りますが、
明るい日中からでも、活発なハッチが多い コカゲロウ と違って、
夕方、むしろ、薄暗くなってからが中心で、
寒いと不発に終わってしまうことも多く、
「旬を追う」 クレオールとしては、
コチラは、もうチョッと 暖かく なってから と考えています。

自然というのは、本当によく出来ていて、
そんなコカゲロウのハッチが本格的にピークを迎えている頃が、
何処のフィールドでも、
ちょうど満開のの花びら舞い散る 「吹雪」 の頃なのです。

ソコを、 「順繰りに “釣り渡って” 行こう!」 と言うのが、
毎年恒例の 養沢、忍野、栃木、 と続く、
渓流編 「吹雪のフィールド」 フライフィッシングスクール です。

さて、その第一弾が
 毎年、4月 第1週目日曜日あたり に 開催スル
養沢 渓流フライ スクール です。

アクセスも楽で、東京都内でありながら、ひっそり、ほのぼのと、
せせらぎにウグイスの唱だけが響く、
別天地の感 があり、
自然が残る まさしく 『穴場』 と言える でしょう。

湖の “ダイレクト”・シンキング の 釣り が、
オフの管理釣り場 で楽 しく習得できる のと 同じく、
ココ養沢では、
本格的な 渓流のシュミレーション を手軽に体験でき、
ビギナーからベテランまで、
“マジェスティック”・ドライ&ウエット・フライのテクニックを、
これまた 癒され ながら、 楽しく習得できます。

大型フライでも 「ガバッ」と 思うように釣れる!
この “マジェスティック”ドライ&ウエット テクニック は、
先に話した コカゲロウのハッチ に 時期を合わせて は いるものの、
よく見える #14前後 の フライ を 使用し、
メインディング を 一切せず に、
リーダー+ティペットで、全長あわせて 5~7ft 足らず
ショートリーダー・システム を 使います。

この、一瞬聞く耳を疑う内容は、
5ヤード以内のショートキャストでも、特に 効果絶大!

もう、長くてトラブルだらけのリーダーにイライラしたり、
見えないフライに、目を細めて 神経をすり減らす必要はありません!
他の釣人の車がイナイか?ハラハラしたり、
先行者に、眉をひそめる必要も無い のです!

近年、都市近郊の人の多い釣り場でなくとも、
「#20番前後の小さめのフライを、8X、9Xといった細く長いリーダーで」
というのがもはや常識で、
早春の釣りというと特にその傾向が強くなるとお思いでしょうが、
“ダイレクト” は ソレを覆す テクニック です。

コノ養沢でのスクールでは、
加賀プロ(ナンデスかね、コノ表現は?)ならぬ、養沢プロ?の方々が、
「9xに#24番じゃなきゃ釣れない。」と言い切っているのを尻目に、
「5xに#12番で楽勝!夕方はむしろコレじゃなきゃ反応が無いデスネ!」
と嬉々として語る超初心者の方や、
細いティペットや小さいフライの呪縛から
『解放された』ベテランの方々を次々と、生み出しています。

毎年、 5月のゴールデンウイーク中 にも、
養沢 渓流フライフィッシングスクール を予定しています。(臨時開催も有り。)

何点かの写真も添付しましたので、知らない方は、
まずは『癒しの穴場』をご覧になって下さい。
a0020109_21311962.jpg
ココ養沢の良いところは、まず第一に都下秋川渓谷の支流で、
都心からのアクセスが楽な点でしょう。 電車でも、武蔵五日市の駅からバスも出ています。

中央道八王子ICや、関越鶴ヶ島JCをへて圏央道日の出ICの近くですが、
都心から青梅街道を通り、青梅から秋川街道の抜け道を使えば、
高速を使う必要がないほどアッと言う間で、かえって休日などは一般道の方がスイスイ快適です。
a0020109_21321945.jpg
特にゴールデンウイークなどは、ガンバって遠出する人で高速道路は早朝から大渋滞ですが、
逆に一般道はガラガラです。
a0020109_21324745.jpg
埼玉方面からでも所沢からは、菜の花や狭山茶の茶畑が広がるガラガラの道を、
小作(おさく)付近で多摩川を越える抜け道も有りますので、
外環和光ICで川越街道に出たり、関越所沢ICからのアクセスもラクラク。
当然、コレだったら千葉方面からでも都心の渋滞を回避できるでしょう。
a0020109_2136404.jpg
例年、朝7時ごろにゆっくりと起床して、
高速道路を使わず、すべて一般道で、途中、何度か寄り道したりしても、
9時前には、養沢管理事務所に到着デス。
a0020109_21331729.jpg
下流にある秋川国際マス釣り場は、餌釣りとバーべキューを楽しむ人々で、
特に5月のゴールデンウイークには、駐車場の前に車の列ができるほど混雑していますが、
その上流にある養沢はむしろひっそり、ほのぼのと、
せせらぎにウグイスの唱だけが響く別天地の感があり、
東京都内でありながら、こんなに自然が残るまさしく「穴場」と言えるでしょう。
a0020109_21291438.jpg
しかも、お約束の釣り以外の楽しみも、これまた、ほのぼのと癒されます。
養沢への道中、秋川街道にある幸神堂のダンゴは美味しいでスし、
要予約の「朝づみ山菜」天婦羅、ほんのりと苦く香ばしい「ふきみそ」や
特産の「野良坊」のおひたしは、ウチの娘たちも大好きです。

いろんな意味で、 “や・さ・し・い” 渓流のフライフィッシング ってカンジでしょうか?
  
         ---------------------------------------------------------

美学 を ふまえたうえ での、
 徹底的なる  現場 での 実学
 。

    実際現場 から の 事実 の 数々 は、
    コチラ 
    「 スクール参加者 の 感想 」 を クリックして、
    新着順に、過去にも さかのぼって 次々と 御覧 戴けます。
    ( 主に、 各ブログ記事 ワク内、
      いちばん 右下の 「 Comments 」 をクリックし、ご参照。)]
ココに 記されている 数々 が、
よく アル 、 スクール どころか、
クレオール に 来た事すら も 無い 方々の
噂ばなし のたぐい では 無い、
クレオール 各種 フライフィッシング・スクール の 実際の 評判。

それぞれ
実際 スクール経験者 自身 が 語る
事実 のみ です。

----------------------------------------------------------------------
動画でテクニック等を知りたい方には、
まず、私がどんなレベルだか?コチラ→ 『テクニックの真髄』 をクリック!
特に英語の判る方には、コチラ→ アラスカ大ベテランガイドのつぶやき 現地の生の声を、
コメント欄と共に要チェック!『アラスカの釣り』や、『キング・サーモン』などの各種サーモン、
あるいは『スティールヘッド』のフライフィッシングに興味の有る方も必見!
----------------------------------------------------------------------
クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1 が、
 携帯からも、ラクラクアクセス可能に!   
●クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1 携帯用URL
http://mblog.excite.co.jp/user/creole/
 まで。

動画ブログ 「クレオール・THE・ムービー」 新規開設中!!!
↓コチラをクリック!
●フライフィッシング・動画ブログ・「クレオール・THE・ムービー」 http://creole1.exblog.jp/

携帯で、各動画を御覧になるには、
 http://dgmb.jp/search.jspx  のURLにアクセスして、
カタカナで、 「クレオール」 と検索してクダサイ。
[PR]

# by creole-2 | 2008-03-18 22:24 | 春 3・4月 の 渓流 スクール | Trackback | Comments(0)
2008年 03月 01日

№ 008. 湖のフライフィッシング 攻略法 4月 “桜吹雪” シリーズ

------------※<当ブログ・ページの見方>------------
 ページ右側の 「カテゴリ」 から、
  興味のある分野をクリックし、スクロールして御覧下さい。
  (他、「カテゴリ」 から 「全体」 を クリック して、
   各ページ最下段右の <次のページ> をクリックしてゆくと、
   最新情報から過去へ全てのブログが順に表示されます。 もっとスゴイ内容も・・・)
-----------------------------------------------------------------------
新しいブログ記事 は、 クレオール・フライフィッシング・ブログPART-1 を!
コチラ ↓ をクリック!
●クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1  http://creole.exblog.jp/i0
日々の新しい情報は、 ブログPART-1 を、更新していきます。

 まずは、『クレオール』については、
 コチラをクリック!→ クレオールについて「宗教との違い」http://creole.exblog.jp/i30
-----------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------
4月 フライフィッシング スクール

 湖のフライフィッシング に於ける “基本”にして“極意” を !
 
 - 湖のフライフィッシング 4月 “吹雪” シリーズ-

毎年、卯月4月に入りますと、
東京のも満開となり、
クレオールの 店 近く の 上野公園 や 隅田川の川辺 も、
大勢 の 花見客 で 賑わいます。

それぞれの対象魚 で、
一番 良い時期 の 「 “旬” を 釣る 」 のを 旨とする 当クレオールでも、
各地のフィールドで、満開の の 花びら散る なか、
フライフィッシング と 共に 『花鳥風月』 を 愛でる、
通称 “ 吹雪 ” シリーズ が スタート!

なぜ? 無粋な 私が 「」 など に こだわるのか?

それには、「水温」 と 「周辺のの開花」 との、
密接な 関係 が あるのです。

たとえば
湖のフライフィッシング・ “ 吹雪 ” シリーズ ・箱根 『芦ノ湖』 では、
解禁から1ヶ月ホド経ち、水温が8℃を越え、
産卵期を向かえたワカサギが、
産卵後 水面上にフラフラと弱って漂う時期が過ぎると、

年を越した 大物 の、
あの, 病みつきになる「ドッカッーン!」とか、「ガツーン!」といった、
キョーレツなストライクを求め、 ガンガンに 『攻める』 !!
通称 “スーパー・トウッチ” で 幕を開けた
3月初めからの ワカサギ を意識した攻略法も ひと段落 です。
e0033195_19444911.jpg
その ワカサギ を 意識した
ISマラブー “グランデ” バージョン や ストリーマー に 変わって、

3月末のコノ頃から、
清水一郎が 湖のフライフィッシング攻略法 として 意識して 行く のが、
湖畔の 「 山 」 や、
「コブシの花」 など が 満開となるぐらいの 気温 から
活発に動き出し、 ハッチなど も 多くなる 水生昆虫達 と、

ソレを意識した
ボートから の 『 ミッヂ・ウエット 』 攻略法 なのです。
e0033195_19482878.jpg
ユスリカ や カゲロウ など、
小型 の 種のもの から 徐々に ハッチ し始める
吹雪 ” の コノ頃 は、

魚にとっても 適水温 で、 行動範囲も グーンと広がり、
湾内が中心だった 解禁当初の低水温期 と 比べ、
いわゆる 水通しの良い 「岬周り」 や 「かけ上がり」 を 中心に、

50cm前後 の
いちばん暴れる ビカビカのコンディションの良い魚 ほど、
沖合い の 表層など を、

水温 や 天候など の 諸条件 で、
目まぐるしく ポイント や タナを変え、 エサを求めて 回遊 します。

つまり・・・
自然状況を、
正確 読めれば 読めるほど、 釣れる のデス。
e0033195_1949528.jpg
     < この魚はボートの真下へ潜り、反対側の水面で3回もジャンプを繰り返した。
       コノ時はこんな60cm前後の大型ばかりが、連続して3~4匹次々と掛かった!>


コノ状態で回遊してる魚の ・元気さ・ と言ったら、
想像するまでもナク、スゴいのナンのって!

同じサイズの魚でもファイトの仕方はまるで別物!!!
e0033195_19495952.jpg
ソノ、
年を越して 野性を取り戻した 50cmオーバーのなかでも、
特に、
コンディション の 良い 大物 に、 狙い を 絞り 攻略して いきます。
e0033195_19502539.jpg
  < 70cmオーバーのこんな大型魚までもが、コンディションの良い大型個体ほど、
    サイズ#10前後しかない小型の通称「ミッジ・ウエット」フライパターンに襲い掛かる!>


ユスリカなどの 小型の水生昆虫 のハッチ が、
 コノ 釣り の キーポイント に成りますから、
フライパターンなども、サイズ#10前後のウエットフライですが、

むろん、
巷に溢れる 「ウエット」 とは、 まるで なった、 一線 を規す、
毎回の 湖のフライタイイングスクール で、特に 重点的に レクチャーをしている、
シンプルながら、各種の 要点 を 重視したタイイングを施す、
通称 ミッジ・ウエット 」 フライパターン が 主流に成ります。
e0033195_19504563.jpg
当然、
「このフライパターンが釣れる」レベル ではなく、

湖のスクール中にレクチャーする
「諸条件に応じた使い分け」 も重要で、

まあ、
実際に 体験 しなければ、
ココで 何を 言っても ムダなのは 判っていますが、

実際の ・現場・ に 於いて は、
時には スレッドのカラー でさえも、
天地を分ける程 の “差” に 繋がる場合が有る事ダケ は、
過去 何度もの 実体験から 言っておきましょう。

常に、一年を通じて ★緊急臨時開催スクール★ として、
一番 状況の良い「釣り」 に 集中して
“旬”を 存分に 楽しむ のが、

当クレオール各種フライフィッシングスクール の
恒例 なのですが、
このところ 毎年 春には、 あまりの 状況の良さ に、
★ 緊急 ★ 臨時スクール を、
e0033195_19512162.jpg

栃木県「とある湖」 でも 毎週のように、5月の連休まで 開催しています。

毎回、 「合わせる」間も 無く、
「ひったくられて」 3X もある ティペット を ブッちぎられた人 や、

ハーリング中に ロッドごと ひったくられ、
ラインの 突き 刺さった 沖合い で、
優に50cmは有る 魚体 が 何度もジャンプ!!!
( むろん、 肝心のフライ や カラーリング、
  “ ライン・システム ” などなど を 中心に、
  さまざまな マル秘 部分の、
  スクールでの レクチャー内容 が 有ってのコト ですが・・・ )

最高に 良いコンディションの魚 を、
  相手の 全身全力を 受けて 立つ!


低水温で 動き が 鈍かったり、 高水温で 喘いでいたり せず、
対象魚が 最高の時期 に、 『 “ 旬 ” を 釣る 』 クレオール としては、
願っても無い 絶好の条件 を 迎える のです。

過去の ミッヂ・ウエット 驚異の 実績 の数々 は、
( ワタシ自身も、コンナにも、ゾロゾロ 有って ビックリ! )

コチラ ↓ をクリック!
芦ノ湖 ノザキボート 釣り大会 を 制す!

コチラ ↓ をクリック!
『ミッヂ・ウエット』絶好“釣”70cmオーバーまで。

    ---------------------------------------------------------
     ココでマダ途中ですが、コノ 『 ミッジ ウエット 』 フライパターン の
     フライタイイング スクール 開催 のお知らせデス。
     湖 の 『 ミッジ ウエット 』 フライ タイイング スクール は、
     毎年 3月 末 ~ 4月 にかけて週末 土 日 と、
     5月ゴールデンウィーク にも予定。
     お問い合わせ下さい。
    --------------------------------------------------------- 

そう言えば、
同じく 4月に 入ると、
日光 『 中禅寺湖 』 が 岸釣りのみ 解禁 を 迎え、
クレオールでも 一部のお客さん は、 中禅寺湖に 何度かは 釣行します が、

この時期 の 中禅寺湖 は、 “桜吹雪” には、 ほど遠く 、
まだまだ 湖畔に 残雪 深く、
水温は2℃前後 と 氷結する事さえ しばし有る程 です。

何年か前 から、 通年 4/20前後 だった 解禁日を、
急に 4月のアタマに 早めた理由 は 何処に 有るのか?

人間の都合 だけで 解禁日 を 早めたり しても、
自然が相手 ですから、
なかなか 思う様に、 都合良く は イッテくれません。

日光 中禅寺湖 で 4月の 解禁当初~ に 釣れる のは、
放流されたばかりのニジマス などが 中心で、

1,2年前に放流され、 事情を知らない方 には、
一見、稚魚放流 や 天然魚と 見紛うばかりのニジマス も
多少 混ざり ますが、

本来、 この 低水温期の、 野生の生息圏 である
「沖合い」 や 「深場」 に 未だに戻れずに、
浅場を 徘徊することしか 出来ない 対象相手 では、

当然、
反応も それなりの フライパターン や 釣り方 のほうが 多く あり、

肝心 の 中禅寺湖 特有 の 対象 としても、
せいぜい、 低水温に強い レイクトラウト や、
魚体側面の 黄み が 強い 、 未だ ヨタヨタとした 地付き の ブラウントラウトが、
たまたま、ポロッと 釣れる 程度 で、

「 中禅寺湖 = 清水一郎 」 とされる わたくしと しても、
スタンドプレー で 「 さあ、 中禅寺湖へ! 」 とする にも、
いささか 時期が早すぎる感 が あります。

いつも 言っている様に、
私としては、 己の技術 を 磨いて 挑む のと 違う 、

みずから 運を 天に 任せる様な 「受け身」の釣り で、
小型のソレを 何匹か 釣る事よりも、

本来の  ・目的・  であり、 一番の  ・楽しみ・  でもある
中禅寺湖 特有の ワイルドな レイク や、
ブラウン 、 本マス(サクラマス) の 50cmオーバー が 動き出し、

大好きな 『 攻め 』 の攻略法 で、
時には、 一日で そんなサイズ を 30匹以上! と、

過去に 何十回もの 実証を 続けて きた
得意 の 『 固め 撃ち 』 の 出来る 時期までは、

他のフィールド の 「 “旬” を 釣る 」 ほうが まだまだ 魅力的で、
低水温期 の 「まぐれ」の様な対象 に、
他の 重要な “旬” を 犠牲にする には、 ナカナカ 勿体無くて・・・、

そのうえ、
その 『中禅寺湖』 の為 にも、
しなくては ならない 非常に 重要で 欠かせない事 が、

中禅寺湖 で
レイクトラウト 、 ブラウントラウト 、 レインボートラウト 、 サクラマス と、
日本 に 於ける
ほとんど すべての フライフィッシング 主要 対象魚種 に於いて、
数々の JGFA公認 日本記録 の タイトル を、
次々と 更新してきた 清水一郎 としても、
この時期、 かえって、 他のフィールドのほう に 有る?!のです。

私が 中禅寺湖にやっと 興味が出始める のは、
早くとも、
やはり、
湖畔の “” が 咲きだす
ゴールデン・ウイークあたり から、
例年ですと、
5月の10日過ぎの 朝の水温 が 6℃に やっと乗った 頃。

面白い事に、
1980年代あたりの古き時代にはソウであった様に、
本来の 自然の都合 に 合わせた ・解禁日・ごろ から になります。

さて、
その頃の 中禅寺湖 で 抜群の効力 を 発揮する のが、
3月末アタリから の 『芦ノ湖』 や、 お馴染みの、 栃木県は 『 とある湖 』 で、
そろそろ 始まり を見せ、

4/10前後から、
湖畔 の 山 が 咲きだすと いよいよ本格的に!

例年、 ~ そしてゴールデンウイーク辺り まで 続き、
ちょうど 自然のいたずら の様に、 5月の連休 を 境に、
それから、 やっと 同じ釣り方 でのシーズンが始まる中禅寺湖と、
入れ替わる ように 終えんを迎える、
ボートから の 『 ミッヂ・ウエット 』 の 攻略法。

つまり、
直前まで 中禅寺湖での 本番の釣り を、

早々と 3月末ぐらいから の、
芦ノ湖 や 「とある湖」 で、
事前に、 手軽に、 楽しく、 実体験出来ちゃうのですから、

初心者 に とっては モチロンの事、
私としても、まだ 極寒の 中禅寺湖に 足しげく通うより も、

「露払い」は 他の方々 に お任せ して、
かえって 効率的 に、
しかも、 『 その 効果 は 絶大! 』 な方法 で、 十二分に楽しみ ながら、

事前に 全て を 万全に整えて、
「 いざ、 本番! 中禅寺湖 へ 」 というのが、
他に 類を観ない 実績を 誇る
 毎年 の ゆるぎない 必・勝・法 なのです。

たとえ、
ふだん 釣りに行く時間が なかなか取れない ような、
ごくごく 一般の方々 でも、

適切で 効果的な フィールド の 「選び方」 や、 その 「やり方」次第 で、

一日で 中禅寺湖での 何年分にもあたる 実体験 を 持ってすれば、
エキスパート(?) なんて 呼ばれている方々 の
何十年にも及ぶ 経験 さえも、 吹っ飛んで しまいます。

中禅寺湖に、 何回も、 何年も、 足しげく通う より も、
そうする事 により、
よっぽど しっかり と、 中禅寺湖で 「釣れる」 のです。

そう、
ロッド、 リール、 ラインシステム等の タックル類のセッティング や
バランス を 隅々まで 調節して、

言わば、 中禅寺湖 に 向けて の 最終点検を、
一日に 時には -3ケタ- 近く も アタックがあるような
効果絶大な 釣法 で、

一日 に 百回以上、
 “そのもの” の練習 が、 短時間でも しっかりと出来れば、

一生 に そう何度も 無いであろう、
千期一隅 の 80cmを超える 超大物のチャンス にも、
ぶっつけ本番 で、
あせって「合わせ切れ」なんて大失態 は、
しっかりと、未然に 防げます。

言うなれば、
フライ、リトリーブ、からストライクの種類に対して、
言わば 「 触らば 切れる 」 状態 まで、(とは言っても、ティペットは「切らない」ように!)
感度 を 高めて、
瞬時に 対峙出来うる状態 を もってして 挑めれば、

一生 に 一度 の “大物”相手 であろうとも、
まさに 万全、 盤石の構え で、
迎え撃つ事 が 出来る のです。

事実、
この 『ザ・“ダイレクト”・シンキングライン・タクティクス』 DST の、
各種「湖のフライフィッシング・スクール」受講者が、
初めて の 中禅寺湖 で、
見事に ・大物・ を 釣り上げた事 は 数知れず。
e0033195_2254776.jpg
  < 総てを万全に・準備・して挑んだ連休明け、中禅寺湖シーズン初回の大型レイクトラウト。>

「 湖 の フライフィッシング」 攻略法 に 於いて、
他に類を観ない 圧倒的な 実績を 誇ります。
e0033195_229098.jpg
  < 中禅寺湖でも、大物が5~10匹以上連続して掛かったのは、一度や二度じゃあナイ。
    この時も50cm前後のブラウントラウト、レインボー、ホンマス、レイクが次々に釣れた。>


毎シーズン 繰り返される
  日光 中禅寺湖 での、 驚異の 実績 の数々 は、
  動画 にても ご覧に成れます。

コチラ ↓ をクリック!
中禅寺湖 『 クレオール “改” 』 ウエットフライ・パターン での 60cmオーバー入れ食い 動画

日光 中禅寺湖スクール 参加者 の 生の声感想メール は、
コチラ ↓ をクリック!
中禅寺湖 スクール 参加者 の感想メール

さて、
なぜ?水生昆虫の釣り を ニンフ でなく、 ウエットフライ で やるのか?
その理由 も キチンとした物 が 有るのですが、 ( 詳しくは お店 か 現地で)

ココ では ソレこそ が、 重要なキー に なること だけは、
シッカリと お伝え して おきまして、

“スーパー・トウッチ” に 変わって、“ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ” と呼ばれる
冬の間 「小山エリア」 や 「なら山」 で 堪能した
“間” を意識した 特徴ある リトリーブ と 併せ、

水温 や 光量 などで フライパターン も 同様に、
移り変わって行く事だけは 要注意! として おきましょう。

フックサイズにして #10番ぐらい の
ユスリカや カゲロウなどのハッチ は、
4月に入ってスグの 栃木県 「とある湖」、 「芦ノ湖」、
5月から の「中禅寺湖」、
そして 6月 の「阿寒湖」ナド北海道の各湖へと続く、
日本全国 は おろか、世界中で 通用する 『湖の定番』攻略法 です。

モチロン、
岸からのウェーディング でも、 驚異的に “効き” ますが、
その 特性上 と 機動力で、
ボートから のアプローチの方が、 断然、 快適に 楽しめ ます。

この 中禅寺湖 の フライフィッシング攻略法 として 、
驚異的な 実績を誇る DST 『 ミッヂ・ウエット 』 攻略法 は、
ソノ 恐ろしいほどの効果 の あまり、
と或る「呪い」 と 呼ばれる 「呪縛」の副作用 を も、
生み出すほどの 効力です。

フライフィッシャー誌 の 一番 最後のページ で 連載されている
柴野邦彦さん の
イラスト付き の エッセイ 「川からの手紙」中に
よく登場する 「ヤマちゃん」でさえも 罹ってしまった
その 「ムシムシ(?)の呪い」の話 は、
本人の 名誉も有りますので、 お店 にて・・・

----------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------
“ミッジ・ウエット”  栃木県 「とある湖」 ボート ・フライフィッシング・スクール
 ※ 入門者&初心者から、50~60センチオーバー!湖の大物 を手軽に楽しめる 湖フライスクール 
 ■ 毎年 4月 はじめぐらい から、ゴールデンウィーク にかけて の 各日。  
 ★ 毎年 秋 11月 ~にも有り!
  1DAY ¥16,000 ( 参加者 6名以上 の 場合 )
  (希望者にはバンブーロッド・フライフィッシング・スクール開催)
----------------------------------------------------------------------

“ミッジ・ウエット” 芦ノ湖 ボート ・フライフィッシング・スクール
 ※ 毎年恒例、入門者&初心者にも 最適な、4月 芦ノ湖でのフライフィッシングスクール 
 ■ 毎年 4月 2週目ぐらい の 週なか~週末 にかけて。  
 ★ 毎年 4月中旬 ~には 大会 も有り!
  1DAY ¥17,000 ( 参加者 6名以上 の 場合 )
  1泊2日 ¥35,000 (宿泊費含む) 2泊3日以上も有!
  ※日曜日の1DAYはナシ。
  (希望者にはバンブーロッド・フライフィッシング・スクール開催)
  宿泊の場合は、土曜日 プラス¥1,500増、 各日 1人部屋 プラス¥1,500増 です。
----------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------

動画ブログ 「クレオール・THE・ムービー」 新規開設中!!!
↓コチラをクリック!
●フライフィッシング・動画ブログ・「クレオール・THE・ムービー」 http://creole1.exblog.jp/
[PR]

# by creole-2 | 2008-03-01 20:15 | 春 3・4月 の 湖 スクール | Trackback | Comments(0)
2008年 02月 19日

№ 007. 3月解禁 渓流フライフィッシング『マジェスティック』ドライメソッド・スクール

----------------------※<当ブログ・ページの見方>----------------------
 この 「クレオールフライフィッシング・ブログPART−2」 は、
 これから次々と 各種フライフィッシングスクール や、
 オリジナル・フライロッド や カスタム・グッズ などを始めとした
 取り扱い商品 の 総合カタログ的なラインナップ をするべく、
 ただいま思案&作製中!  今後も、このブログ・アドレスにもご期待下さい。)
 
※ ページ右側の 「カテゴリ」 から、
  興味のある分野をクリックし、スクロールして御覧下さい。
  (他、「カテゴリ」 から 「全体」 を クリック して、
   各ページ最下段右の <次のページ> をクリックしてゆくと、
   最新情報から過去へ全てのブログが順に表示されます。 もっとスゴイ内容も・・・)
---------------------------------------------------------------------------
新しいブログ記事 は、 クレオール・フライフィッシング・ブログPART-1 を!
コチラ ↓ をクリック!
●クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1  http://creole.exblog.jp/i0
日々の新しい情報は、 ブログPART-1 を、更新して いきます。

 まずは、『クレオール』については、
 コチラをクリック!→ クレオールについて「宗教との違い」http://creole.exblog.jp/i30
---------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------
毎年、弥生3月を迎えると、
日本国内フライフィッシングシーズンの
本格的スタートを迎え、
岐阜県「たかはら 蒲田川」、 神奈川県「芦ノ湖」、
そして、ご存知 栃木県 は 「とある湖」 などなど、
続々と解禁スタート!

毎年恒例の 渓流 と 湖 の
フライフィッシング 3月 解禁 スクール、
たかはら 蒲田川 “ マジェスティック ” ドライ・スクール 」 と、
芦ノ湖 “ スーパー・トウィッチ ” ボート・スクール 」 と、
3月に入ってスグ、
それぞれの しみ を 追いかけます。
----------------------------------------------------------------------
e0033195_17502258.jpg
まずは、
解禁シーズン皮切りに、
毎年恒例、3月初~中旬の2回にかけて、

長野道「松本インター」から飛騨高山に抜ける
「安房トンネル」の開通で、
関東からも十分 日帰り 可能な 圏内 になった
長野県「上高地」の山 を 隔てて 反対側、
岐阜県の 「 たかはら 蒲田川 」 に。

雪景色のなか なのに、
解禁当初から 真夏の水温!

吹雪の中でも、
 尺前後 の 大型イワナ、 ヤマメ が、

フックサイズ#12前後 もアル、
 大型ドライフライ にバンバン出る!!!

早春の渓流フライフィッシング
ジェスティック ” ドライ & ウェット メソッド 』 スクール

2008年 は 3/6(木) ~ 3/9(日) と、
3/20(木)祝 ~ 3/23(日) の 期間に 開催予定。

渓流の  『 ジェスティック ” ドライ 』  は、
「フライを 狙った ピンスポットに入れ、
 思ったよう ( ドラック・フリー 以上 ) に 自在に流す。」 だけ の、
まさに 『 基本 にして 極意 』 たる
究極め ” の ドライ・フライ・テクニック 』 です。
e0033195_21473798.jpg
大型フライでも「ガバッ」と思うように釣れる!
この ジェスティック ” テクニック は、

早春の渓流にもかかわらず、

よく見える #12前後フライ を使用し、

メインディング を 一切せず に、

リーダー+ティペットで 全長あわせて5~7ft足らず
ショートリーダー・システム を使います。

e0033195_21544521.jpg
この、一瞬聞く耳を疑う内容は、
5ヤード以内のショートキャストでも、特に 効果絶大 !

もう、
長くてトラブルだらけのリーダーにイライラしたり、

見えないフライ に
目を細めて 神経をすり減らす必要はありません!

他の釣人の車がイナイか ハラハラしたり、
先行者に 眉をひそめる 必要も無い のです!
e0033195_2155712.jpg
近年、都市近郊の人の多い釣り場でなくとも、
「#20番前後の小さめのフライを、8X、9Xといった細く長いリーダーで」
というのがもはや常識で、

早春の釣りというと
特にその傾向が強くなるとお思いでしょうが、

ジェスティック ” は ソレを 覆す テクニック です。

初心者から~ キャリア20年以上 の 大ベテランまで!
あなたの フライフィッシング がガラリと変わる。

渓流フライフィッシング基本から シッカリ学べる
清水一郎 の
マジェスティック メソッド』 渓流フライフィッシングスクール。

巷 に 溢れる テクニック?? とやら とは、
全く 違った 発想 で、
見事に、まったく 違った 結果 を 出せる。

[ 真の ] への 探求 は、
まさに、
ソクラテス の言う 『 無知 の  を 尊び、
まず 自身の 知らない事 を知る ことから 始まります。

たかはら蒲田川スクール 参加者 の 「生の声」感想メール は、
コチラ ↓ をクリック!
・ たかはら蒲田川スクール 参加者 の感想メール

コチラ ↓ をクリック!
・ 3月解禁 たかはら蒲田川スクール の感想メール


過去の 「 たかはら 蒲田川 “ マジェスティック ” ドライ・スクール 」
驚異の ・実績・ の数々は、動画 にて も。
( ワタシ自身も、コンナにも、ゾロゾロ 有って ビックリ! )

コチラ ↓ をクリック!
動画 3月解禁「たかはら蒲田川」先行者の直後、大型ドライ で 大物 続出!

コチラ ↓ をクリック!
動画 3月解禁「たかはら蒲田川」先行者の直後、「フライの流し方」で釣る! 実録。

----------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------

 - なぜこの時期の雪深い山奥へ - 

さて、夏ならともかく、
なぜ、
解禁当初のこの時期に、

桜咲く 暖かい「伊豆」など でなく、
わざわざ 雪深い 信州 の
「上高地」周辺ナドへ行くのでしょう?
e0033195_17474530.jpg
実は、
2000年程までは、
私も解禁当初の3月中の釣行といえば
「伊豆河津川」や「狩野川水系」が多く、
長野方面には、
早くとも「雪代が終わった5月の連休を過ぎてから」と決まっていました。

わたくし清水一郎は
「せっかく解禁したんだから、多少条件が悪くても・・・、」ナンテ
『我慢するような釣り』をする気は毛頭ありません。

「大好きな釣りで我慢するぐらいだったら、
行かないほうがマシ」ぐらいに思っています。

その時期でなければ楽しめない、フィールド、釣法はもとより、
魚のコンディションなどなど、

特に特徴のある
その時期ならでは の 『を釣る』 のが モットーであり、

独自に思い考えた、 常に 攻めの釣法 で、
そして、何より たのしく
大物 が 沢山釣れる 釣り が 大好き です。


そこで、解禁当初の時期とはいえ、
ユスリカなどの極小ミッジパターンではなく、

なるべく大きめのドライで釣れるように、
もう、コカゲロウなどが出ているであろう
少しでも暖かい所でというのが、私の希望でしたから、

当時の 常識から すると、
早くから 桜の花 咲く 伊豆方面は 当然の選択 でした。

ところがっ!この常識を覆す、
もっと好条件なフィールドと、
そして、
ソレを可能にする釣法 『マジェスティックテクニック』 が あったのです。

- 「たかはら蒲田川」は水温18℃!吹雪の日でも凄いライズが -

曇ったり、特に 雪が降ったら、
車中からウキウキして、
長野道「松本IC」から「上高地」を経て、
安房トンネルを抜けてスグの、
岐阜県「たかはら蒲田川」へ コーフン状態 で向かうのです。
e0033195_17482735.jpg
「たかはら蒲田川」は、
晴れた日よりも曇りや雪、 特に吹雪の日にはスゴイ!
それも、 “とりわけスゴイ!!!” からです。
e0033195_17565913.jpg
蒲田川付近は
よく旅番組でも紹介される
有名な奥飛騨温泉郷などがありますが、

ご存知のように、
この渓は「温泉の流入」でなく
「地熱で温められて」水温が高いのです。

その証拠に、
きれいに 除雪された道路 から、
一歩足を踏み込むと 股までの 積雪量がある時 でも、
川辺には 雪が ほとんどありません。

地熱で 渓の水 が 温められ、
この時期でも 例年 水温は 14℃前後 も あり、
周り は 雪でも 「 水の中 は 真夏 」 なのです。

上流に 行けば 行くほど
水量も少なくなり、
渓の水も温まり易く、所によっては水温が18℃もあるホドです。

そして、
天気が良く、晴れて暖かい日には、
付近の雪解け水が流入し、
逆に水温が下がってしまうのです。

天気が良く、晴れて暖かい日よりも、
天気が悪く、雪が解けない日の方が、水温が下がらず好条件。

それに、
コカゲロウのハッチは「空が暗くなる」と多くなる傾向があり、
特に、
雪や雨が降っているときのハッチは凄まじく、
プールの流れ出しは、一面カゲロウでびっちりです。

その水温からすれば当然ですが、
もうこの時期でも、
ヒゲナガやマダラカゲロウ等の
大型の水生昆虫がハッチするので、
夕方には#8前後の大型フライにも反応するほどです。

 - 大雪の中でも「ぽかぽか」の快適な釣り - 

以前は天気予報が悪かったりすると、
まったく人がいなくなって貸しきり状態でしたが、
徐々に 『 吹雪が 良い 』 のが 知られる様に なって、
このところは結構 悪天候でも 人が居ます。

特に、岩井渓一郎さんが何年か前に、
高原川のビデオ で 「吹雪は釣れる」と言って、
そのシーンが映ってからは、

猛吹雪の中、体中に雪を降り積もらせながら
ジッと 『ライズ待ち』 とやら を していて、
凍死する んじゃないか? 」と 思うような人 を よく見かけます。

言い忘れましたが、
水の中 の事 を考えると 当然の事 ながら、
夏の渓流 の 釣り と 同じく、
他の 早期の渓 と 違って 『待つ』 よりも、
『足で探した方』が ダンゼン良い のです。

モチロン、ソレを可能にするのには、
それなりの 知識 を 持って、
準備を 万全に しなければなりません が、

驚く ほど 軽く、かさばらない新素材 の
軽快に動ける レイヤリングの工夫 と、

ゴアテックス・ウェイダーに
チョッとした工夫 を するだけ の、
ウェーディング・システムとの 組み合わせ で、
「 釣り歩いても 暑くならず、
 吹雪の中でも ぽかぽか の 」 最新装備 で、
快適に、しく 釣れる のです。
e0033195_1844428.jpg


今でも、
安房トンネルが 開通した年 の事 を 忘れられません。

大粒の雨がしっかりと降りしきる中、
スクール参加者共々「この雨じゃ釣りも無理だし・・・」と
明日の為に、
ポイントのリサーチをかねて、チョッと川でも見ておこうと、
車中から 道路わき の プールを 覘くと・・・、

初めは 一瞬 「それにしても、ずいぶん雨滴がデカいなぁ~」と、
ネタ じゃなくて 本当に そう思っていました。

モチロン、すぐに
 「 え~っつ! これ 全部 ライズじゃない か! 」 と
 私を含め 全員 ビックリ仰天!

ウソの様な ホントの話、 まさしく 「 雨 のような ライズ 」 で
その プールだけ でも
パッと 見て 50コ前後 の ライズ が 起こっていた のです!

皆、大慌てで支度を整え、
ロッドを片手に 雨具を ひっ被り、
渓へ降りていったのは言うまでもありません。

その日は、
日没過ぎの真っ暗になるまで、
あちこちで その「雨のようなライズ」 が 続きました。

それまで、早春の解禁当初は
天気が悪い と 釣りにならないので、

晴れて暖かい日の、
しかも、日中10時~2時だけしか釣りをせず、

「雨具は持ち歩かず、釣りも遅くて3時まで」と
決めていたのに、
その 常識 は、
この日 を 境に 覆されて しまいました。

この スクール では、
これまで 数多く の ビギナーの方
『 人生 ヤマメ 』 や 『 人生 イワナ 』 を 手にしています。

ある女性は キャッチ の うれしさのあまり、
大きく立ち上がっての 「バンザイ三唱」 で、
(モチロン、私も ・お付き合い・ させて 頂きました。 )

目の前 数メートル足らず の 他のライズ が、
みんな 消えてしまった事 や、

今では余裕しゃくしゃくで、
日本のみならず、
果てはニュージーランドや、
あの有名なサンワンでも大爆釣(表現に品がナクてスミマセン)

「マッチザハッチ」の雑誌 連載 まで していた 
某 有名エキスパート() 「 K さん 」 や 「 W さん 」 とやら だったか・・・ が、
大苦戦してる のを 尻目に、

目の前 で バンバン 、 この “ マジェスティック ” の、
しかも、
まるっきり の 初歩の 初歩レベル なのに 釣りまくり、

「 むこう は “なんでだ?!” を 連発してました よ! 」 と、
誇らしげに 語り、

少々 にくたらしく も なって しまった
コノ 渓流スクール受講生 の ○○さん が、

ホンの 数年前の ココ たかはら蒲田川 で、
初々しく も 手を震わせ て
『 人生 ヤマメ 』 を リリースしていた ナドナド、
数々の光景が 思い浮かんで きます。

中央道が通行止めになってしまった「大雪の日の大釣り」
ほんの20m先の釣り人が見えなくなる吹雪の中、
流程2~3キロの間のあらゆるプールや、
チョッとしたひらきにも 尺前後 の魚が、
何十匹も「ガバガバ」ライズしている
信じられない様な状況にめぐり会ったのは、
この日ばかりではありません!

この2,3年の間だけでも、
プールというプールに
尺前後の魚のライズが20~30はあり、

スクール参加者に
尺前後の魚 が 20匹以上 も! ナンテ日も
一度や二度ではありません。

「安房トンネル」が開通してからは、
このところ、
 春の伊豆 に 足が向くことが 無くなってしまいました。

コンナ感じで、
モチロン肝心のフライパターンを含めて、
チョッとした準備さえして行けば、
一見寒そうに思える雪深い信州方面でも、
「春」どころか「真夏」の釣りを楽しめるのです。

あとは、「“吹雪”を願うばかり?!」。

あなたもこの 「たかはら吹雪伝説」 を
どうぞご自分の目で確かめて下さい。

モチロン、
渓は車から降りてスグの楽々アプローチ可能な場所ですし、
滞在する宿も
源泉100%掛け流しの温泉で24時間入浴可能。

釣り 以外 の しみ・
忘れてはイマセン!
a0020109_1933847.jpg
                     <100%の源泉かけ流し。「インチキ」は好きじゃあナイ。>
a0020109_1931098.jpg
a0020109_193236.jpg
        
a0020109_194422.jpg

e0033195_2236210.jpg
              <皆がとっても気になっちゃう「足湯喫茶」ってのも近くにアリです。>

 何事も快適がイチバン!でしょう?!


巷に溢れる 偶発的「 数々の実績 」 とやら に、
また、
ただ長いコト 変わりばえしない事 を、
だらだらヤッてる のにも、 モウ 飽き 飽き している なら、

ココらで、
フライフィッシング 本来 の 本質の部分 に、
少しでも気が付くと、

ナカナカどうして、オモシロイ事も あるかもしれません・・・

クレオール各種フライフィッシング・スクール を、 体験した うえ で の、
  衝撃 の 「 生 の声 」 などは、 コチラ 
「 スクール参加者 の 感想  を クリック!
   新着順に、過去にも さかのぼって 次々と 御覧 戴けます。
   ( 主に、 各ブログ記事 ワク内、
     いちばん 右下の 「 Comments 」 をクリックし、ご参照。)

早春の渓流“マジェスティック”ウェット&ドライ
  フライフィッシング・スクール
 ※毎年恒例、3月渓流解禁時のフライフィッシングスクール ( 入門者 & 初心者 大歓迎!)
 ■長野県木曽川/岐阜県たかはら蒲田川 
 ■第1弾 毎年 3月 第1~2週目
 ■第2弾 毎年 3月 第3~4週目 ( 他 にも 追加開催予定あり )
  1DAY ¥17,000 ( 参加者 6名以上 の 場合 )
  1泊2日¥34,000 2泊3日¥56,000 3~4泊以上も有!
  ※ 希望者には バンブーロッド 使用 
  宿泊の場合は、土曜日プラス¥1,500増、各日1人部屋プラス¥1,500増です。

----------------------------------------------------------------------
動画でテクニック等を知りたい方には、
まず、私がどんなレベルだか?コチラ→ 『テクニックの真髄』 をクリック!
特に英語の判る方には、コチラ→ アラスカ大ベテランガイドのつぶやき 現地の生の声を、
コメント欄と共に要チェック!『アラスカの釣り』や、『キング・サーモン』などの各種サーモン、
あるいは『スティールヘッド』のフライフィッシングに興味の有る方も必見!
----------------------------------------------------------------------
動画ブログ 「クレオール・THE・ムービー」 新規開設中!!!
↓コチラをクリック!
●フライフィッシング・動画ブログ・「クレオール・THE・ムービー」 http://creole1.exblog.jp/

携帯で、各動画を御覧になるには、
 http://dgmb.jp/search.jspx  のURLにアクセスして、
カタカナで、 「クレオール」 と検索してクダサイ。
[PR]

# by creole-2 | 2008-02-19 21:33 | 春 3・4月 の 渓流 スクール | Trackback | Comments(0)
2008年 02月 19日

№ 008. 芦ノ湖のフライフィッシングスクール 3月“スーパー・トウィッチ”

----------------------※<当ブログ・ページの見方>----------------------
 この 「クレオールフライフィッシング・ブログPART−2」 は、
 これから次々と 各種フライフィッシングスクール や、
 オリジナル・フライロッド や カスタム・グッズ などを始めとした
 取り扱い商品 の 総合カタログ的なラインナップ をするべく、
 ただいま思案&作製中!  今後も、このブログ・アドレスにもご期待下さい。)
 
※ ページ右側の 「カテゴリ」 から、
  興味のある分野をクリックし、スクロールして御覧下さい。
  (他、「カテゴリ」 から 「全体」 を クリック して、
   各ページ最下段右の <次のページ> をクリックしてゆくと、
   最新情報から過去へ全てのブログが順に表示されます。 もっとスゴイ内容も・・・)
---------------------------------------------------------------------------
新しいブログ記事 は、 クレオール・フライフィッシング・ブログPART-1 を!
コチラ ↓ をクリック!
●クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1  http://creole.exblog.jp/i0
日々の新しい情報は、 ブログPART-1 を、更新 していきます。

 まずは、『クレオール』については、
 コチラをクリック!→ クレオールについて「宗教との違い」http://creole.exblog.jp/i30
---------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------
 湖のフライフィッシング に於ける “基本” にして“極意” を!
e0033195_20574822.jpg
芦ノ湖のフライフィッシングスクール 3月“スーパー・トウィッチ”

3月からは、 その時期 で なければ 楽しめない、
フィールド 、 釣法 は もとより、
魚のコンディション など など 、

特に 特徴のある 日本国内 の 
その時期ならでは の
 『 “ 旬 ” を 釣る 』 湖 、 渓流 フィッシング スクール が 始まります。
e0033195_2141921.jpg
毎年、
箱根「芦ノ湖」では、
自然に戻りつつある “ ピカピカ の 大型魚 ” に 狙い を 絞り、

通称 『 スーパー・トウィッチ 』 と 呼ばれる 、
常に “ 攻め ” の 独自のテクニック を 使い、

ボートからのアプローチ で 攻略する
『 スーパー・トウィッチ 』 芦ノ湖 ボート スクール を 開催。
e0033195_2055103.jpg
水温 5℃前後 の 冷たい水 に、
腰まで浸かって ウエーディングすること 無く、

“ 暖かな ” ボート から の、
“ 体にも やさしい ” ラクラク の アプローチ で、

集合場所 の 元箱根「ノザキボート」 から、
テレビの中継画面 でも お馴染み の、
水中から出る まっ赤な「箱根神社の鳥居」前後まで の 遠くても 数百m 以内 、

元箱根 湾内だけ の 近場で 十二分に 楽しめ、
「 ボートが 初めて の方 」 でも 安心です。
e0033195_2144498.jpg
放流量 が 多いこと で 有名な 芦ノ湖 ですが、
この メソッド で 狙う、
年 を 越し 、 野性味を 取り戻した 大型魚の アタック は、
放流されたばかりの魚 とは
比べ物に ならないほど キョーレツ で、
毎回、
3Xティペット を ぶっちぎられる方 は、 一人や 二人では ありません!

参加者によって
毎年 の 50cmオーバー は もちろんの事、
70cm前後 の 超大物も キャッチされたの 驚異の ・実績・ は、
にわかに 信じ難くなるほど の “ 事実 ” です。

毎年 2月に 開催される 芦ノ湖の特別解禁時 にも、
冬 の ザ・“ダイレクト”シンキングライン・タクティクス・スクール や、
例年 の
コノ 『 “ スーパー・トウィッチ ” 芦ノ湖 ボート スクール 』 の 受講者から、

60cm前後 の 良型キャッチの話 や、
「 20 ~ 30匹まで は 数えたけれど・・・ 」ナド と 言った
「入れ食い」だった話 が 入って来る のは 毎年のコト。
e0033195_2163591.jpg
今まで と “違った” 芦ノ湖 を、
巷で語られている 「 解禁当初 の セオリー 」 を 覆す アプローチの数々 を、
驚異の成果 と 共に ご堪能下さい。
e0033195_2165679.jpg


用意するタックルは、#8番ロッド が 理想ですが、
#7番や、最低#6番ライン・ロッド でも、 何とか成ります。
( 逆に、湖が 初めて の方 や 女性には、 #6番ラインの方 が お勧め です。)

かえって、
セージ、ルーミス、スコット等の外国メーカーの 「硬めのロッド」でしたら、
通常の渓流 や 管理釣り場で使っている #4番~#6番ライン・ロッド あたりでも 十分です。
e0033195_21245264.jpg
シンキングラインも1本で十分ですが、 番手によって チョッとした“くふう” が あるので、
タックル&ラインシステム等 は それぞれ ご相談下さい。
e0033195_21224183.jpg
フライの お勧め は、
むろん 伝家の宝刀 『 I・Sマラブー 』 の “ グランデ・バージョン ”
基本 は 3色 です。

※(現地売りフライも有りますし、現地スクール前に、クレオール店内にて2月から
              “芦ノ湖パターン・タイイング・レッスン”も多数開催されます。)

もちろん、
クレオールのスクールでは “お約束” の 「 釣り 以外 の 楽しみ 」 も
忘れてはいません。

昼には ボートから降りて すぐの場所 で、
「鍋焼きうどん」をはじめとする “あつあつ”のランチ を ご用意してますし、
帰り の 「立ち寄り温泉」のリサーチ は 万全、
宿泊は、
ボート乗り場から 100mも 離れていない
「ゆったりくつろげる温泉宿」 です。

この メソッド は、
芦ノ湖のみならず、 阿寒湖 、 中禅寺湖 は もとより、
日本全国の湖 で
春先の解禁 から 産卵を終えたワカサギ が ふらふら 浮き出す
水温8℃ を 超えるようになる頃 まで、
(芦ノ湖では3月末まで)ひじょうに 有効 です。

そのあと には 例 の・・・
4月からの メソッド は、 また、 お楽しみ に!


コウして 観る と 自分で 見ても
ずいぶん多い 数々の 事実動画 にても ドウゾ。

コチラ ↓ をクリック!
動画 ● 芦ノ湖 3月解禁 「スーパー・トウィッチ」スクール①


“スーパー・トウィッチ” 芦ノ湖ボート ・フライフィッシング・スクール
 ※毎年恒例、3月芦ノ湖解禁時のフライフィッシングスクール (入門者&初心者も大歓迎!)
 ■ 2008年 3/15(土)、16(日) もしかしたら?3/13(木)も。
 ■ 2008年 4/11(金)〜4/13(日) ※ウエットフライ使用 
 4/12(土)には 大会も有り!
  1DAY¥17,000 ( 参加者6名以上の場合 )
  1泊2日¥35,000 ( 宿泊含む ) 2泊3日以上も有!
  ※日曜日の1DAYはナシ。
  (希望者にはバンブーロッド・フライフィッシング・スクール開催)
  宿泊の場合は、土曜日プラス¥1,500増、各日1人部屋プラス¥1,500増です。

         ---------------------------------------------------------

美学 を ふまえたうえ での、
 徹底的なる  現場 での 実学
 。

    実際現場 から の 事実 の 数々 は、
    コチラ 
    「 スクール参加者 の 感想 」 を クリックして、
    新着順に、過去にも さかのぼって 次々と 御覧 戴けます。
    ( 主に、 各ブログ記事 ワク内、
      いちばん 右下の 「 Comments 」 をクリックし、ご参照。)]
ココに 記されている 数々 が、
よく アル 、 スクール どころか、
クレオール に 来た事すら も 無い 方々の
噂ばなし のたぐい では 無い、
クレオール 各種 フライフィッシング・スクール の 実際の 評判。

それぞれ
実際 スクール経験者 自身 が 語る
事実 のみ です。
[PR]

# by creole-2 | 2008-02-19 20:55 | 春 3・4月 の 湖 スクール | Trackback | Comments(0)
2008年 02月 19日

№ 10. 『2008年フライフィッシング・スクール・スケジュール(予定)』

とりあえず本年予定しているのは、以上ですが、
 例によって、特に曜日には、追加開催多数ありますので、
 詳しくは、03-3865-7567 (16時~ 水、木休業)までお問い合わせください。

------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------
2008年度 クレオール・フライフィッシング・スクール      2008年2月18日(月)発表版

------<★エグゼクティブ・スクール>-----------------------------------
e0033195_20341244.jpg
渓流、湖、海を問わず、その時期“旬”の、特別・厳選ポイントにて、
3名位以下の少人数限定で開催されます。
■開催予定。毎月要問い合わせ。
  1DAY ¥30,000から~(ランチ付)
  1泊2日¥60,000から~(1泊4食付)
e0033195_20351785.jpg
2004年8月と9月、例の長野「あの渓」に於いての
 エグゼクティブ・渓流スクールの模様は、
●クレオール・フライフィッシング・ブログ PART-1  http://creole.exblog.jp/i0 をクリック!
ブログ記事№98№107を御覧下さい。

-------<★渓流のフライフィッシング・スクール>--------------------------
    (それぞれの費用に入漁料は含まれません)
1.早春の渓流“マジェスティック”ウェット&ドライ・フライフィッシング・スクール
e0033195_20363776.jpg
 ■長野県木曽川/岐阜県たかはら蒲田川 
 ■第1弾 3/5(水)〜3/9(日)
 ■第2弾 3/20(木)祝〜3/23(日) (他にも追加開催予定あり)
  1DAY ¥15,000(ランチ付)
  1泊2日¥34,000(1泊4食付) 2泊3日¥56,000(2泊6食付)
  (希望者にはバンブーロッド使用)※日曜日の1DAYはナシ。 
  宿泊の場合は、土曜日プラス¥1,500増、各日1人部屋プラス¥1,500増です。

2.春の渓流“マジェスティック”ウェット&ドライ・フライフィッシング・スクール
e0033195_20372414.jpg
   ■東京都養沢川 
 ■4/6(日)、5/4(日)
 ■他にも「渓流フライフィッシング基本スクール」として、
  5月連休前後梅雨明け前、秋10月などにも追加開催予定あり。
  1DAY¥13,000(ランチ付)

3.渓流“マジェスティック”ウェット&ドライ・フライフィッシング・スクール
e0033195_20394820.jpg
 ■4月上~中旬の平日、水、木曜日 忍野桂川
 ■4月中旬~ の平日、水、木曜日 栃木県箒川及び鬼怒川水系  
  1DAY¥16,000(ランチ付)
  (希望者にはバンブーロッド使用)※他にも追加予定あり

4.初夏の渓流“マジェスティック”ウェット&ドライ・フライフィッシング・スクール NEW!
e0033195_2041501.jpg
 ■ 栃木県鬼怒川水系/川治温泉付近の渓にて
 ■ 6月から7月中旬梅雨明けまでの期間(まだ正確な日程は未定です。)
  1DAY ¥15,000(ランチ付)

5.夏の渓流“マジェスティック”ウェット&ドライ・フライフィッシング・スクール ■長野県奈川水系
e0033195_20435167.jpg
 ■ 7月も確実に開催はしますが、まだ日程未定です。
 ■ 8/7(木)〜8/10(日) 、 8/21(木)〜8/23(日) 
   1DAY ¥16,000(ランチ付)
   1泊2日¥34,000(1泊3食付) 2泊3日¥56,000(2泊5食付)
  ※各日曜日の1DAYはナシ。  
    宿泊の場合は、土曜日プラス¥1,500増、各日1人部屋プラス¥1,500増です。

6.秋の渓流“マジェスティック”ウェット&ドライ・フライフィッシング・スクール
e0033195_20452632.jpg
 ■長野県奈川水系
 ■9/4(木)〜9/7(日)、9/18(木)〜9/21(日)、
   ★’08シーズン・ファイナル 9/25(木)〜9/28(日)、
   1DAY ¥16,000(ランチ付)
   1泊2日 ¥34,000(宿泊費含む/朝夕食2ランチ)
   ※各日曜日の1DAYはナシ。
     宿泊の場合は、土曜日プラス¥1,500増、各日1人部屋プラス¥1,500増です。

7.渓流用実戦フライパターン・タイイング・スクール ●上記1〜6の各スクールに連動したフライタイイング・スクール。
e0033195_20464615.jpg
 ■クレオール店内にて
 ●春の渓流用 2/24(日)、3/2(日)、  PM3:30〜  ¥7,000
 ●夏の渓流用 7、8月の土、日曜日(まだ日程未定です。) PM3:30〜  ¥7,000
 ●秋の渓流用 8月中旬~9月の土、日曜日(まだ日程未定です。)  PM3:30〜  ¥7,000

 ★ワンポイント「ノット」レッスン常時開催★ NEW!
  シンプルでカンタン&強度バツグンな「結び方」 1ノット¥3,000~
e0033195_2048212.jpg
 ※上記日程以外でも、ご都合の日時に合わせた、「ノット」レッスンや、
  各種・実戦フライパターンの『特別・タイイング・レッスン』有。
  +2,000円~から、日時等ご相談下さい。
  
------<★湖のフライフィッシング・スクール>--------------------------------
    (それぞれの費用に入漁料は含まれません)
8. 芦ノ湖ボート・フライフィッシング・スクール
e0033195_204985.jpg
 ■神奈川県芦ノ湖
 ■ 3/15(土)、16(日)、 もしかしたら?3/13(木)も。
 ■ 4/11(金)〜4/13(日) ※ウエットフライ使用 ★4/12(土)には大会も有り!
  1DAY¥17,000(ボート代/ランチ代含む)
  1泊2日¥35,000(1泊3食付/ボート2日分含む/)
  ※日曜日のレクチャーは昼まで。
  (希望者にはバンブーロッド・フライフィッシング・スクール開催)
  宿泊の場合は、土曜日プラス¥1,500増、各日1人部屋プラス¥1,500増です。

9. 栃木県「とある湖」ボート・フライフィッシング・スクール
e0033195_20495567.jpg
 ■ 栃木県「とある湖」
 ■ 3/27(木)、
   4/3(木)、4/17(木)、4/19(土)、4/24(木)、 ※ウエットフライ使用
  ※他、追加開催(特に5月連休中まで)多数あり
 ■ 2008年も、秋にも開催!  NEW!2008年11月中旬あたりから、
   水温等の状況を考慮して、12月中旬あたりまで。 ※ウエットフライ使用
  1DAY¥13,000(ランチ代含む)

10.群馬県「丸沼」ボート・フライフィッシング・スクール
e0033195_20503078.jpg
 ■ 群馬県「丸沼」
 ■ 5/5(月)祝
  ※他、追加開催(特に5月連休中から6月まで)多数あり
 ■ 2008年は、秋にも開催予定!
  1DAY¥13,000(ランチ代含む)

11.日光中禅寺湖・フライフィッシング・スクール
e0033195_20571260.jpg
e0033195_20581318.jpg
e0033195_205914100.jpg
 ■栃木県中禅寺湖
 ■5/28(水)〜6/1(日) 5月中にもシークレットスクール開催予定。要問い合わせ。
  1DAY ¥17,000(ランチ付)
  1泊2日¥34,000(1泊4食付)
  ※日曜日の1DAYはナシ。   (希望者にはバンブーロッド・スクール開催)
  宿泊の場合は、土曜日プラス¥1,500増、各日1人部屋プラス¥1,500増です。
e0033195_2057554.jpg
e0033195_20584090.jpg
  (自ら申し上げるのはナンですが、私はJGFA公認のサクラマスとブラウントラウト、
  それにレインボートラウトの日本記録を保有しております。
  この中禅寺湖にて樹立したものですが、興味のある方はJGFAのホームページ
  http://www.jgfa.or.jp/
  「日本記録データベース欄」の「フライ淡水」をクリックして下さい)
e0033195_20593928.jpg

12.阿寒湖アメマス・フライフィッシング・ツアー
e0033195_2114532.jpg
e0033195_2121220.jpg
       ■北海道阿寒湖       
 ■6/11(水)〜6/15(日)
  2泊3日¥89,000〜(予価:エアー代/宿泊費含む/2朝夕食)
  
e0033195_2125169.jpg
e0033195_213617.jpg
他、北海道 「マル秘 湖のフライフィッシング・ツアー」も開催予定。 NEW!
  (またまた自ら申し上げるのはナンですが、私はJGFA公認のアメマス日本記録を
  保有しております。この阿寒湖にて樹立したものですが、興味のある方は
  JGFAのホームページhttp://www.jgfa.or.jp/「日本記録データベース欄」の
  「フライ淡水」をクリックして下さい)


13.中禅寺湖&阿寒湖用実戦フライパターン・タイイング・スクール
e0033195_2153310.jpg
  ●上記9&10のスクールに連動したタイイング・スクール。
 ■クレオール店内にて
 ■4/29(火)祝、5/3(土)祝、5/6(火)祝、  
  各¥9,000

 ★ワンポイント「ノット」レッスン常時開催★ NEW!
  シンプルでカンタン&強度バツグンな「結び方」 1ノット¥3,000~
 
※上記日程以外でも、ご都合の日時に合わせた、
  各種・実戦フライパターンの『特別・タイイング・レッスン』有。
  +3,000円~から、日時等ご相談下さい。
  
-----<★管理ポンド・フライフィッシング・スクール>---------------------------
14.ザ・“ダイレクト”・シンキングライン・タクティクス・スクール
 ■東山湖(静岡県御殿場市)/
なら山沼(栃木県小山市)/小山エリア(栃木県小山市)
 ■ 追加開催多数有り!
 ■ '07年11月から'08年2月までと、'08年11月から~ 各管理釣り場にて毎月4〜6回開催
  ¥16,000(ライセンス料/ランチ代含む) 、 ダブルヘッダー+7千円増

15.群馬県嬬恋「バラキ湖」ボート・スクール NEW!
e0033195_216538.jpg
 ■群馬県嬬恋「バラキ湖」
 ■ 10/26(日)
  「無印良品」で有名な、「良品計画カンパーニャ嬬恋キャンプ場」の「バラキ湖」は、
  自然の餌が豊富な為、放流されたトラウト達もスグに野生を取り戻し、
  信じられないほどのジャンプを繰り返すファイトをします。
e0033195_2163342.jpg
  他の止水の釣り場が、水深が有り過ぎたり、高水温で釣りにならないこの時期がベストシーズン!
  行き帰りの渋滞も皆無な、紅葉も美しい高原での1日を十二分に楽しんで下さい。  
  1DAY¥15,000(ライセンス料/ボート代、ランチ代含む)
 ※土曜日からの格安・快適宿泊パック有り (注:「キャンプ」ではアリマセン。)

-----<★オフショア(海)・フライフィッシング・スクール>------------------------
16.相模湾シイラ・カツオ・フィッシング・スクール
e0033195_217451.jpg
 ■相模湾(シイラ、カツオ、マグロ主体)
 ■ 7月上旬から~11月。 (状況によっては~12月中まで開催!)
   今現在の確定している日程は、8/2(土)、8/16(土)、8/30(土)、
    9/14(日)、

  ¥24,000(船チャーター代含む、)
         (佐島の鰯の場合+2千円)
  ★参加回数20回以上の方は、¥3,000 の リピーター割引 あり。
    他、ソルトタックル御買い上げ金額等に応じた割引有り。

17.ソルトウォーター実戦パターン・タイイング・スクール
 ■クレオール店内にて
 ■ 8/19(日)、9/24(月)祝 PM3:00〜  
  ¥7,000
★ワンポイント「ノット」レッスン常時開催★ NEW!
  シンプルでカンタン&強度バツグンな「結び方」 1ノット¥3,000~

※上記日程以外でも、ご都合の日時に合わせた 「ノット」レッスンや、
   各種・実戦フライパターンの『特別・タイイング・レッスン』有。
   +2,000円~から、日時等ご相談下さい。
  
------<★海外・フライフィッシング・ツアー>----------------------------------
e0033195_1802993.jpg
18. アラスカ 6月・キングサーモン・ツアー 
 ■6/19(木)、or21(土)発〜 (5日〜10日間)
  予価55万〜 (エアー代/宿泊費含む)
a0020109_1715865.jpg
a0020109_17153830.jpg

19. アラスカ 7月・キング&レッドサーモン・ツアー 
 ■7/20前後発(7日間位)
  ★JAL直行チャーター便にも便乗したツアーを計画中
  予価60万〜 (エアー代/宿泊費含む)
a0020109_17231559.jpg
20. アラスカ 9月・サーモン&スティールヘッド・ツアー 
 ■9/4(木)or6(土)〜9/15(月)祝頃まで。 
  予価52万〜 (エアー代/宿泊費含む)
a0020109_17241738.jpg
a0020109_1724436.jpg
a0020109_17421965.jpg

21. アラスカ 10月・ウインターラン・スティールヘッド・ツアー 
 ■10月第2週、10/8(水)or11(土)〜より (8日間〜10日間)
  予価47万〜 (エアー代/宿泊費含む)
a0020109_17252297.jpg

a0020109_17254182.jpg
a0020109_1726547.jpg
22. オレゴン 11月・ウインターラン・スティールヘッド・ツアー NEW! 
 ■11月第2週、11/6(木)あたり〜より (8日間〜10日間)
  予価43万〜 (エアー代/宿泊費含む)
a0020109_1735137.jpg
23. クリスマス島ボーンフィッシュ・ツアー 
 ■2008年11月or12月、及び2009年1月のうちのいづれか。 (11日間)
  ※最重要な、月齢、潮周り等、諸条件を考慮して日程を決定します。
    要問い合わせ。
a0020109_17424364.jpg
24.フレーザー島ゴールデントレバリー・ツアー 
 ■2009年2月 (5日間〜)
  ※最重要な、月齢、潮周り等、諸条件を考慮して日程を決定します。
    要問い合わせ。
a0020109_1743590.jpg
a0020109_17432235.jpg

------<★定期スクール>-------------------------------------------
25.フライフィッシャーズ・ナイト(参加無料)
 ■毎週火曜日夜7時からクレオール店内にて無料開催。
  基本的に、各スクールの受講者が対象。
  “予習・復習”用として、タイイング・デモはむろん、タックルやラインシステム、ノット法や
  細かなメソッドなどのレクチャーを質疑応答を交えて行います。

26.イブニング・フライタイイング for ビギナー(参加無料)
 ■毎週火曜日夕方6時30分よりクレオール店内で開催。 参加は無料です。
  ベーシックなパターンにチョッとアレンジを加えた“釣れる”パターンを中心にデモも有り。
  まったくのビギナーの方でもフライタイイングの基礎から学べます。

27.『40ヤード』フライキャスティング・レッスン
 ■埼玉県八潮市中川河川敷
 ■毎月、他のスクールのない日祝日AM10:00より 
  60分まで¥3,000(以降、30分ごとに¥1,000増)

29.各種・実戦でのラインの結び方『特別・スーパーノット・レッスン』 NEW!
 ■クレオール店内にて
 ■ 随時 ご相談 1ノット¥3,000~から

  日本国内の渓流での ドラックを防げる スーパーノットから、
  イブニングに対応するシンプルかつカンタン&強度バツグンな「結び方」を!

  更には、・湖・で フライの動き を良くして、
  突然の大物にも対処して 合わせ切れ も防げる実用ノットも。

  日本国内ソルトでのシイラ、カツオ、など海のフライフィッシングでもモチロン、
  海外のスティールヘッド&サーモン、ボーンフィッシュ、トレバリー、などなどまで、
  他に類を見ない絶大な効果を誇る実戦ノット「糸の結び方」のレッスンです。
  ご都合の日時に合わせますので、ご相談下さい。
    
30.各種・実戦フライパターン『特別・フライタイイング・レッスン』 NEW!
 ■クレオール店内にて
 ■ 随時 ご相談
  日本国内の渓流・湖・ソルトのシイラ、カツオ、実戦フライ・パターンはもちろん、
  海外のスティールヘッド&サーモン、ボーンフィッシュ、トレバリー、などなどまで、
  他に類を見ない絶大な効果を誇る実戦フライパターンのフライタイイング・レッスンです。
  ご都合の日時に合わせますので、ご相談下さい。     
  ¥5,000~から

------<★エグゼクティブ・ガイディング>------------------------------
e0033195_2195755.jpg
渓流、湖、海を問わず、その時期“旬”の、特別・厳選ポイントにて、
ご要望と有らば、ラインシステムはモチロンの事、リーダー&ティペット、フライの結び付け等や、
又は、渓流を横切る際の手取り足取りのホロ―アップまでまで、
e0033195_2111110.jpg
トップ・プロによるまかせて安心の
別名『フライフィッシングのシークレット・サービス!!!です。
(渓流マル秘ポイントをご案内する場合には、当然「熊撃退スプレー」も、しっかり持参いたします。)
■日程、場所等は要応談。お問い合わせ下さい。
  1DAY   ¥50,000から~(諸経費別)
  1泊2日 ¥85,000から~(諸経費別)
e0033195_21112426.jpg
-----------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------
フライショップ 『 CREOLE 』 
地下鉄 大江戸線 & つくばエクスプレス 新御徒町駅 A4出口より3分
〒111−0056 東京都台東区小島1−17−7 CREOLE(クレオール)
営業時間 平日15:30〜20:00 日祝〜18:30 水、木曜日定休、及び、
フライフィッシング・スクール、国内&海外フライフィッシングツアーによる不定休有り。
℡&Fax 03−3865−7567(16時〜)
[PR]

# by creole-2 | 2008-02-19 17:09 | 2008年スクール&ツアー予定 | Trackback | Comments(0)
2008年 02月 18日

2008年 スクール

クレオール フライフィッシングスクール 2008年 月別スケジュール    '08 6/9 更新

―――――― 常設 ――――――

◆ワンポイント・アドバイス (1ポイントにつき~10分以内 ¥1,000)

 数多くの実績が証明する数々の“ノウハウ”を、
 まずは手軽に、実際に体感出来るレクチャーです。

 むろん、巷で行なわれている様な・内容・でしたら、
 『無料』なのはアタリマエ!

 店内で出来る範囲の
 「ドコソコで釣れるフライは?」
 「シンプル&カンタンなノットの方法は?」などに始まる
 モロモロのリクエストにお答えして、
 ズバリ! “本質” を見極めた 的確なアドバイス のみ。

 肝心の 聞きたい事 に、
 専門家ならではの豊富な知識や経験を基に、
 実際に足を運んで確かめた・現場・のナマ情報を、
 御希望の ・ご相談・ に キメ細かく 対応させて頂きます。

 「快適な装備品や、扱い易いタックルの組み合わせ」
 「どの時期に?どうやって?何処へ?行けばよいのか」

 それぞれの「楽しみ」の為に、
 「安全に子供と一緒に楽しめ、かつ『釣れる』釣法やフィールド。」
 「海外で家族と一緒に行けて、『釣り』も十二分に楽しめる場所。」などなど、

 当然、『有料』ならではのレベルで、
 まるで、重箱の隅を突くような ドーでもいい事 に固執せず、
 厳選して、詳細な『裏ワザ』を含めて提供します。

 注:上記、有料でのワンポイント・アドバイスの他、
   無料アドバイスは、特に初心者&入門者向けならいつでも大歓迎!
   クレオールでの『無料』レベルのアドバイスでも ・ひと味・ 違いマス。  お気軽にドウゾ!

◆“40ヤード”フライキャスティングスクール 埼玉県八潮市にて開催!

 (他のスクールの無い) 土、日、祝日、AM10:00より。 
 60分まで¥3,000 (以降、30分ごとに¥1,000増)

◆フライタイイングスクール クレオール店内にて、随時受付(※予約制)

 フライタイイングの
 まったくの 基本 ながら、クラシックウエット&サーモンフライまでにも通ずる コツ を、
  具体的な使い方 までを含めて詳細に解説  特性フライパターン¥5,000より~

◆各種「スーパーノット」スクール クレオール店内にて、随時受付(※予約制)

  シンプルでカンタン&強度バツグンな「結び方」 1ノット¥3,000~

  「システムを組む」ナド、手間の掛かる「結び方」では、
  通常の釣りの・現場・に於いては、強度が出ても、面倒でスグに出来マセン。

  渓流での ドラックを防げる スーパーノットから、
  イブニングに対応するシンプルかつカンタン&強度バツグンな「結び方」を!

  更には、・湖・で フライの動き を良くして、
  突然の大物にも対処して 合わせ切れ も防げる実用ノットなど、
  
  日本国内ソルトでのシイラ、カツオ、など海のフライフィッシングでもモチロン、
  海外のスティールヘッド&サーモン、ボーンフィッシュ、トレバリー、などなどまで、
  他に類を見ない絶大な効果を誇る実戦ノット「糸の結び方」のレッスンです。
    
―――――― 3月 ――――――
◆“40ヤード”フライキャスティングスクール 
 3/1(土)、3/2(日)、 埼玉県八潮市にて AM10:00より開催! 
 60分まで¥3,000(以降、30分ごとに¥1,000増)

◆早春の渓流用フライタイイング クレオール店内にてPM15:30~ ¥9,000
 3/1(土)、3/2(日)、

◆早春の渓流 “マジェスティック”ウェット&ドライスクール 
  長野県木曽川水系、岐阜県たかはら蒲田川
 (希望者にはバンブーロッド使用スクール) ※各日曜日のレクチャーは昼まで。
 1DAY¥15,000(ランチ付)1泊2日¥34,000(1泊3食付)

 その①-3/5(木)~3/9(日)
 その②-3/20(木)祝~3/23(日) 

◆芦ノ湖“スーパー・トウィッチ”ボート・スクール(希望者にはバンブーロッド使用スクール)
 3/15(土)、3/16(日)※日曜日のレクチャーは昼まで。              
 1DAY ¥17,000(ボート代、ランチ付) 1泊2日 ¥34,000(ボート2日分、1泊3食付)

◆“40ヤード”フライキャスティングスクール 埼玉県八潮市にて AM10:00より開催!
 3/30(日)、 60分まで¥3,000(以降、30分ごとに¥1,000増)
 
◆春の湖用フライタイイング クレオール店内にてPM15:30~ ¥9,000
 3/30(日)

―――――― 4月 ――――――

◆“40ヤード”フライキャスティングスクール 埼玉県八潮市にて AM10:00より開催!
 4/5(土)、60分まで¥3,000(以降、30分ごとに¥1,000増)

◆春の湖用フライタイイング PM15:30~クレオール店内にて ¥9,000
 4/5(土)、

◆春の渓流“マジェスティック”ウェット&ドライ・ビギナースクール 東京都養沢川 
4/6(日)、他にも追加開催予定あり。 1DAY ¥13,000(ランチ付)

◆春の渓流“マジェスティック”ウェット&ドライスクール
 4 月上旬の平日 水、木曜日(未定) 忍野桂川、
 4月中~下旬の平日 水、木曜日(未定)栃木県箒川及び鬼怒川水系 他にも追加予定あり
 (希望者にはバンブーロッド使用) 1DAY¥15,000(ランチ付)

◆栃木県 とある湖『ミッジ・ウェット』ボートスクール (希望者にはバンブーロッド使用スクール)
 1DAY¥13,000(ランチ付)

◆芦ノ湖『ミッジ・ウェット』ボートスクール(希望者にはバンブーロッド使用スクール)
 4/11(金)~4/13(日)、※日曜日のレクチャーは昼まで。
 1DAY¥17,000(ボート、ランチ付) 1泊2日¥34,000(ボート2日 1泊3食付)

◆“40ヤード”フライキャスティングスクール 
 4/29(火)祝、 埼玉県八潮市にて AM10:00より開催! 
 60分まで¥3,000(以降、30分ごとに¥1,000増)

◆春の湖用フライタイイング PM15:30~クレオール店内にて ¥9,000
 4/29(火)祝、

―――――― 5月 ――――――

◆渓流のウェット&ドライ・ビギナースクール 東京都養沢川 1DAY ¥13,000(ランチ付)
 5/4(日)、他にも追加開催予定あり。

◆中禅寺湖&阿寒湖用フライタイイングスクール PM15:30~クレオール店内にて 
 5/3(土)、5/6(火)祝、他にも追加開催予定あり。 ¥9,000

◆丸沼 “スーパー・トウィッチ” ボートスクール(希望者にはバンブーロッド使用スクール)
 5/5(月)祝、他にも追加開催予定あり。 1DAY¥16,000(ランチ付)

◆日光 中禅寺湖『ミッジ・ウェット』スクール(希望者にはバンブーロッドスクール)
 5月連休明けの水、木曜日を中心に、状況しだいで週末、土、日曜日も臨時開催。
 1DAY¥17,000(ランチ付)1泊2日¥37,000(1泊4食付)
 ★他、5月中に中禅寺湖シークレットスクール多数開催予定。

◆日光 中禅寺湖 スクール(希望者にはバンブーロッドスクール)
 5/28(水)~6/1(日)※日曜日の1DAYはナシ。
 1DAY¥17,000(ランチ付) 1泊2日¥37,000(1泊4食付)
 ★他、6月初旬にも中禅寺湖『モンカゲ・ウエット』スクールも臨時開催予定。

―――――― 6月 ――――――

◆北海道 阿寒湖アメマス ツアー 6/9(水)~6/13(日)              
 2泊3日~予価¥96,000~(エアー代、宿泊2朝夕食)

 ★他、10月にも北海道マル秘・湖ツアー予定。

◆アラスカ・キングサーモン・海外ツアー(Ⅰ)
 唯一無二『“究極”のフライフィッシング』
 6/19(木)~ 7日~10日間 予価75万~
 ★ 7/20前後発でJAL直行チャーター便に便乗したキング&レッズ・ツアーも計画中!

―――――― 7月 ――――――

7月前半は、雨の降り方次第デスが、

(梅雨の「中休み」を望んで)栃木か長野の渓流で、

“マジェスティック”ウェット&ドライ渓流スクールを開催予定。


モチロン、7月後半の梅雨明けからは、 「 夏 は 海ヒコ 山ヒコ 」 と題して、
週替わりで、長野の 「渓流」 か、相模湾の 「海」 と、
ニッポンの夏 『 “旬” の フライフィッシング 』 を存分に楽しみマス。

◆“40ヤード”フライキャスティングスクール 埼玉県八潮市にて AM10:00より開催!
 7/6(日)、← 天候しだい。雨天や陽射しが強過ぎる場合は中止します。 
 60分まで¥3,000(以降、30分ごとに¥1,000増)

◆初夏の渓流用フライタイイングスクール PM15:30~クレオール店内にて
 7/6(日) ¥7,000

◆初夏の渓流 “マジェスティック” ウェット&ドライ スクール・ 栃木 or 長野 
 1DAY¥15,000(ランチ付) 1泊2日 ¥34,000(宿泊朝夕2ランチ付)
 7/9(水)、/10(木)。  7/12(土)、/13(日)。 ←雨の降り方次第デス
  
 雨の降り方次第で7月下旬梅雨明けまでの期間、
 栃木県 鬼怒川水系 か、長野県の渓流にて開催。

 海のフライフィッシング
◆相模湾シイラ・カツオ・マグロ オフショアスクール ¥24,000(船チャーター代)
 もしかしたら?7/19(土)にも早々と開催。(既に確定してるのは8/ 2(土)からです。)

 他、平日、水、木曜日を中心に、週末、土、日も、随時★臨時開催★受付中!!!

◆夏の渓流用フライ タイイング スクール  PM3:00~ クレオール店内にて 
 7/20(日)  ¥7,000

◆ソルトウォーターフライ タイイング スクール PM3:30~ クレオール店内にて
 7/21(月)祝「海の日」、 ¥9,000

◆アラスカ7月・レッド&キングサーモン・ツアー(2) 7/20位~ 7日~10日間 予価64万~
 ★ JAL直行チャーター便に便乗したキング&レッズ・ツアーも計画中!

◆夏の渓流“マジェスティック”ウェット&ドライスクール・長野 
 上記レッド&キングサーモン・ツアーに行かなかった場合は開催します。 ↑ 
 7/24(木)~/27(日) 
 1DAY¥16,000(ランチ付) 1泊2日¥34,000(宿泊朝夕2ランチ付)

―――――― 8月 ――――――

◆夏の渓流用タイイング PM3:30~ クレオール店内にて 8/3(日)、8/31(日)、¥7,000

◆夏の“マジェスティック”ウェット&ドライスクール・長野 野麦峠付近の渓
 8/ 7(木)~8/10(日)、 8/21(木)~8/24(日)、
 9/ 4(木)~9/ 7(日)、 9/18(木)~9/21(日)、 9/25(木)~9/28(日)、   
 1DAY ¥16,000(ランチ付) 1泊2日 ¥34,000(宿泊朝夕2ランチ付)

◆ソルトウォーターフライタイイング 8/17(日)、 PM3:30~ クレオール店内にて¥9,000

 海のフライフィッシング
◆相模湾シイラ・カツオ・マグロ オフショアスクール ¥24,000(船チャーター代)
 8/ 2(土)、8/16(土)、8/30(土)、
 9/14(土)、
 10/ 4(土)、10/12(日)、10/19(日)、10/25(土)
※他、平日、水、木曜日を中心に、週末、土、日も、随時★臨時開催★受付中!

―――――― 9月 ――――――

◆秋の“マジェスティック”ウェット&ドライスクール・長野 野麦峠付近の渓
 9/ 4(木)~9/ 7(日)、 9/18(木)~9/21(日)、
 9/25(木)~9/28(日) ← 2008年渓流シーズンファイナル!   
 1DAY ¥16,000(ランチ付) 1泊2日 ¥34,000(宿泊朝夕2ランチ付)

◆秋の渓流用タイイング  PM15:30~ クレオール店内にて 9/13(土) ¥7,000

◆ソルトウォーターフライタイイング  PM15:30~ クレオール店内にて ¥9,000

海のフライフィッシング
◆相模湾カツオ・マグロ オフショアスクール ¥24,000(船チャーター代)
 9/14(土)、
 10/4(土)、10/12(日)、10/19(日)、10/25(土)
 ※他、平日、水、木曜日を中心に、週末、土、日も、随時★臨時開催★受付中!

◆アラスカ9月シルバーサーモン&スティールヘッドツアー
 9月第2週(10日前後)出発、 7~10日間 予価64万円~
 例年、この時期は、あの“スティールヘッド”が、ナント!滞在中百匹前後もヒット!
 ※最重要な、月齢、潮周り等、諸条件を考慮して日程を決定します。
    要問い合わせ。

―――――― 10月 ――――――

渓流フライフィッシングは禁漁となりますが、

いよいよ10月からが世界に誇る『ニッポンのフライフィッシング』では最高のシーズン!

相模湾では本マグロの若魚「メジ」が、1~2㌔サイズとも成り、

3~5㌔サイズの超大型戻りカツオと並んで、最盛期を迎えます!

また止水のフライフィッシングファン、 通称 「水溜まり野郎」 の方々。

まるで 「 真夏に 石焼イモ を食べる 」 ような、
止水のフライフィッシングには辛い7月あたりからの高水温期から、
やっと 涼しい季節 が廻って来ました。

いよいよ中禅寺湖や阿寒湖に向けての最重要となる
ザ・ “ダイレクト” シンキング・スクールが、
関東地方でいち早く適水温と成る群馬県 嬬恋バラキ湖にて、10月下旬からスタートします。

◆ソルトウォーター「本マグロ」フライタイイングスクール  PM15:30~ クレオール店内にて ¥9,000

海のフライフィッシング (いよいよ・本気・デス)
◆相模湾マグロ・カツオ・ オフショアスクール ¥24,000(船チャーター代)
 10/4(土)、10/12(日)、10/19(日)、10/25(土)
 11/2(日)、11/9(日)、
 ※他、平日、水、木曜日を中心に、週末、土、日も、随時★臨時開催★受付中!

◆嬬恋バラキ湖“スーパー・トウィッチ”&『ミッジ・ウエット』ボートスクール
 (希望者にはバンブーロッド使用スクール)
 10/26(日)、 1DAY¥16,000(ボート、入漁券、ランチ付) 

◆アラスカ・ウインタースティールヘッド・ツアー 10月第1週より 8日間~  予価49万~

◆北海道××ツアー 10月中 3~5日間 価格未定 場所:マル秘 お楽しみに!

◆湖&止水用「ISマラブー」フライタイイングスクール  PM15:30~ クレオール店内にて  ¥9,000    

―――――― 11月 ――――――

◆栃木県「とある湖」ボート・スクール(希望者にはバンブーロッド使用スクール)
 水温状況によって、例年11月初~中旬より、12月下旬まで開催。
 1DAY¥13,000(ランチ付)

海のフライフィッシング (かなり・本気・デス!3名以上集まればいつでも開催。)
◆相模湾 マグロ オフショアスクール ¥24,000(船チャーター代)
 11/2(日)、11/9(日)、他、コノ時期からは、平日、水、木曜日を中心に、
 週末、土、日も、随時★臨時開催★受付中!!!

 この時期は本マグロ「メジ」が、もう3~4㌔サイズ以上に!

 年によっては、7~8㌔のキハダマグロまでもが釣れマス!

◆ソルトウォーター「本マグロ」フライタイイングスクール  PM15:30~ クレオール店内にて ¥9,000

◆湖&止水用「ISマラブー」フライタイイングスクール  PM15:30~ クレオール店内にて  ¥9,000    

◆シンキングライン・タクティクス  ¥16,000(レクチャー、ライセンス、ランチ付)
 東山湖、王禅寺、なら山沼、小山エリア等、各管理釣場にて
 '08 11月から~'09 2月まで、毎月4~6回開催。

◆オレゴン・ウインタースティールヘッド・ツアー 11月第2週位発 5日間より~ 予価49万~
  ※最重要な、月齢、潮周り等、諸条件を考慮して日程を決定します。
    要問い合わせ。

◆クリスマス島・ボーンフィッシュ・ツアー 11日間 南太平洋上キリバス共和国 11月or12月
  ※最重要な、月齢、潮周り等、諸条件を考慮して日程を決定します。
    要問い合わせ。

―――――― 12月 ――――――

◆シンキングライン・タクティクス  ¥16,000(レクチャー、ライセンス、ランチ付)
 東山湖、王禅寺、なら山沼、小山エリア等、各管理釣場にて
 '08 11月から~'09 2月まで、毎月4~6回開催。

◆栃木県「とある湖」ボート・スクール(希望者にはバンブーロッド使用スクール)
 1DAY¥13,000(ランチ付)

◆湖&止水用「ISマラブー」フライタイイング  PM15:30~ クレオール店内にて
 ¥9,000    

◆相模湾 『マグロ漁』 ¥24,000(船チャーター代)

 この時期の狙いは、もう4~5㌔サイズ以上に成った「メジ」本マグロ!

 年によっては、7~8㌔のキハダマグロまでもが釣れマス!

 ハズしても、旬 の ・超・美味なサバ に 「釣られて」 、例年12月末まで、
 海水温が低下して「もうダメだぁ~」となるまで、 マグロ漁 には出漁シマス!

 熱き ソルト魂 を持つ “もののふ” が 3名以上集まれば、
 平日、水、木曜日と週末、土、日を中心にいつでも開催。

◆ソルトウォーター 「本マグロ」 フライタイイング スクール&マグロ漁 仕掛け作り教室
   PM15:30~ クレオール店内にて ¥9,000

◆クリスマス島・ボーンフィッシュ・ツアー11日間 南太平洋上キリバス共和国 11月or12月
 ※最重要な、月齢、潮周り等、諸条件を考慮して日程を決定します。
    要問い合わせ。

――――――  1月 ――――――

◆シンキングライン・タクティクス  ¥16,000(レクチャー、ライセンス、ランチ付)
 東山湖、王禅寺、なら山沼、小山エリア等、各管理釣場にて
 '08 11月から~'09 2月まで、毎月4~6回開催。

◆湖&止水用「ISマラブー」フライタイイング  PM15:30~ クレオール店内にて
  ¥9,000    
◆クリスマス島・ボーンフィッシュ・ツアー11日間 南太平洋上 キリバス共和国 1月or2月
 ※最重要な、月齢、潮周り等、諸条件を考慮して日程を決定します。
    要問い合わせ。

◆フレーザー島ゴールデントレバリー・ツアー 5日間~オーストラリア '09 1月or2月
 ※最重要な、月齢、潮周り等、諸条件を考慮して日程を決定します。
    要問い合わせ。

――――――  2月 ――――――

◆シンキングライン・タクティクス  ¥16,000(レクチャー、ライセンス、ランチ付)
 東山湖、王禅寺、なら山沼、小山エリア等、各管理釣場にて
 '08 11月から~'09 2月まで、毎月4~6回開催。

◆湖&止水用「ISマラブー」フライタイイング  PM15:30~ クレオール店内にて
  ¥9,000    

◆芦ノ湖用タイイング  PM15:30~ クレオール店内にて  ¥9,000

◆春の渓流用フライタイイング PM15:30~クレオール店内にて ¥9,000

◆フレーザー島・ゴールデントレバリー・ツアー オーストラリア 2月中旬
  世界遺産の島 に滞在し、ゴールディの “テイリング” を狙います。 7日間~予価55万円
 ※最重要な、月齢、潮周り等、諸条件を考慮して日程を決定します。
    要問い合わせ。                
[PR]

# by creole-2 | 2008-02-18 17:38 | 2008年スクール&ツアー予定 | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 15日

№ 006. なぜ?シンキングラインを? そして、なぜ?“ダイレクト”なのか?

新しいブログ記事 は、 クレオール・フライフィッシング・ブログPART-1 を!
コチラ ↓ をクリック!
●クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1  http://creole.exblog.jp/i0
日々の新しい情報は、 ブログPART-1 を、更新していきます。

 まずは、『クレオール』については、
 コチラをクリック!→ クレオールについて「宗教との違い」http://creole.exblog.jp/i30

----------------------※<当ブログ・ページの見方>----------------------
 この 「クレオールフライフィッシング・ブログPART−2」 は、
 これから次々と 各種フライフィッシングスクール や、
 オリジナル・フライロッド や カスタム・グッズ などを始めとした
 取り扱い商品 の 総合カタログ的なラインナップ をするべく、
 ただいま思案&作製中!  今後も、このブログ・アドレスにもご期待下さい。)
 
※ ページ右側の 「カテゴリ」 から、
  興味のある分野をクリックし、スクロールして御覧下さい。
  (他、「カテゴリ」 から 「全体」 を クリック して、
   各ページ最下段右の <次のページ> をクリックしてゆくと、
   最新情報から過去へ全てのブログが順に表示されます。 もっとスゴイ内容も・・・)
---------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------
 注:文中の××△△などの伏字については、
   巷の えせスパート 向けの パクリ対策 ですので、お店にてドウゾ!)

ザ“ダイレクトシンキングライン・タクティクス 

フライフィッシングに於いて、
水中に沈んでゆく「シンキングライン」を使用する最大の利点は、
重量の有るオモリや、大きなルアー等を使わずとも、「シンキングライン」を使って、
魚の居る層に、軽くてそれ自体に重量の無い フライ でも、
『繊細な操作ができる “ダイレクト”な状態 のまま』で、送り込める点であろう。

コレは、
 フライフィッシング という釣法を持ってして可能と成る。
まさに
 フライフィッシングならでは特性を最大限に発揮できる
シンキングラインを使用した“タクティクス”である。

そして、
ただ放って置いて、掛かるのを待ちぼうけるような「餌釣り」とも違い、
その、それぞれ各人の“テクニック”のレベルによっては、
むしろ餌よりも、さらに効果的(!?)に、
自ら操作(実力)によって、
積極的『攻略』できるテクニカルな面にもある。

自身の道具やテクニックの使い分けで、
その 鍛錬度 や 精度の高さ で、
 異次元のステージ にも 進めるノダ。

面白い事に、
日本の船釣りにみられる伝統の「ビシマ釣り」なども、
ナイロンの道糸に間隔をあけてオモリ「ビシ」を取り付け、
潮流や深度などによって使い分ける
 まさに 手製 の 「シンキングライン」!

より“ダイレクト”な状態を目指して、
 個々の 技術 で 自ら 操作する。

古来から、
ベテラン船頭 や 熟練漁師のみ に 許される、
卓越した「玄人の釣り」として の評価 が 高い。

さて、
フライフィッシングにおいても、
ただ ボケッと 待って れば、
どんな種類のラインやシステムを使おうが、
誰だって 水底まで 沈める事 は出来る。

難しいのは、
リトリーブスピード や 深度に適合させた シンキングライン を 使って、

一定の 深度 「タナ」に フライ を どれだけ留まらせ、

極力 “たるみ” を 無くして、

繊細な 操作出来る状態まま で
トレースさせる事 が 出来るか? に 尽きる。

つまり、
放って置けば勝手に沈んで行くシンキングラインを、
タナに留まらせるのには、

むろん、
知識が深まるほどに、種類の選び方や、
コントロールし易いチューニングがしっかりと在るし、

コチラの 熟練度 が 高まる につれ、
出来る事 の 幅 も 広がり、 精度 も 高まる。

「何もしない」のと、
技術的にも 知識からも
 「何も 出来ない」 のは、 言うまでもナク 大きな 違い 。

そのイイ例が、
ニュージーランドなどで「ブービー」と呼ばれる テクニック とも言えない
「フライフィッシング」どころか、
「釣り」自体 に さえも 不慣れ で、技術も未熟なゲストに
ガイドが 仕方なく薦める やり方。

レギュレーションでオモリの使用も禁止され、
フライタックルしか使えないので、

最も効果的な「中通しオモリ」よりも、
かなり効率の悪いシンキングラインを、

わざわざオモリ代わりに使っての
「ブッ込み釣り」や「曳きずり」をしたりする手段で、

コレらは、
今更 説明するまでも無く、
モチロンそのシステム自体の悪さからも、
感度や 操作性を コチラからわざわざ悪くしているが、

考えなくとも、ただ「ボケッと待ってりゃあ」、
その アングラーよりも、 もっと ボケた魚から 掛かってくれて、

何も出来ないレベルの入門者用としては、
ホントに ありがたい手法 でもある。

ソノ証拠に、
コレは「アングラーの技術が無ければ、
無いほどに効果的な手法」であって、

チョッと考えればスグに判りそうだが、
水底近くダケに定位させるなら、
感度が良い様に「中通しオモリ」を使う
鯉などに代表される「ブッ込み釣り」の手法が最良で、

物理的に考えても、
オモリの重さ の 抵抗を一切受けずに、
水底の状況 や アタリが“ダイレクト”に伝わり、
コチラからの 工夫のしよう も有る。

ところが、
ソレが規則で禁止されているから
仕方なくフライタックルを使うのだが、

自重が有る シンキングライン では、
物理的に シンクレートが 重ければ 重いほど、

そして
キャストして探る距離が 長ければ 長いほど 感度が悪くなり、

たとえラインを短くしても 底を曳きずる 限り、
そして、
フライ自体に浮力などを持たせ、
わざわざシステムに・段差・を作って、
ルーズに成る状況を作っているのでは、

その技術とやら(有れば?のハナシだが)を 発揮しよう にも、
肝心の 感度 が ・ユルい状態・ では、
コチラからも、そして アチラ(アタリ) から も、
「中通しオモリ」や「サーフのキス釣り用のテンビン」にも、
お話に成らないほど ゼンゼン 劣って しまい、

「操る」とは 名ばかり に、
すべてを 「向こう任せ」 にせざる負えない。
 
コレなら
規則で フライタックルしか使えない のなら ともかく、

精度に於いても、
フライタックルや フライラインを使う 必要性は 全く無く、

しかも、
コチラからのアプローチが
「餌釣り」と何ら変わらないのであれば、

わざわざ、何も道具立てだけフライラインを使い、
「ブッ込み釣り」と言う釣法で、挑むべき理由など、
 フライフィッシング であるべき理由も 無い ので あろうに・・・。

フローティングラインを、
しかも、
これまた 感度から したら ・最悪・の ウキ 代わり に 使って、
ただ「ぶら下げて」アタリを待っているような、

感度をわざわざ悪くしている
 フライタックルを使った「ブラ下げ釣り」 と 次元は同ンなじで、

テクニックを 使わずに 止めりゃあイイだけ・・・
発展性も皆無で、 テクを磨く どころか、
コントロールし易いチューニング じゃナクて、
ドウあがいても ソウなってしまう 受身の手法 は、
発展性 が 無い。

入門者レベル位なら、「解らない」のも仕方が無いが、
姑息でブービーな手法を テクニック とは言わないのは、
地元NZのキウイ達 だって 理解して、
稚拙に ABCを並べたりしないで、
その 「 姑息で 他に やる手が無い 」 部分 の
・本質・を理解した 名称 「ブービー」 と 羞じて いる。

<つづく> 
※ 御覧のようにマッタク まとまってイマセン が、
   なんとか カタチにして いきマス!


美学 を ふまえたうえ での、
 徹底的なる  現場 での 実学
 。

    実際現場 から の 事実 の 数々 は、
    コチラ 
    「 スクール参加者 の 感想 」 を クリックして、
    新着順に、過去にも さかのぼって 次々と 御覧 戴けます。
    ( 主に、 各ブログ記事 ワク内、
      いちばん 右下の 「 Comments 」 をクリックし、ご参照。)]
ココに 記されている 数々 が、
よく アル 、 スクール どころか、
クレオール に 来た事すら も 無い 方々の
噂ばなし のたぐい では 無い、
クレオール 各種 フライフィッシング・スクール の 実際の 評判。

それぞれ
実際 スクール経験者 自身 が 語る
事実 のみ です。
  
----------------------------------------------------------------------
動画でテクニック等を知りたい方には、
まず、私がどんなレベルだか?コチラ→ 『テクニックの真髄』 をクリック!
特に英語の判る方には、コチラ→ アラスカ大ベテランガイドのつぶやき 現地の生の声を、
コメント欄と共に要チェック!『アラスカの釣り』や、『キング・サーモン』などの各種サーモン、
あるいは『スティールヘッド』のフライフィッシングに興味の有る方も必見!
----------------------------------------------------------------------

動画ブログ 「クレオール・THE・ムービー」 新規開設中!!!
↓コチラをクリック!
●フライフィッシング・動画ブログ・「クレオール・THE・ムービー」 http://creole1.exblog.jp/

携帯で、各動画を御覧になるには、
 http://dgmb.jp/search.jspx  のURLにアクセスして、
カタカナで、 「クレオール」 と検索してクダサイ。
-----------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------
フライショップ 『 CREOLE 』 
地下鉄 大江戸線 & つくばエクスプレス 新御徒町駅 A4出口より3分
〒111−0056 東京都台東区小島1−17−7 CREOLE(クレオール)
営業時間 平日15:30〜20:00 日祝〜18:30 水、木曜日定休、及び、
フライフィッシング・スクール、国内&海外フライフィッシングツアーによる不定休有り。
℡&Fax 03−3865−7567(16時〜)
[PR]

# by creole-2 | 2008-01-15 17:36 | 湖、止水のフライフィッシング | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 04日

№ 005. “ダイレクト”シンキングライン・タクティクス 『“真実”の扉を開ける』小山エリア編

新しいブログ記事 は、 クレオール・フライフィッシング・ブログPART-1 を!
コチラ ↓ をクリック!
●クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1  http://creole.exblog.jp/i0
日々の新しい情報は、 ブログPART-1 を、更新していきます。

 まずは、『クレオール』については、
 コチラをクリック!→ クレオールについて「宗教との違い」http://creole.exblog.jp/i30

----------------------※<当ブログ・ページの見方>----------------------
 この 「クレオールフライフィッシング・ブログPART−2」 は、
 これから次々と 各種フライフィッシングスクール や、
 オリジナル・フライロッド や カスタム・グッズ などを始めとした
 取り扱い商品 の 総合カタログ的なラインナップ をするべく、
 ただいま思案&作製中!  今後も、このブログ・アドレスにもご期待下さい。)
 
※ ページ右側の 「カテゴリ」 から、
  興味のある分野をクリックし、スクロールして御覧下さい。
  (他、「カテゴリ」 から 「全体」 を クリック して、
   各ページ最下段右の <次のページ> をクリックしてゆくと、
   最新情報から過去へ全てのブログが順に表示されます。 もっとスゴイ内容も・・・)
---------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------

 注 : 文中の ××△△などの 伏字 に ついて は、
     巷の えせスパート 向けの パクリ対策 ですので、
     直接 お店 にて ドウゾ!

ザ“ダイレクトシンキングライン・タクティクス・スクール 
その-① “真実”の扉を開ける』 小山エリア・スクール編

毎年、 11月、 12月、 1月、 2月 の 冬季のみ に、
木曜日 や 週末、 土、日曜日 を 中心に 月 2~4回 開催。

12月 ~ 2月末まで の オフシーズン期間中 ならば、
まったくのビギナー から ベテラン まで、
まずは 真っ先 に 『 基本にして極意』 と 成る このスクールを!


都内近郊から 電車でも 1時間余の アクセスの良い、
栃木県小山市の 手軽な「管理釣り場」で 開催するにも かかわらず、

ソノ
「 水中での出来事 が 良く見える 」 “ 特性 ” を 最大限に 活用して、
中禅寺湖 や 阿寒湖 など の 国内は もとより、
アラスカ の ステーィルヘッド や サーモン 、
果て は クリスマス島のボーンフィッシュ など、
海外でのフライフィッシング に至るまで!

総て の ベース と なる
シンキングラインの 『基本にして極意』 と 成る テクニック を、

まったくの ・基礎・ から、 しっかりと 「間違いない」 ように、
自らの眼 で 確認しながら 学べる スクール。

首都圏から も ラクラク 電車でも 行けマス!
動画 「フライフィッシング 電車でゴー!」 いいつり動画( ← クリック!)

 ※ 鳴りモノ入り で ギョウギョウしく 立ち上げてました が、
   残念ながら 「いいつり動画」 頓挫して しまった ようデス。
   むろん、「サイト閉鎖のご案内」ナド、
   通常の しかるべき まともな告知 などは、 一切 無し・・・
   まあ、 体質 や 志 ( もしも 有ったら デスが ) 通り で、
   むしろ、そのほう では、 期待は 裏切りマセンねェ~。

かわって コチラ を クリック! 動画 「フライフィッシング 電車でゴー!」
動画 【 PeeVee.TV CREOLE 】

2009年 11月 より、
この 栃木県 小山市 の 「小山フィッシングエリア」 は、
営業を ・休止・ しておりますが、

さほど 離れてイナイ場所 で、
同じく、電車でも ラクラク行ける
新たなる き水 の 釣り場 を 発見!!!

しかも、ココ は 更に 諸条件 が 良く、
夕方には、ライズだらけ に 成ってしまう ホド!

2010年度から、更にパワーアップされた
“真実”の扉 を 開ける 』 スクールへと、 進化して イマス!

         ---------------------------------------------------------
         ---------------------------------------------------------

私が わざわざ オフシーズンに、 ココ に 足を運び 利用するのは、
腕を磨く為には欠かせない、中禅寺湖や阿寒湖をはじめ、
アラスカのサーモン&スティールヘッドや、
果てはクリスマス島のボーンフィシュにまでも通ずる、
驚くべき テクニック を 作り上げられる要因 が、
この釣場 に 存在するから だ。
e0033195_16435051.jpg
最大の利点 は
その “水”“浅さ"“面積” のもたらす 特徴 に ある。

地下120mからくみ上げている 地下水 は、
真冬でも 10℃前後の 適水温で 安定している。

この為、冬場に水温が低くなりすぎて、
「 変化の無い スローなだけ の リトリーブ と、
  派手で 目立つ フライカラー にしか 反応しなくなって しまう 」
といった事 が、 ココでは 起こらナイ。

そして 地下水 は、
湧水の中でも バツグンの透明度 を 誇る。

透明度が たかい と、
フライカラー は、 天気による 光量変化の影響 を モロに受け、
時間によっても 刻々と 変化する。

日に 3~5カラー を 使い分ける事 も ザラだ。

普通、 鱒は 太陽の光 を 嫌い、
少しでも 光の影響を受けにくい 深場へ 逃げて いってしまい、
「フライカラーを試せる条件」が 半減する事 に 成りかねない が、
ココでは 「深場」そのもの が 存在しない為、 その心配 は 要らない。

そのうえ、 「浅い」事 は
いわゆる 「フィッシングプレッシャー」 が モロに 掛かりやすい。

皆さんも、コンナ体験は無いだろうか?

フライの後 を 魚が追って 来ていて も、
リトリーブが 速すぎる と、
追い付けなく なって あきらめてしまう。

だから と 言って 遅い と、
フライが ニセモノだと 見破られがちになる し、
当然 止めてしまう と、 スウ-ッと 近づくが プイッと カンタンに 見切られる。

コレ は、
フィッシング プレッシャー の 掛かった魚ほど その傾向 が 強く なり、
コレ が、
やり方 ” さえ 間違わなければ、
「スピード」や 「ストローク」、 ポーズの「間」 など を 工夫して、
魚 が どうしても 本能的に 反応してしまう様な、
それこそ 世界中 どこでも通用する
“絶妙なリトリーブ・テクニック” の 基礎 を 生み出せる状況 を
作り出して いる。

おまけに それが、
水底まで クッキリ見通せる ズバ抜けた 地下水 特有の透明度のおかげ で、

まるで 水中カメラで 実況中継されているか のごとく、
手元の動き と 連動させること が でき、

『 “真実” の 扉 を 開ける 』 と 言われる様に、
「 想像していた事 と 違う 」 といった 勘違い が 決して起こらず、

実際の フライの動き と 魚の反応など を、
一部始終 を 手にとる様に 目の前で 徹底的に 試せる。
e0033195_1646339.jpg
そのうえ この 決して 「広い」 とは 言えない事 も 幸いする。

サイトで フライを確認できる のは
どんなに 遠くても せいぜい10m以内。

ところが、
ヘタに 「広さ」が有る と、 魚は、 キャストの届かない所 に 逃げ込み、
肝心の 見やすい手前のほう に 居なくなって しまう。

ココでは 「広くナイ」おかげ で
逃げ場 が 無く、 足元にまで 魚がビッチリだ。

実際に 魚が フライに どうアタックするの か?

その時 どれだけ 手元で 感じられる か?

引いている時 に 喰わせる方法 や、
アワセと リトリーブが 同時にできる
いわゆる ただの 「向うアワセ」 で なく、
意図的な “フックセット・リトリーブ” と 呼んでいる テクニック などなど、

総てに 於いての 検証 が、
まさに 目の前で 間違いナク 瞬時に行える点 で、
初心者にとっても、ベテランにとっても
欠かす事のできない管理釣り場である。

私を含めて 毎年 クリスマス島ツアー参加者 は、
必ず この 小山エリアスクール で、
手元の動き と フライの動き の “リンク” を 確実にしてから 出発している。

それをしないで来た人 と シャローフラットでの は 歴然。

普通、相当の腕前であっても
到着後2~3日は 最低でもかかってしまう
ボーンフィッシュを 見事に 誘い出し、 焦らせ、 シッカリと食い込ませる技 を、
シッカリと 事前に 習得してから 出発すれば、
クリスマス島ツアー 初日から カンタンに スグ実践出来る のダ。

---------------------------------------------------------

ココでのレクチャーの最大の特徴は、

① 「フライの動き」 や 「魚の反応」 など、
  普段 想像するしかなかった 水中での事 を、
  浅い水深と、特に透明度に優れた 地下水のおかげ で、
  実際に 目で見て サイトで 確認しながら、 瞬時に 確実に 実践できる事。

  水中における フライの動き と、 手元の動き の 連動=「リンク」 を、
  正確に サイトで 確認しながら 行え、
  フィッシングプレッシャーが掛かり易い条件の中 で あっても、
  魚が本能的に必ず反応してしまう様な
  スピード、 ストローク、 リズムなど、
  私が “ ベース・リトリーブ ” と呼んでいる
  リトリーブの基本 を 短時間で生み出せる。

② 更に、厳冬期であっても 適水温で安定して、 そのうえ 浅い為、
  フライカラーが 光量だけ の 影響を受けやすく、
  何処でも通用する 「 天候における フライカラー 」 の
  具体的で 明確な選択 が しやすく、
  短時間で 驚異的な テクニック を 習得できる。

ココでは、「 フライの 動き 」 や 「魚の反応」など の 一部始終を、
手元の動き と 連動させること ができ
「 想像していた事 と 違う 」といった 勘違い が 決して 起こらない。

しかも、手軽に 楽しみながら 出来るので、
特に 初心者には もってこい。

また、ベテランにとっても、
実際に 確認してない のに 「思い込んで」いる事 や、

頭に染み付いた 「 間違った 常識 」 によって、 “ 見えなくなった 眼 ” から
分厚く 何枚にも重なった 「うろこ」を落とせる 数少ない 絶好のチャンス。

今まで ココで 確認するまで
手元で演出している 自分のリトリーブ が、
思ったように 水中のフライ に 伝わって 自分の想像通り だった人 は、

今までに 10年以上前から 延べ 何百人 と、
この “ダイレクト”シンキング・スクール を やってきたが
 誰 一人 として まったく イナイ。

全て
「 フライは、 コウ動いているに 違いない 」 と
“思い込んでいた人”ばかり。

たとえ
フライ歴20年を超えるベテランであっても、
ただ 一人 の 例外も 無く である。

もちろん、
手元のライン を 50cm引けば、 フライ も 50cm動く のは、
物理的に不変のもの だが、

その 「動き方」 が、
まるで 皆さんが 想像し、 思っていた動き と まったく 違う ノダ。

さて、 この “思い込み” が ナゼ起こるのか?

そして、それこそが、
このシンキングラインを使った釣りの
全て の カギをにぎる 大前提 『基本にして“極意”』 に 成り得るのだ。

そもそもの “思い込み” が 起こってしまう 主な原因 は、

普通は「フライが見える澄んだ浅いところ」と言えば、
渓流の管理釣場等、
「流れ」のある、 つまり、「ラインに常にテンションがかかっている状態」で、
水深による 水圧や 反動といった要素 が 皆無な状態 で 見えている場合 しかない し、

しかも、 使用している フライライン が、
フローティング と シンキングライン では、
まるで フライの動き が 違ってしまう点 に 有る。

(キチンとした・着眼点・を持って検証するのが重要だが、)
まず、釣りを開始早々から水中でのフライの状態が、
思っていた・動き・とまるで違う事に驚き、
その あまりの違い に 戸惑う であろう。

手元で演出しているリトリーブの動き が
実際には 水中のフライに 全然伝わって おらず、

「 ロッド◎◎◎◎ の △ △ から の ▲ ▲ や
 ▽ ▽ など が 違う と、
 手元のリトリーブ が 同じ であっても、
 フライの動き が まったく 違ってしまい
  魚の反応が まるで 無くなる。」 といった具合。

もちろん、
コチラ側からの伝達 が そのレベル であれば、
当然 アチラ側から の 情報のほう は、
ソレ以下 なのは 言わずと知れた事。

そのうえ、たった10mも離れてない距離なのに
「魚が 20回以上も フライに喰いついている のに、
 手元には アタリどころか、 まったく 気配すら 感じられない。」 という現象も。

フライに激しく襲い掛かり、
  横に 50cm余り も フライがスッ飛んでいっても 同じ事。

フライを飲み込んで 何回も激しく ヘッドシェイクする魚 を 目前にして、
「手元には まったく アタリどころか、 気配すら 感じられない!!!」

「今までの“ア・タ・リ”って・・・」と、

巷に溢れる エキスパート(?)諸氏 に よって、
「フライにじゃれついて」 いたり、
「フライの 後端だけ を 齧っている」 のが
手元まで にも 来てる ダなんて、
恥ずかしくも 無く 語られている たわごと が、
(もちろん本人は、何の疑いも無くソウであろうと信じきって本気で語っていて)
いかに お粗末 で、 いい加減か も 思い知らされる。

雑誌等 の 巷に溢れる エキスパート諸君 の
「思い込み の たわごと」 に 耳を傾ける必要 は もう 無い。

一生、 この ・真実・ を 知らない方 が、
かえって 巷に溢れる 彼等の為でも あるかも・・・。

その瞬間 を 境に、
自分で 思い込んでいて、 信じてしまっていた事 が、
まったくの “ 思い 違い ” で、

自信を持って コレが 必殺技と思っていた テクニック等 が、
まったく 自分の 意図していた のと “別の意味” で 機能していたり、

まったく の “思い違い” や “勘違い” だと 気付き、
今まで 信じてきたこと が、 すべて 音を立てて 崩れて いく・・・。

これらが 通称 『小山・ショック』 と 呼ばれる
すべてに於いて の大前提の ベースとなる スクール 初回での経験。

『 “真実”の扉 を 開ける 』 こと だ。

コレでやっと、 自分の目で見て 実際に 確認したコト、
キチンとした ・真実・のみ を 信じるようになる。

今では、あらかじめ このような説明を たんまり受けていく のだが、
それでも あまりのショック に、 ベテランになればなるほど、
ふさぎこんでしまう人もいるほど の 衝撃 だ。

今まで勝手に信じきって、頑張っちゃってたコトとは言え、
すべてが ・無・になった 悲しみは 判らなくはナイが、
そんなに 落ち込まれると ・ ・ ・ オイオイ、 コレで ・終わり・じゃあナクて、
やっと ・スタート地点・ なんだが と、 何度 アドバイスしたこと か。

ココでは、 水底までクッキリ見通せる ズバ抜けた透明度と、
適水温で安定した 地下水のおかげ で、
「フライの動き」や 「魚の反応」などの 一部始終を、
手元の動き と 連動させること ができ
「想像していた事と違う」といった ・勘違い・ が 決して 起こらない。

例えば、手元の ロッドの握り方 や 手の位置ダケ で、
水中でのフライ は 「動き」さえも ガラッと変わってしまい、

それに 伴い、 たとえ 同じフライ を 使っていても、
魚の反応が 皆無に成ったりするコト も 数知れず 起きうる現象。

巷では、 時たま 「スレた魚には フライを引っ張らないほうがイイ」 ナンテ、
そんな 稚拙なレベル で
「リトリーブ」とやら を 語られているのには 笑止千万!

彼ら の 言うところ の、その 初歩 の 初歩、大前提でさえも
理解出来ない様な、 その 「リトリーブ」 とやら の、
そんな テクニック とも 呼べないようなレベル なら、

貧弱な手法 で ジタバタするより も 「何もしない」方 が、
「何かしちゃう」よりも、 まだ 少しは マシなだけ の オハナシ。

わざわざ、フライタックルなどを使わずに、「ウキ」でも使ったほうが、
よっぽど精度もマシになるのに・・・
フローティングラインで「ぶら下げたり」、

感度良く「中通しオモリ」で、ブッ込み 餌釣り でもすれば 良いのに、
シンキングラインで「ブッ込んだり」して、ボケッとカモを待つ・・・

テクニックが無ければ 無いヒトほど に、 効果的になるような方法 は、
ニュージーランドあたりの 田舎でも、
実態の如く「ブービー」と呼ばれていて、
レギュレーションによる規定で、フライタックルしか使えず、
使いたくとも、精度を上げる為の「ウキ」や「オモリ」が、規則で禁止されているから、
仕方なく ヤッてるにしか すぎない手法。

「メソッド」や 「テクニック」など とは 到底 言えず、
NZのキウイ達だって 中身が無い のを 理解して、
やたらとABCのアルファベットあたりを取って付けて着飾るのではナク、
キチンと
本質 を理解したうえでの 名称が 成され、「ブービー」と羞じているのダ。

今まで「エサ」と言ったら、生まれてからこのかた、
「動かないモノ」を 「拾い食い」した事しかない 放流直後の 養殖マス相手や、

不幸にも、 本質 を 見抜けず、 “本物”を知らない ニンゲンあたり を 騙す手法としては、
見事なばかりの ・お粗末さ・ に於いても 「お似合い」 で、
まさに お互い、 「丁度いい位のレベル」 なんだが、
釣りにしたって、欺くならば、知略に長けた 本質 王道 で欺くほうが、
ひっかかる相手の ・獲物・ も デカい。
詐欺だって、 仕掛けるレベルが 低ければ、 掛かる獲物 も 小物ばかり・・・。

カルト宗教集団の残党でもあるまいし、
プロパガンダ紛いの手法からも、もう、いいかげんに目を覚ましたほうが・・・。
まあ、悲しきかな、心理学の面からも言って、
なかなか一度 帰依 してしまうと難しいンだが・・・。

生まれた時から、動かないエサを拾い食いしてきた放流魚だって、
野に放たれて時が経つほどに、ただ単に「生きてゆく」為には、
さあ、どんな 状態 のエサを摂るのかな?
「動かない」ペレット でも、 誰か (さてダレでしょう?!) が 撒いてくれる のを 待ってたら、
早く来てくれなきゃァ) 何日かで死んじゃうヨ?

ならば、大物になってコンディションの良い魚ほど・・・、
 当然の結果 が クレオールの写真 や 動画 で 御覧の通り。
e0033195_16492088.jpg
「何もしない」のと、技術的にも 知識からも 「 何も 出来ない 」 のは、
言うまでもナク 大きな 違い 。

コノ釣り場の 「使い方」次第 で、
魚がどうしても本能的に反応してしまう様な、
それこそ 世界中どこでも通用する “ 絶妙な リトリーブ テクニック ” の 基礎 を、
実際に 目で 見て 手元の動き と 連動させ、 確認しながら 生み出せるノダ。

さて、『“真実”の扉を開ける』には、
その 「扉」 の 「 ドアノブの位置 」 も重要!???ナンテ話は、
・現場・に 来てからの お楽しみ!

<つづく> ※御覧のようにマッタクまとまってイマセンが、なんとかカタチにしていきマス!

----------------------------------------------------------------------
動画でテクニック等を知りたい方には、
まず、私がどんなレベルだか?コチラ→ 『テクニックの真髄』 をクリック!
特に英語の判る方には、コチラ→ アラスカ大ベテランガイドのつぶやき 現地の生の声を、
コメント欄と共に要チェック!『アラスカの釣り』や、『キング・サーモン』などの各種サーモン、
あるいは『スティールヘッド』のフライフィッシングに興味の有る方も必見!
----------------------------------------------------------------------
動画ブログ 「クレオール・THE・ムービー」 新規開設中!!!
↓コチラをクリック!
●フライフィッシング・動画ブログ・「クレオール・THE・ムービー」 http://creole1.exblog.jp/
-----------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------
フライショップ 『 CREOLE 』 
地下鉄 大江戸線 & つくばエクスプレス 新御徒町駅 A4出口より3分
〒111−0056 東京都台東区小島1−17−7 CREOLE(クレオール)
営業時間 平日15:30〜20:00 日祝〜18:30 水、木曜日定休、及び、
フライフィッシング・スクール、国内&海外フライフィッシングツアーによる不定休有り。
℡&Fax 03−3865−7567(16時〜)
[PR]

# by creole-2 | 2008-01-04 20:03 | 冬季 管理釣場での湖スクール | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 04日

№ 004. ダイレクトシンキングラインタクティクス “奇跡の管理釣場”ならやま沼 編

新しいブログ記事 は、 クレオール・フライフィッシング・ブログPART-1 を!
コチラ ↓ をクリック!
●クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1  http://creole.exblog.jp/i0
日々の新しい情報は、 ブログPART-1 を、更新していきます。

 まずは、『クレオール』については、
 コチラをクリック!→ クレオールについて「宗教との違い」http://creole.exblog.jp/i30

----------------------※<当ブログ・ページの見方>----------------------
 この 「クレオールフライフィッシング・ブログPART−2」 は、
 これから次々と 各種フライフィッシングスクール や、
 オリジナル・フライロッド や カスタム・グッズ などを始めとした
 取り扱い商品 の 総合カタログ的なラインナップ をするべく、
 ただいま思案&作製中!  今後も、このブログ・アドレスにもご期待下さい。)
 
※ ページ右側の 「カテゴリ」 から、
  興味のある分野をクリックし、スクロールして御覧下さい。
  (他、「カテゴリ」 から 「全体」 を クリック して、
   各ページ最下段右の <次のページ> をクリックしてゆくと、
   最新情報から過去へ全てのブログが順に表示されます。 もっとスゴイ内容も・・・)
---------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------

 注: 文中 の ×× △△ など の 伏字 に ついては、
    巷の えせスパート 向けの パクリ対策 ですので、お店にてドウゾ!)

ザ“ダイレクト”シンキングライン・タクティクス・スクール 
その-② 世界が見える “奇跡”の管理釣場  ならやま沼・スクール編

毎年、 11月 、 12月 、 1月 、 2月 の 冬季のみ に、
木曜日 や 週末、土、日曜日 を 中心に 月 2~4回 開催 。

都内近郊から 1時間余の アクセスの良い 、 栃木県の 手軽な「管理釣り場」 にて、
冬季 でも 適水温 で 安定して、 自生した 豊富な餌 まで 存在する
“特性” を 最大限に 活用する ことにより、

中禅寺湖 や 阿寒湖など の 国内 は もとより、
アラスカ の ステーィルヘッド や サーモン、
果て は クリスマス島のボーンフィッシュ など
海外での フライフィッシングに 至るまで!

総て の ベース と なる
シンキングライン の “基本” にして “極意” と 成る テクニック の うち、
特に 「フライ の カラーリング」 や 「リトリーブ」
 自然状況 に 合わせた 使い分け を、 短時間で 重点的に 理解出来る スクール。
         ---------------------------------------------------------
         ---------------------------------------------------------
e0033195_18163774.jpg
“ 奇跡 の 管理釣場 ” ならやま沼 は、
思川の 河川敷を 利用した 池 で、

地下から 湧水を ポンプアップしている為、
水温 が たいへん安定 して、
12月下旬 から 2月 に かけて の 厳冬期 で あっても
通常 9℃ ~ 14℃ も ある。

これは 驚くべき事 に、
6月のベストシーズン の 中禅寺湖など と 同水温 だ。

そのうえ、
元は 自然発生した 「三日月湖」の為 に、
水藻等 も 生い茂り、
ナント、 餌 と なる
スゴイ数 の 小魚 や 藻エビ まで 自生している。

一日 に 何度 も、
かけ上がり で 「ギラッ」と ヒラを打って 藻エビを 捕食するシーン や、
ベイトフィシュの群れ が 追われて 逃惑う姿 が 見られ、

こういった
まるで 自然湖と 見紛うばかりの好条件 が、
フライカラー や リトリーブ等、
自然湖を 攻略する上 での 重要な点 を 解明するカギ を 与えてくれる。
e0033195_18245019.jpg
そう、
たとえ オフシーズン の 真冬 で あっても、
ソノ 使い方 さえ 間違わなければ、

阿寒湖 や 中禅寺湖など を 攻略する上でも 重要な
「 自然湖 での ケーススタディー 」 が、
手軽に 身近で 体験できる ノダ。

ただ 単に 「 数多く 釣る事 」 を 求める なら、
フローティングライン に ウエットフライ や、
「浮き」でも 付けていれば 手っ取り早い し、
ペレット紛い の フライ で 「 入れ食い です! 」 と ヤルのも 悪くは無い が、

私 は 楽しみ ながら、
いろいろな 「 ココ で しか 出来ない事 」 を 試行錯誤して いる。

ココでは、
朝 8時 から 夕方 4時半まで しか 釣り が できない・・・
ナント!
「朝イチ」 と 「イブニング」 が デキナイ のだ!

夕方 ライズ が 始まって、 いよいよ これから・・・という時 に、
パチンコ屋 の 閉店時 の 如く 「蛍の光」のBGM が
ナレーション と 共に 流れ、

それでも
まだ 「 雨のようなライズ 」 に 後ろ髪をひかれて 釣り をしている と、
「もう 終わり だよ~。」 と おじさんに メガホンで 注意される。

これが イヤで 来なくなってしまうヒト も 数知れず 居るんじゃないか? と
心配してしまうほど の 不条理さ!

私 も はじめは 面食らった が、
たとえ 真っ昼間 で あっても、
自然湖で 通用する様な “正しい”アプローチ を していると、
やたらと 元気のイイ魚 の 反応が良い。
e0033195_1822327.jpg

そう、
かえって コレが、
安易な 朝夕の「闇討ち」のような方法 で 魚が 抜かれ にくく、
やる気のある コンディションの良い魚 が
残りやすい条件 を 作りだしている事 に 気付いた。

これは 釣場側が 意図的に 行っている訳では無い ので、
まあ、ウレシイ 副作用 とでも 言うところだが・・・。

さて、
コレも 手伝って、 特に 放流から 日数が経ち、
自然の釣場 と 同じように エサを捕りだした 適度にスレた魚 は、

当然 その 水質のおかげ で、
反応も ベストシーズンの自然湖等 と ほぼ 同じ状態 になり、

魚が 多い事も 手伝って、
シンキングライン における
リトリーブ の スピード や ストロークなど を 中心とした
「 最も 重要な部分 」 を 短時間で 検証しやすく、

たとえば
中禅寺湖 だったら それこそ 10年、
イヤ、 もしかすると 一生 懸かっても 解らないような事 が、
ものの 10分ほど で 次々 解って くる。

これは 特に 初心者 に とって、
その 肝心な “ 練習 方法 ” さえ 間違わなければ、
楽しみながら アッという間に 上達できる
正に、 願っても無い 好条件 なのだ。

また、 ベテラン に とっても、
頭に 染み付いた 「 間違った 常識 」 によって、
“ 見えなくなった 目 ” から、

分厚く 何枚にも 重なった 「うろこ」 を 落とせる
数少ない 絶好のチャンス だ。

他にも
特に、 時間によって 刻々と 変わり行く フライカラー も、
リトリーブ と ならんで
この釣場 で 最も 興味深い 探求 が できる部分 の ひとつ だ。

例えば、 朝 9時 に 試したフライ が、
全く アタリのひとつ も 無かったら、
皆さんは、
もう その日 は 二度と その フライ を 使う事 が 無いだろう。


ところが、ココでは、特に 或る 重要な 要因 が 存在する ので、
状況の変化 によって わずか2時間 も 経たないうち に
その フライ で 入れ食い に! イヤ それどころか、
その カラー に しか、 反応しなくなってしまう事 も あるのだ!
( 特に ソレは #12より フライサイズを 大きく すると、 ヨリ 明確に 違い が 出やすい。 )

モチロン ソレ は、 また 徐々に 効力を失い 、 新たに 他のカラー へと、
中禅寺湖 や 阿寒湖と 同じ様に 変化して 行く・・・。

組み合わされる リトリーブ の スピード や アクション も、
幾つかの 複合的な 自然条件に 影響され 変化して ゆく・・・。

管理釣場なのに、 これほど なのは 珍しい、
まるで アラスカのサーモン & スティールヘッド を 相手にしている様な
「 キチンとした 反応の違い 」 が 体験できる ノダ。

時には スレッドカラーの違い ダケ や、
同じ ボディカラー の フライ で あろうと、
ダビング材 に、 ある 2種類の素材 を 混入する か 、 しない か、 で さえも!
 天 と 地 の差 が 経験 出来る。

これらは 昼 を 境に、
いろいろな とりまく 自然条件 に ・変化・ が生じる 午後 からは、
特に 顕著に 現われる。
e0033195_16522550.jpg
更に 圧巻 は、
一日の 最後 の 夕方30分~1時間 が 凄い の一言!

5分 も しないウチ に、アッと言う間 に、 3 ~ 4 カラーの 変化 を、
やり方さえ間違わなければ、
何回か 通ううち には 必ず 体験できる。

そう、 そして そのうち ソレ が “何” によって 引き起こされている のか?
解ってくれば、
「カラーローテーション」 なる 当たりクジ を 引く様な方法 に 頼らなくても、

日本全国 は おろか 世界中 何処でも、 迷わず 解明して、
自然状況 に キチン と 対応した
言わば 至極アタリマエ の 出来事 として、
自分で メソッドを 組み立てて行ける様に 成って 行く。

皆さんも、 何処か の 釣場 で、 結構 反応が良かった のに、
突然 釣れなくなってしまった事 があ るだろう。

広大な 自然湖 では、
魚の 大幅な 場所の移動 や、 かなりの深場 に 潜って しまい、
本当に 魚が 手の届く範囲から 居なく なってしまう事 もあるが、
管理釣場 では 目の前 のソコに 居る。

よく「喰いが止まった」等 と、 ( 特に 、 周り も 同じレベル だと、 )
自分に 都合の良い、 言い訳 がましい表現 をして 諦めてしまう人 が 多い が、

実際 は、
水温、光量など、まったく 今は 気にもしていないであろう部分、
そう、
実は 最も キーとなっている のに、
一生 気が付きもせず に 終わりそうな部分 である
自然条件のうち の 何か が 変わり、

ソレ に よって、
今 使っている フライカラー や、 リトリーブ等に 反応が 無くなった ノダ。

それなのに、 「 今まで コレ で 釣れたから 」 と言う 理由 だけ で、
コチラ も フライカラー や リトリーブ等 を 変えなければ、
長~い一日のなか でも、 特定の時間
 ( 運良く その自然条件に 勝手に マッチした時 ) だけ しか 反応が無い のは 当然。

よく 「 × × には ○ ○ が 効く 」 等、
その 地元特有の 「 どこどこ の 何々には・・・ 」 と 言った事 が、
あたかも 秘中 の 秘 の 如く まことしやか に 囁かれている が、

私の分析によれば、
その季節 の 天候や 水温などの要素、
その魚種が好む 水深、 ポイントなど の 諸条件 で、
“効く理由” が 全て キチンと 成り立って いる。

現に、 オフシーズンには、このような 管理釣り場で行う、
『ザ・ “ダイレクト”』 シンキング ライン・タクティクス (DST) スクール を 受けた人達 が、
北海道の鮭釣り 等 で、
自ら 分析した 「 当たる と いわれないカラー 」 で
入れ食い に なった事 は 数知れず。

モチロン、
データを分析できない 「効くフライ」 だけに 頼った人達 が、
全然 反応が無く、 途方に暮れている中で だ。

阿寒湖 あたり でも、
肩触れるホド 隣り合わせた 周り は 一切 カスリもしない中 でも
「入れ食い」状態になる のは 毎年の事。

朝、全く カスリも せず、 アタリすら無かった フライ が、
昼 には 入れ食い に なったり、
リトリーブ も 一日中 同じパターン では ダメだったり、
といったこと が 何の不思議も無く、 アタリマエの事 として、
やり方 ひとつ で 「予想」まで できる様になる。

しかも 楽しみ ながら 驚くほど の 短時間のうちに・・・。

これが 無ければ 私自身、

「 中禅寺湖 や 阿寒湖 の トロフィー は おろか、
 アラスカ の スティールヘッド や サーモン を 攻略する 糸口を つかめただろうか?」 と

思わずには いられないほど 重要な 試行錯誤 が、

コノ 近郊の「管理釣り場」 で、
自然のフィールド の ベストシーズンと 同水温に成る
12月 から 2月末ごろ まで の 冬季のみ
「やり方」さえ 上手く すれば 手軽に デキル のだ。

タダ 単に「数を釣る」 ので あれば、 フローティングラインを使ったり、
「浮き釣り」でも していけば 「目標」は 達成できる だろうが、
“こだわる” のと、 “それしかできない” のは全く違うものだ。

シンキングライン でも、 ペレットもどきのフライ を 「 爆釣 必殺フライ 」 として
「 百匹 以上 ツレます! 」 ナンテ、 数を釣る事だけ に はしっても、
釣り堀以外 他では 通用しない し、
だいいち 私にとっては “おもしろく” 無い。

私のレクチャーを 周りから 遠目で 見ると、
受講者 が 次々と ガンガン釣りまくる。

まあ、やっかみ も あってか
「あんなに、 次々 釣り上げて 面白い のかヨ! 」 と
同じレベル で 観られてしまいがち だが、

フライ、 リトリーブ等 で “探求する事” を 楽しんでいる ノダ。
それを いろいろな項目で繰り返している のを 傍から観ると・・・。

 清水一郎 は それぞれの管理釣場 を、 それぞれの特性 を 発揮させ
「 明日 の たのしみの為 の 夢 を 育むフィールド 」 として 楽しく 使う。

この ならやま沼 には、 ココでしか出来ないコト も 有る 代わりに、
ココ では 出来ない事 も モチロン ある。

厳冬期でも 適水温で 安定している為に、
表層から 深くとも 水深1,5m以内付近 に しか、
魚の層 「タナ」 が 出来ない。

自然湖のフライフィッシング に 於ける攻略法 として、
水深2m~4m付近 の 「かけ上がり」へのアプローチ を 習得する には ダメである。

少なくとも、
サカナが 水深2m以上の深場 に 凝縮されて集まる様 に、
ある一定の水温 を 下回る 要素 と、
個々のポイントに よって、 つまり 特定の場所による ムラが出ない ような、
地形 によって 変化のない環境 でなければ 難しい。

ソレ には、 むしろ 12月中旬から ~ 2月中旬にかけて の
東名 御殿場IC 近く の 「東山湖FA」 や、
山梨県都留市 の 「フィッシュ・オン鹿留」あたりが最適!
むろん肝心なのはソノ やり方 次第 だが・・・。

<つづく> ※御覧のようにマッタクまとまってイマセンが、なんとかカタチにしていきマス!
----------------------------------------------------------------------
動画でテクニック等を知りたい方には、
まず、私がどんなレベルだか?コチラ→ 『テクニックの真髄』 をクリック!
特に英語の判る方には、コチラ→ アラスカ大ベテランガイドのつぶやき 現地の生の声を、
コメント欄と共に要チェック!『アラスカの釣り』や、『キング・サーモン』などの各種サーモン、
あるいは『スティールヘッド』のフライフィッシングに興味の有る方も必見!
----------------------------------------------------------------------
クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1 が、
 携帯からも、ラクラクアクセス可能に!   
●クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1 携帯用URL
http://mblog.excite.co.jp/user/creole/
 まで。

動画ブログ 「クレオール・THE・ムービー」 新規開設中!!!
↓コチラをクリック!
●フライフィッシング・動画ブログ・「クレオール・THE・ムービー」 http://creole1.exblog.jp/

携帯で、各動画を御覧になるには、
 http://dgmb.jp/search.jspx  のURLにアクセスして、
カタカナで、 「クレオール」 と検索してクダサイ。
-----------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------
フライショップ 『 CREOLE 』 
地下鉄 大江戸線 & つくばエクスプレス 新御徒町駅 A4出口より3分
〒111−0056 東京都台東区小島1−17−7 CREOLE(クレオール)
営業時間 平日15:30〜20:00 日祝〜18:30 水、木曜日定休、及び、
フライフィッシング・スクール、国内&海外フライフィッシングツアーによる不定休有り。
℡&Fax 03−3865−7567(16時〜)
[PR]

# by creole-2 | 2008-01-04 19:55 | 冬季 管理釣場での湖スクール | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 04日

№ 003. “ダイレクト”シンキングライン・タクティクス 小山・なら山ダブルヘッダー

新しいブログ記事 は、 クレオール・フライフィッシング・ブログPART-1 を!
コチラ ↓ をクリック!
●クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1  http://creole.exblog.jp/i0
日々の新しい情報は、 ブログPART-1 を、更新していきます。

 まずは、『クレオール』については、
 コチラをクリック!→ クレオールについて「宗教との違い」http://creole.exblog.jp/i30

----------------------※<当ブログ・ページの見方>----------------------
 この 「クレオールフライフィッシング・ブログPART−2」 は、
 これから次々と 各種フライフィッシングスクール や、
 オリジナル・フライロッド や カスタム・グッズ などを始めとした
 取り扱い商品 の 総合カタログ的なラインナップ をするべく、
 ただいま思案&作製中!  今後も、このブログ・アドレスにもご期待下さい。)
 
※ ページ右側の 「カテゴリ」 から、
  興味のある分野をクリックし、スクロールして御覧下さい。
  (他、「カテゴリ」 から 「全体」 を クリック して、
   各ページ最下段右の <次のページ> をクリックしてゆくと、
   最新情報から過去へ全てのブログが順に表示されます。 もっとスゴイ内容も・・・)
---------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------
 注:文中の××△△などの伏字については、
   巷の えせスパート 向けの パクリ対策 ですので、お店にてドウゾ!)

ザ“ダイレクトシンキングライン・タクティクス・スクール 
その-③ 小山・なら山・ダブルヘッダー・スクール編

一日に2場所の管理釣場を「はしご」して、十年分にも値する「一日」を!
ビギナーでも、アッと言う間に即効&確実に上達!
 

水、木曜日の平日を中心に、
毎年、11月、12月、1月、2月の冬季のみに、
月2~4回開催。

都内近郊からアクセスの良い栃木県小山市2つの管理釣り場の
それぞれの“特性”を最大限に活用して、午前、午後に分けてハシゴすることにより、
シンキングラインの『基本にして極意』と成る
中禅寺湖や阿寒湖などの国内はもとより、アラスカのステーィルヘッドやサーモン、
果てはクリスマス島のボーンフィッシュなど
海外でのフライフィッシングに至るまで通ずるテクニックを、
より短時間で、より解り易く、習得出来るスクール。

---------------------------------------------------------------------------

2009年 11月 より、
栃木県 小山市 の 「小山フィッシングエリア」 は、
営業を ・休止・ しておりますが、

さほど 離れてイナイ場所 で、
同じく、電車でもラクラク行ける
新たなる 湧水 の 釣り場 を 発見!!!

しかも、ココ は 更に 諸条件 が 良く、
夕方には、ライズだらけ に 成ってしまう ホド!

2010年度から、更にパワーアップされた
“真実”の扉を開ける』
スクールへと、進化してイマス!

---------------------------------------------------------------------------

         ---------------------------------------------------------
         ---------------------------------------------------------

オフシーズンの平日恒例、
午前中「小山エリア」、午後「ならやま沼」の、
通称「小山・なら山・ダブルヘッダー」が大好評なのには、
この両釣り場の『特性』が深くかかわっているのです。

両釣り場とも栃木県小山市の「思川」沿いに30分も離れず隣接していて、
コノ水源が豊富な「湧水」の「思川」という河川のおかげで、
流域の2つの釣り場に、その他モロモロ、まったくの・偶然・が重なり、
シンキングラインを使う釣りでの『・基本・にして“極意”』とも言うべき重要な部分に於いて、
初心者からベテランまで、誰でも最短時間で・実感・出来る驚くべき“効果”が!!!

ナゼわざわざ一日に2場所の管理釣場を「はしご」までするのか?と言うと、
そうするコトによって、それぞれの特性を生かして、
何十年かかろうが判らないような事が、たったの1日で解かってしまう!
まさに・奇跡・のような絶大なコラボレーション効果を生み出しマス。

         ---------------------------------------------------------
まずは午前中。太陽の照射角度なども考慮したうえに、
朝9時ごろからスタートするダブルヘッダー第一試合。
初心者からベテランまで『“真実”の扉を開ける』と言われる「小山エリア」では、
浅い水深と、特に透明度に優れた地下120mからの湧き水のおかげで、
「フライの動き」や「魚の反応」など、
普段想像するしかなかった水中での “真実” を、
実際に目で見てサイトで確認しながら ・確実・ に 実践 できるのです。
e0033195_1657389.jpg
手元の動きと水中におけるフライの動きの 連動=「リンク」 を正確にサイトで確認しながら行え、
しかも、地下水のおかげで、厳冬期であっても11℃前後(!)といった
驚異的な適水温で安定している為に、(コレはある一定の水温以下だとマッタク駄目ナンデス!)
中禅寺湖や阿寒湖などの自然湖で、野性味あふれる魚を攻略する時にも必要不可欠となる
フィッシングプレッシャーが掛かり易い条件の中であっても、
魚が本能的に必ず反応してしまう様なスピード、ストローク、リズムなど、
私が“ベースリトリーブ”と呼んでいるリトリーブの基本を、
決して間違いの無い様に、視認しながら「最短かつ確実に」生み出せます!

毎回、参加者からは、「魚が20回以上もフライに喰いついているのに、
手元にはアタリどころか、まったく気配すら感じられない。」ナド驚愕の出来事や、

手元で演出しているリトリーブの動きが実際には水中のフライに全然伝わっておらず、
自分が思っている・手元の動き・を始めとした部分とは、まったく別の点を注意しない限り、
「ロッド◎◎◎◎の△△や▽▽が違うと、手元のリトリーブの動きが同じであっても、
フライの動きがまったく違ってしまい魚の反応がまるで無くなる。」などなど、

今まで何十年かかろうが判らなかった事実のみが、
「やり方」次第で、スタートから一時間もしないうちに浮き彫りにされてイキマス。

まあ、コレが独りで同じ釣り場に何十年足しげく通おうが、
決して見つけ出せ無い、リピーターの方々が評する『独自のカリキュラム』。
いわゆる“ノウハウ”なのですが、
これらは、いくら文章や口頭で説明しても伝わらない“現場”でのみ鮮明になる真実。

受講者の皆さんが驚かれて、
  「スグ隣で、他の参加者に対するスクールを見ていても、
   自分の番が来てアドバイスを受け、説明されるまでは、
   『いったい何をやっているのか?』すら判らなかった。」
と決まって言われるのですが、キチンとしたアドバイス抜きでは、
不幸な事に、スグ隣で見ていても「何をやってるのか?」すらも、まったく理解出来ないでしょう。

さて、こう言った事も、すべて白日の下に晒されるのは、
主に透明度に優れた地下120mからの湧き水のおかげですが、
コレは単に、水が澄んでいるだけでは ×ダメ 。
低水温では ×ダメ 、流れがあっては ×ダメ 、
むろん良く「視る」為には、水深が1m以上有っては ×ダメ 、
距離にすれば手前7m以内でなければ難しく、広くては ×ダメ 、
つまり複合条件が見事なぐらいに合致しなければ、
そして、当然ですが、
太陽の照射角度が朝9時ごろから午後2時半ぐらいまでしか、
到底実現不可能なのです。
e0033195_16593439.jpg
さて、長々と書いてきましたが、要は、午前中に水中と手元の動きを合わせて、
イメージ通りに手元と実際のフライの動きを「間違いなく」リンク≒連動させておくのです。
単純に言うと、効果的な「釣れる」リトリーブの実際の動きと手元の連動を、
日照の問題からも、特に「よく視える」午前中いっぱいで、
しっかりとイメージ通りに身体に覚え込ませるのです。
         ---------------------------------------------------------
そして、午後からは、
午前中にしっかりとイメージ通りに身体に覚え込ませた効果的な「釣れる」リトリーブを持って、
短時間で驚異的なテクニックを習得できる“奇跡の管理釣場”「なら山沼」へ。

ココは、厳冬期であっても適水温で安定して、
なおかつ、ベイトフィッシュや藻エビなどの餌まで自生している為、
フライカラーが光量などの自然状況の影響を受けやすく、特に午後からは、
何処でも通用する「天候におけるフライカラー」の具体的で明確な選択が学べマス。

或る理由が有って・・・特に夕方終了間際1時間ぐらいの
なら山沼の 『フライカラーの変化』 は 凄いンです。

「なら山沼」では、その水質のおかげで、
悪天候でも魚はヤル気満々、ライズはゴボゴボ!なのですが、
ところがっ!チョットでもフライカラーが違うと・・・
とにかくまるで、阿寒湖やアラスカで体験する様な、
天候等『諸条件による明確なヒットフライカラーの変化』が、
そう、ヒットするフライカラーが、ハッキリとめまぐるしく移り変わって行くのデス。
e0033195_1722576.jpg
「ハズレ」ていると、20回ほどキャスト&リトリーブを繰り返しても、
もちろん何の反応もありません。「アタル」どころか、「カスリ」もしない!

ところが!「アタり・カラー」となると、
リトリーブ中に5,6回もひったくる様なアタリの連続で、も~「スゴイ」の一言!
その周辺のいわゆる“似かよったカラー”にも、そこそこ反応が有るのですが、
「アタリ・カラー」のフライは明らかに段違いの“凄さ”!!

しかもそれが、「日差し」や「雲」、「水温」や「風」等の諸条件の変化で、
早い時には30分もしないうちに、うつり変わっていってしまい、
今度は1,2時間前に試したが、カスリもしなかったカラーが入れ食いに・・・。

フライカラーの「読み」ができる人には、“面白すぎる。”
「できない」人には、“頭をかかえる”状況。


しかも、・・・ナント!!『明確なヒットフライカラーの変化』だけで、
“頭をかかえる”状況に成ってる場合じゃあアリマセン。
ソレだけで悩んでるナク、
『諸条件による明確なリトリーブの変化』さえも、しっかり体験出来るのです。

ココで午前中にやった
 手元 と 実際のフライの動き を、 リンク≒連動させておいた事 が、
おおいに役に立ってきます。

まさに、「間違える事無く」イメージ通り(ホントを言うとソレに近く・・・)に、
フライを動かせるコトは、「リトリーブ」を語るうえでも、すべてに於いての大前提。
 
言葉で言うとカンタンそうに聞こえますが、コレがかなり難しく、コノ私でさえも、
毎年、冬のシーズン初めに最低でも2~3回は「小山エリア」に足を運ばないと、
なかなかドンピシャにはイキません。

本人は「ストローク」を意識しているつもりでも、
実は「間(ま)」や、「スピード」などゼンゼン別の部分が、
偶然にハマったモノが、「テクニック」とやらで、偶発的に効を奏して釣れているナンテ話は、
よく有るどころか、それこそエキスパートなんて方々でも、悲しいコトにほとんどがソレ!

それらは、その根本的な原理さえ意識できれば、
ストライクの種類や、それこそフックの掛かり処などからも、
判別出来るようにも成っていきますが、

着眼している「動き」よりも、「沈ませない」のが重要であったり、
はたまた正に正反対の「浮かせない」のが重要であったり、
「動いてる」と思い込んでいるが、
実は干渉が無く「たるみを取る」ダケなのが効果的な時も有って、

残念な事に、ほとんどの方は、
フライの動きを、実際に潜って見た事の有る、水中撮影ナドの経験者以外は、
フライがコウ動いていると「思い込んでる」ダケなのです。

それが午前中に小山エリアで、
 手元と実際のフライの動きを リンク≒連動させておいた事 で、
テクニックを取得する以前の段階で、
最悪の障害となる 間違った「思い込み」を発生させず 未然に防げるのです。

例えば、手元のロッドの握り方や手の位置ダケで、
水中でのフライは「動き」さえもガラッと変わってしまい、
それに伴い、同じフライを使っていても、
魚の反応が皆無に成ったりするコトも、数知れず起きうる現象。

なかには「スレた魚にはフライを引っ張らないほうがイイ」ナンテ、
そんな稚拙なレベルで「リトリーブ」とやらを語っているハナシもあって笑止千万!

そりゃあ、その初歩の初歩、大前提でさえも、理解出来ない様な、
彼らの言うところの貧弱な「リトリーブ」とやらの、
テクニックとも呼べないような手法でジタバタするよりも、

そんなレベルなら「何もしない」方が、
かえって「何かしちゃう」よりも、まだ少しはマシなだけ。

ヘタな小細工で、何とかジタバタするぐらいなら、
「ウキ」でも使ったほうがよっぽど精度もマシに成るのに・・・
フローティングラインで「ぶら下げたり」、
わざわざ、フライタックルなどを使わず、
「中通しオモリ」で感度良くブッ込み餌釣りすれば良いのに、
シンキングラインで「ブッ込んだり」して、カモを待った方が・・・

今まで「エサ」と言ったら、生まれてからこのかた「動かないモノ」を、
「拾い食い」した事しかないレベルの、放流から間もない養殖マスや、
不幸にも、本質を見抜けず“本物”を知らないニンゲンあたりを騙す手法としては、
見事なばかりの・お粗末さ・に於いても「お似合い」で、
まさにお互い、「丁度いい位のレベル」なんだが・・・

テクニックが無ければ無いヒトほどに、効果的になるような方法は、
「メソッド」や「テクニック」などとは到底言えず、
ニュージーランドあたりの田舎でも、実態の如く「ブービー」と呼ばれていて、
キチンと本質を理解したうえでの名称が成されてる様に、
ソノ手法は、他にやる手段が無い時の為の、
仕方なくヤル「姑息で能が無い方法」としての表現が妥当で、
何も出来ないで、ただ待ちぼうけるしか能が無いやり方は、
テクニックやメソッドとは、一線を引くシッカリとした・区別・が必要であろう。

姑息でブービーな手法を「テクニック」とは言わないのは、
レギュレーションによる規定で、フライタックルしか使えず、
使いたくとも精度を上げる為のウキやオモリが禁止されているからにしかなく、
NZのキウイ達も理解して、中身が無いのを、
やたらとABCのアルファベットあたりを取って付けて着飾ったりせずに、
「ブービー」と羞じているのダ。

ソノ証拠に「フライフィッシング」どころか、「釣り」の自体にさえも不慣れで、
技術も未熟なゲストに、ガイドが 仕方なく薦めるやり方 で、
「アングラーの技術が無ければ、無いほどに効果的な手法」 であって、
地元のガイドから薦められたら、よっぽど「ナメられた」か、
絶望的な状況だと判断するに値する。

「何もしない」のと、
技術的にも、知識からも「何も出来ない」のは、
言うまでもナク大きな違い。


そうそう、生まれた時から養殖され、「動かない」エサを拾い食いしてきた放流魚も、
野に放たれて時が経つほどに、 ただ単に「生きてゆく」為にも、
さあ、どんな 状態 のエサを摂るのかな?
「動かない」ペレットでも、誰かが撒いてくれるのを待ってたら、
(早く来てくれなきゃァ) 何日かで死んじゃうヨ?

・・・ならば、大物になってコンディションの良い魚ほど、
何か「動く」モノを何回も食べて、ドンドン生き長らえてイクんじゃあないの?
つまり、コチラの演出出来る 「動き」 が、ドンピシャな程、
より、コンディションが良くて、より、長生きしてる≒おおきな 個体が・・・
当然の結果がクレオールの写真や動画で御覧の通り。

欺くならば、知略に長けた 本質 王道 で欺くほうが、 ・獲物・ も デカい。
詐欺のレベルが低ければ、掛かる獲物も小物ばかり・・・。
カルト宗教集団の残党でもあるまいし、
プロパガンダ紛いの手法からも、もう、いいかげんに目を覚ましたほうが・・・。
まあ、悲しきかな、心理学の面からも言って、
なかなか一度 帰依 してしまうと難しいンだが・・・。

むろん、目を覚ませるような 体験 をスルのも、 肝心なのは 「やり方」 次第。
「リトリーブ」って部分に関してだって、はたして、
「手元の動き」ダケをマネたぐらいで、「同じように」ヤッテルかな?

だから、 “真実” は 現場 でしか 伝わらないノダ。

<つづく> ※御覧のようにマッタクまとまってイマセンが、なんとかカタチにしていきマス!
----------------------------------------------------------------------
動画でテクニック等を知りたい方には、
まず、私がどんなレベルだか?コチラ→ 『テクニックの真髄』 をクリック!
特に英語の判る方には、コチラ→ アラスカ大ベテランガイドのつぶやき 現地の生の声を、
コメント欄と共に要チェック!『アラスカの釣り』や、『キング・サーモン』などの各種サーモン、
あるいは『スティールヘッド』のフライフィッシングに興味の有る方も必見!
----------------------------------------------------------------------
クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1 が、
 携帯からも、ラクラクアクセス可能に!   
●クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1 携帯用URL
http://mblog.excite.co.jp/user/creole/
 まで。

動画ブログ 「クレオール・THE・ムービー」 新規開設中!!!
↓コチラをクリック!
●フライフィッシング・動画ブログ・「クレオール・THE・ムービー」 http://creole1.exblog.jp/

携帯で、各動画を御覧になるには、
 http://dgmb.jp/search.jspx  のURLにアクセスして、
カタカナで、 「クレオール」 と検索してクダサイ。
----------------------------------------------------------------------
当スクール参加者からの、実際の  最新の感想  は、
             このスグ右下の コメントに Comments をクリック ↓

[PR]

# by creole-2 | 2008-01-04 19:28 | 冬季 管理釣場での湖スクール | Trackback | Comments(6)
2008年 01月 04日

№ 002. ダビング材 『クレオール ダブ』 について。

新しいブログ記事 は、 クレオール・フライフィッシング・ブログPART-1 を!
コチラ ↓ をクリック!
●クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1  http://creole.exblog.jp/i0
日々の新しい情報は、 ブログPART-1 を、更新していきます。

 まずは、『クレオール』については、
 コチラをクリック!→ クレオールについて「宗教との違い」http://creole.exblog.jp/i30

----------------------※<当ブログ・ページの見方>----------------------
 この 「クレオールフライフィッシング・ブログPART−2」 は、
 これから次々と 各種フライフィッシングスクール や、
 オリジナル・フライロッド や カスタム・グッズ などを始めとした
 取り扱い商品 の 総合カタログ的なラインナップ をするべく、
 ただいま思案&作製中!  今後も、このブログ・アドレスにもご期待下さい。)
 
※ ページ右側の 「カテゴリ」 から、
  興味のある分野をクリックし、スクロールして御覧下さい。
  (他、「カテゴリ」 から 「全体」 を クリック して、
   各ページ最下段右の <次のページ> をクリックしてゆくと、
   最新情報から過去へ全てのブログが順に表示されます。 もっとスゴイ内容も・・・)
---------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------
                 (注:文中の××△△などの伏字については、お店にてドウゾ!)
   クレオール・ダブ について。

他のダビング材と比べて「同じ」(?)ように見えるカラーでも、
野性味溢れる大物ほど、驚異的な反応を示す!

管理釣り場を始め、芦ノ湖や丸沼から、阿寒湖、中禅寺湖、などの湖から、
忍野、千曲川、たかはら蒲田川、鬼怒川、を筆頭とする日本全国の渓流はモチロンのこと、
そして、アラスカのスティールヘッドやサーモンまで、海外でも!
とにかく、サケ・マス類であれば、どんな魚種であっても、バツグンに “釣れる”要素 を、
厳選に厳選を重ねて盛り込んだ大好評のダビング材です。

ところで、はたして “釣れる”マテリアル要素 とは?

例えば、いにしえより“釣れる”と言われていたマテリアル「シールズファー」などは、
この素材のもつ “××構造による△△効果” などが、100年以上前の英国でも、
かのアーネスト・クロスフィールドなどによっても提唱されて、
今さら語るまでも無いとは思いますが、
一方では、素材の持つ 硬さ によっての、ダビングのしにくさや “動き” は、
昔ならともかく、さまざまな最新素材が有る今となっては、
決して満足のいくどころか、むしろ、足をひっぱるとも言える デメリット として、
払拭したい点でしかアリマセン。

そこで、既存のナチュラル&シンセティック各マテリアルが
個々に持っている 魚を惹きつけてやまないその各特徴を、
より増幅させ、改良する為に、
ナチュラルや、最新シンセティクを含めて、
ひと素材ごとに個別に厳選した5~9種類を、
可視光線以外の反射率なども考慮したうえで
厳密に色ごとに配合率を変え、丁寧にブレンドした後に、
妥協する事無く、20年以上も前から国内のみならず、
世界各地の現場で実際に試行錯誤を重ねました。


ナチュラル素材に於ける繊維が粗い、いわゆる「ガードヘヤー」の部分は、
動きが悪いうえに透過効果もまったく期待出来ませんが、
単に「ガサを増やす」つまり水増しをして、見た目の量を増やすには最適です。

大半を占める余分な部分を取り除けば、
見た目も少なくなって、ボリューム感を失い、
それこそ分量は十分の一以下の「ホンの少し」にも成ってしまうのですが、
ソレを丁寧にキチンとすればするほど、
繊維がフワフワで細く柔らかい部分のみが厳選されて、
当然、動きが良く、透過効果も上がるのです。

ラビットにしてもフォックスにしても、最も効果的な良質な部分のみを残して、
粗い余分な部分ダケを取り除くには、膨大な手間と細心の注意を要しますが、
何をドウすれば良くなるのか?を、知りすぎているダケに・・・ヤルしかありません。
やるべき事をキチンとすれば、ソノ効果は当然の・結果・としても、シッカリと出て来るのです。

出来上がりには絶対の自信が有りますし、品質管理を万全にする為にも、
隅々まですべて透過してのチェックが可能なように、
細心の注意を払い、薄い状態でパッケージされていて、
不純物が混ざっていたりすれば、誰でも一目瞭然。

今現在も 進化 中!弛むこと無く、常に改良を重ねています。
ソノ絶大なる効果のほどは、写真や動画でも御覧の通りです。

こうした・当然・の事に、十二分過ぎるほどの・手間・をかけて、
しっかりした「仕事」の末に出来上がった、
言わば、我が家の『秘伝』の クレオール・ダブ のレシピはむろん門外不出。

しかしながら巷に溢れる、やれ「キラメキが有る」から「良く動く」から“釣れる”などの、
そもそもなぜ?それがナゼ?“釣れる”要素と成り得るのか?の部分からして、
言及していくと、根本的な理由さえもが説明出来ずに、
偶発的な経験則ダケの出来事でしかナク、
根拠無き “釣れる” と成ってしまうのとは違って、
まったく発想のスタート部分からも、一線を引いているのを御理解頂く為に、
まともな観点からの話をチョッとダケ・・・

例えば、「シルエット」を一番強調できるカラーには、
曲面よりも平面の素材で可視光を反射させて、より際立たせた方が、
その・着眼点・からの原理を鑑みると、科学的にも、更に効果的にアピール可能なのでは?

だから、重要な着眼点に気付かない人からは、
外見的には、 鮮やかさ あたりがなんとなく感じが違うかな?位に、
一見するとまったく変わりが無い様に視えても、
「同じ『黒』なのにまったく釣れ方が違う」ナンテ現象も起こります。

むろん、では各カラーについて「透過」や「反射」の部分に於いては、
個別に何をドウするか?も、言うまでも無く明確で、
当然のことながら、しっかりと効果的な事をやっていれば、
結果は・・・驚異的な実績は、むしろアタリマエの出来事なのです。

そのような至極まともな・科学的・なエビデンスと言うよりも、
・理科・のレベルで考えたって「あたりまえ」の部分の話なのですが、
巷では、フライの専門誌でさえも、カタチや色だけの表面的な部分のみを捉えて、
さも意を得たように「何々に似ているから釣れる」とか、
ド素人に毛が生えたレベルのハナシがかっ歩して、
肝心な ▲▲や▽▽の部分 では、一切語られてもいないのは、まったく残念な事。

よく、日本では「鮭には赤が効く」等と言われ、
その地元特有の「どこどこのなになにには・・・」と言った事が、
あたかも秘中の秘の如く、まことしやかに囁かれてイマスが、
私から見れば、その季節の天候や水温などの要素、
その魚種が好む水深、ポイントなどの諸条件で
“効く理由”が全てキチンと成り立っているのです。

現に、このブログでもお馴染みの
『“ダイレクト”・シンキングライン・タクティクス』のレクチャーを受けた人達が、
国内でも、北海道の鮭釣り等で、自ら分析したフライで入れ食いになった事は数知れず、
当然、「釣れるフライ」に全然反応が無く、他の人達が途方に暮れているなかでの話。

そう、「釣れるフライ」というのは、その時期の複合的な自然状況が生み出しているもので、
ソレがなぜか?が解っていれば、「カラーローテーション」や、
「このまえ釣れたから」なんていう理由や、
巷に溢れる「間違った情報」に踊らされる事無く、迷わず自分で「フライ」のみならず、
「リトリーブ」なども含めて組み立ててゆける様になっていけます。

「何色が効く、コレが効く、云々」というのは、
水産学の研究や実験などの学術的な見解からも明白なように、
その個々の魚や魚種自体にではなく、
その対象となる魚をとりまく 自然条件 にこそ、左右されているのです。

そういえば、クレオールダブは、今では何十種類のカラーにまでなりましたが、
始めは冠カラーである「クレオールオリーブ」のみでした。

今でもまず初めは、ココ一番で絶対の信頼と実績を誇る一色のみ、
オールラウンド「クレオールオリーブ」さえ用意すれば、とりあえずOK!
そして、続いて揃えるならば、まずは、オリーブ系3色が入門用には最適で、
使用する時期や場所によって、他にも2~3色を足せば、
一応は、ある程度の幅広い 自然条件 にも対処可能となっていきます。

ひとくちに「オリーブ」と言っても、微妙なカラーの違いが有って、各人によって異なります。
ですから、間違いの無いように、№#14「クレオール・オリーブ」といった感じで、
名称のアタマに「カラーナンバー」を付けて、組み合わせるマラブーや、
より効果的に演出出来るアンダーボディ材などにも、
総て 適合カラー№ を表示して、誰でも キチンと適応させて の 組み合わせ が、
可能な状態で表示販売されています。

<つづく>

----------------------------------------------------------------------
動画でテクニック等を知りたい方には、
まず、私がどんなレベルだか?コチラ→ 『テクニックの真髄』 をクリック!
特に英語の判る方には、コチラ→ アラスカ大ベテランガイドのつぶやき 現地の生の声を、
コメント欄と共に要チェック!『アラスカの釣り』や、『キング・サーモン』などの各種サーモン、
あるいは『スティールヘッド』のフライフィッシングに興味の有る方も必見!
----------------------------------------------------------------------
クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1 が、
 携帯からも、ラクラクアクセス可能に!   
●クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1 携帯用URL
http://mblog.excite.co.jp/user/creole/
 まで。

動画ブログ 「クレオール・THE・ムービー」 新規開設中!!!
↓コチラをクリック!
●フライフィッシング・動画ブログ・「クレオール・THE・ムービー」 http://creole1.exblog.jp/

携帯で、各動画を御覧になるには、
 http://dgmb.jp/search.jspx  のURLにアクセスして、
カタカナで、 「クレオール」 と検索してクダサイ。
-----------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------
フライショップ 『 CREOLE 』 
地下鉄 大江戸線 & つくばエクスプレス 新御徒町駅 A4出口より3分
〒111−0056 東京都台東区小島1−17−7 CREOLE(クレオール)
営業時間 平日15:30〜20:00 日祝〜18:30 水、木曜日定休、及び、
フライフィッシング・スクール、国内&海外フライフィッシングツアーによる不定休有り。
℡&Fax 03−3865−7567(16時〜)
[PR]

# by creole-2 | 2008-01-04 19:16 | “究極”の ダビング材 | Trackback | Comments(0)
2007年 12月 10日

難しい 秋の湖 を、完全攻略!大物を釣る 『とある湖』フライフィッシング・スクールの感想メール。

----------------------※<当ブログ・ページの見方>----------------------
 この 「クレオールフライフィッシング・ブログPART−2」 は、
 これから次々と 各種フライフィッシングスクール や、
 オリジナル・フライロッド や カスタム・グッズ などを始めとした
 取り扱い商品 の 総合カタログ的なラインナップ をするべく、
 ただいま思案&作製中!  今後も、このブログ・アドレスにもご期待下さい。)
 
※ ページ右側の 「カテゴリ」 から、
  興味のある分野をクリックし、スクロールして御覧下さい。
  (他、「カテゴリ」 から 「全体」 を クリック して、
   各ページ最下段右の <次のページ> をクリックしてゆくと、
   最新情報から過去へ全てのブログが順に表示されます。 もっとスゴイ内容も・・・)
---------------------------------------------------------------------------
新しいブログ記事 は、 クレオール・フライフィッシング・ブログPART-1 を!
コチラ ↓ をクリック!
●クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1  http://creole.exblog.jp/i0
日々の新しい情報は、 ブログPART-1 を、更新 して いきます。
---------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------
すいています!
a0020109_17521221.jpg
きのう12/14(木)に、栃木県は、ご存知『とある湖』で、
『ザ・“ダイレクト”・シンキング』ボート編スクールを開催したのですが、
私たち以外のボートは僅か1隻!

このところ平日でもボートが出払ってしまうホド混んでいたのですが、
一般の方々では、フライフィッシングではモチロンの事、
ルアーやエサ釣りと言えども、
なかなか釣れナクなって来ましたコト が 幸い しているのでしょう。

コレならば、
明日の土曜日も含めて、(むろん、平日が断然オススメなのですが、)
来週末23(土)祝にも、スクール開催が可能と成りそうデス。

さて、肝心の「釣り」のほうですが・・・


10時過ぎからの 正味 4時間程のあいだ 、
60cmオーバー を 含めて、
スクール参加者の中村さん に 掛かった 50cm前後 の 大物ダケ でも 6匹!
a0020109_17473720.jpg
私もハリ掛かりした40センチ以下の魚 は
一日 で たった 2匹ダケ で、

他 すべてが 50cmオーバー!

ポイントを探す為 の 『 “攻め” の ハーリング 』 の際 でも、
フライロッド が ボート後方まで スッ飛んでいってしまう ほど の、
キョーレツな ストライクの連続 でしたから、

アタックしてきた大物 は、
各自、10匹を かる~く 越える と言った 状況 なのです。
a0020109_17481848.jpg
ところで、ソンナ状況なのに、
私たち以外 は、
なぜ? まったくと言って良いぐらい 釣れない のか? と、 言います と、

ソコには やはり、キチンとした 理由 が 有るの デス。

その事 を 証明するかのような出来事 が、 きのう も 目白押し!

たとえば、 フライパターン は おろか、カラー どころ か、
スレッドカラーの違い だけ でも かなりの差 が 有りました し、

ライン番手 でも、 5番 と 6番 のよう に、 たった 1番手しか 違わない のに、
○ 番 の ロッド の 方に しか 大物が 掛からなかったり、

シンクレート も タイプ× のみ に アタリが 連続!

ソレよりも 浅い のは モチロンですが、
深く ても マッタク 反応が 無い のです。

 ( まだまだ ハナシは 続けたい のですが、
  あす も 『とある湖』で スクールです ので、 きょうは ココまで。
  早くも きのうのスクール感想 が メールされて 来ましたので、 早速 ご紹介 を。)

 ↓ ↓ ・ [ スクール 参加者からの 感想 メール ] ↓ ↓

         ------------------------------
         ------------------------------


どもども、清水さん。横浜の中村です。

シャープになられた清水さんの分まで、
体重が 増えつつあったりして(ひえーーーー)

昨日の「とある湖」でのスクールありがとうございました。

昨年の 今頃 、
昨今の あまりの 釣れなさっぷり に、 個人のスキル の 限界を 感じ、
初めて クレオール の 門を たたき、
無謀にも 初めて 挑戦した湖 が、 この 「とある湖」 でした。

昨年 の レクチャーは
「??????」だらけ でしたし、

本音を 言えば
「もっと教えてよう、清水さん。
自分だけ ビカビカの レインボー釣って
楽しんでいる場合じゃないんじゃ無いの?」
 「せっかく スクール出ても、
   おれだけ は、 大物 が 釣れなかった し、
   今回 いったい 何 を 習ったんだろう???」 と いう
帰り道だった 記憶が 昨日のことのようです。

行き帰り の 車中でのレクチャー や、

色々な 組み合わせ の結果による釣果 といった
 「 奥 深さ」 ゆえ を 伝えてくれても
 「何故?」が わからないと、実践できない であろう。

正に、
 その日 その日 の 状況に的確に対応する為 に、

たまたま起こっていた 当日の 特有の現象 を
垣間 見た スクール で あったこと に 気付くのに、

更に
数回のスクール が 必要でした。
( 浅はか だったなー。
  でも 「こうなったら 分かるまで 通おう。」 と 決めなかったら、
  もしかしたら 早々に あきらめていた かも・・・・ )

ようやく 1年かけて、 各種スクール に 出て、
その日 の ケーススタディー の 積み重ね で、
自分の中の 引き出し を 経験 として、
「 何故なのか? 」 の 答え を 貯めていく スクールの 楽しさ を、
実感 できるように なりました。
( 時間かかったなー。 できの悪い 生徒 で 申し訳ありません。 )

昨日も、 棚 、 気象 、 水温 による 。 フライカラーの選択 から、
秋の湖 の ポイント
( 特に ドン深湖 に おける、 岸からの距離感 や、 地形による ポイント選定 の 理由 )
岸に 当たった △△△の読み と、
● による ポイント選定のレクチャー を 学びました。

ようやく、
机上では 分からない 現場 に 答え のある スクールの楽しさ、

そこで 自分にも 少しは、
( 本当に ほんの一部 ですが ) 分かるようになった 嬉しさ。

「 何故、 それをするのか 」 が、 スクールのたび に、
引き出し を 増やして くれていること を 実感できました。
その 結果 が、 昨日の釣果 だと 思っています。

清水さん に ストライクの数 は はるかに 及ばない もの(当たり前ですが・・・)の 、
かけた魚 は
全てが 野生を 取り戻した ビカビカ、 ピンシャンのレインボー 
その 全て が
 50cm up(最大は60up) 
もう 今でも 思い出して ニタニタして しまいます。
a0020109_19561459.jpg
当たりは、全てが ドカン! で、
 その瞬間に ゴクン、ゴクン と首振って、
横に走るわ、 ジャンプするわ で、 楽しいこと この上なし 。

イヤー 本当に 大型は 春以来、
しかも、 こんなにも そろえたのは 4年ぶりぐらい です。

しかし、
棚を 外すと 当たりも なし。

カラーの選定 も 外す と 当たり も なし。

スレッドの色 に ○ ○ ○ が 入るだけ で、 ストライクの反応 が 雲泥の差。

ダンカンループ が ▽ ▽ ▽ いる だけ で、 あたり が 消える。

この シビアな状況 は、
全て が 揃って、 初めて できる釣果 で あること。

それを 一つ でも 怠る と、
とたんに、 厳しい結果 が まっていること。

ほんの少し の の 積み重ね が、
偶然 ではない 結果 を 出してくれる
この 現実に 気付いた 貴重なスクール でした。

えさ釣り も 殆ど 釣れてない し、
(たまに竿は曲がるのですが、
型は小さいし、竿6本も出してたぶん1ケタ台の釣果)
ルアーの人 に いたっては 当たりもない中 、
私たち だけ が 大型 連発 。

あがったら 管理人さん が 目を 丸くして
「 すげーな 」 と
( 栃木なまり で それしか分からなかった のですが) 言って いました。

写真も 下品にならないものが 撮れたと 思いますので、
送って くださいね。
a0020109_19442484.jpg
何とか 機会を作って、また参加します。

その時 は、また、
できの悪い生徒 を きちんと見てやって くださいね。

中村

         ------------------------------
         ------------------------------

 ↑ ↑ ・ [ スクール 参加者からの 感想 メール ] ↑ ↑ 


そう言えば、
昨年 同時期から クレオールに いらっしゃったんですよネ。

昨年11月 の 初めての「とある湖」での スクールでは、
何匹かが 釣れたダケ でしたが、
今春 3月末の 60cmオーバー連発 に続き、 今回は 大物が 連発!

たった1年 で 随分と 変わりマシタね!

CREOLE 清水一郎

ちなみに、写真は十二分に・お下品・デシタ。

---------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------
[PR]

# by creole-2 | 2007-12-10 19:05 | 秋~ 10月以降の 湖 スクール | Trackback | Comments(0)