フライフィッシング情報byクレオール-2

creole2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 9 )


2005年 12月 13日

No.280. 清水一郎 “独” 選 !「フライフィッシングフェスタ 2005」で見つけた 『匠』な・おたく・達!

----------------------※<当ブログ・ページの見方>----------------------

※2006年1月からの、新しいブログ記事は、ブログ PART-1を! ↓コチラ
●クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1  http://creole.exblog.jp/i0 をクリック!

しばらくは、クレオール・フライフィッシング・ブログ PART-1 のみ、
 更新していきます。
(※この「クレオールフライフィッシング・ブログPART−2」も、新たな活用法をただいま思案中!
  今後も、このブログ・アドレスにもご期待下さい。)
---------------------------------------------------------------------------
更新順に観たい方は、ページ右側「カテゴリ」から「全体」クリック!
他、ページ右側の「カテゴリ」から興味のある分野をクリックし、スクロールして御覧下さい。
「全体」をクリックすれば、最新情報から過去へ全てのブログが順に表示されます。
もっとスゴイ内容も・・・)
---------------------------------------------------------------------------

―清水一郎“独”選 !「フライフィッシングフェスタ 2005」で見つけた 『匠』 な、・おたく・達!―

さて、12/10(土)、11(日)にわたってパシフィコ横浜で開催された
「フライフィッシングフェスタ 2005」に行ってきました。

今回のフェスタで、創り出す“モノ”の驚きの精度や品質もさることながら、
私の目から見て、スゴイ専門知識と、そして何より情熱やこだわりを持っている
それこそ、ある意味でのすごーく、・おたく・な、『匠』の方々をレポートしていきマス。
---------------------------------------------------------------------------          
---------------------------------------------------------------------------
a0020109_2171791.jpg
トップを飾るのは、写真左側、
なぜか? 小指を立てている ご存知 「島崎憲司郎さん」 。

もう説明するまでもありません。
才能が溢れ過ぎちゃってて、奇人変人な面でも突出していマス。

意外に知られていないのが、
写真右側の「サイト“マスター”杉本さん」。

私の 難解な質問 にも、いつもパッと答えられて、
スグにソレに対応した実物を見せられる人は、そうそう居るモンじゃあアリマセン。 

しっかりと自社商品を手に持って、
サラリーマンとして立派な社会性を持ち合わせてはいますが、
どうしてどうして、
サングラスに対して、レンズ、フレームなどなど、詳細にわたって の 知識 や、
こだわり の ・おたく度・ は、 「スゴイ」 の一言!

若くても立派な 『匠』 のひとりです。

ティムコも、もっと開発している人達を前面に出して、フューチャーしてあげればイイのに・・・。

まあ、社の方針とか、いろんな都合が有るんでしょうが・・・。
しかし、昨今では各種イベントなどへの取り組み等、
期待が持てる 兆し も見えて来ているので、
フライ界のトップメーカーとして、「今後は期待大」って感じでしょうか?!
a0020109_2175576.jpg
さて、次も同じくティムコから、コチラは ホンモノ の オタク 「島崎了さん」 です。

 タイイングのツールやアイディア溢れるマテリアル等、
私から見て、スゴーク良いモノを造り出すのですが、「素人受け」せず、
10作品のうち、良くて2~3作品しか売れません。 

「オタク冥利に尽きる」とでも言いましょうか?

おかげで、クレオールでも、
売れない で廃盤に成ってしまう 「タングステン・オフセットアイ」 などの、
世界中探しても同機能のモノを見つけられない傑作を、
何百個もまとめ買いしなければならないハメにもなってマス。
---------------------------------------------------------------------------          
---------------------------------------------------------------------------
 
a0020109_218347.jpg
世界を制する『がまかつ』のフライフック部門は、
現在「松井伯吉さん」が中心となって総てのアイテムを再構築中。

スペイキャスティングプールの真ん前にあった・がまかつブース・にて、

「 アノ人(外人)たち、いつも “力は要らない” って、よく言ってるけども、
そりゃあ、あいつらの身体じゃあ “力は要らない” よなァ~、
体格自体がゼンゼン僕らとは違うもん。」 と、

私の隣でブツブツ言っていたので、

「がまブースからの拡張マイクで、
通訳の東クンにでも、そう言ったほうがイイですよ!」 と 言ったら、

いつものアツイ口調とはウラハラに
「内気なボクには、とてもとても、そんな大それた事なんか言えません。」 と 笑っていました。
(誰?が、・内気・なんだろう?)

松井さん は、頑固一徹 の いつも怒ってる コワイ顔 なので、
その代わりと言っては何ですが、
妥協を許さない松井さんの“わがまま”にも、しっかりと答える
頼もしい『がまかつ』企画のマイルドな「佐野さん」を。
---------------------------------------------------------------------------          
---------------------------------------------------------------------------
a0020109_219382.jpg
スミスのマリエットフライリールの優秀さは知っての通りだが、
これまた驚きの世界最新のアンチリバース・デュアルモード・リール!

ハンドルを握るだけで、アンチリバース・リールなのに、しっかりと巻ける。
しかも、驚きの・“超”軽量・モデル!

つまり、ウチの奥さんなんかの“超”初心者であろうとも、
アッと言う間に50m以上も強烈に突っ走る クリスマス島 の 『ボーンフィッシュ』 や、
大ジャンプを連発!そのファイトはスティールヘッドをも凌ぐ
 アラスカ・キーナイ河 の 『レッドサーモン』 などなどの・強烈に暴れる魚・を相手にしても、
唸るホド高速で逆転するリールハンドルに、手を強打される心配がまったく無く楽しめる。

更にウデのある人が使っても、通常のアンチリバース・リールの欠点でもある
「魚の頭の向きを変えたい時なのに、最初にドラック設定した以上の加重がかかると、
ヌルュッとラインが出て行ってしまう。」といった事がナイ。
つまり、ウデがあるほどに、ファイトも し易い ノダ。

来シーズンは、アラスカで娘たちにも使わせよう。このフライリールなら、スティールヘッドあたり
なら楽勝楽勝。あの暴君 “キーナイ・シルバー”サーモン でさえも、コレさえ使えば、
ウチの娘たちでも、(怪我の心配なんかはせずに)どうにかキャッチ出来そうダ。
---------------------------------------------------------------------------          
---------------------------------------------------------------------------
a0020109_2110885.jpg
まさに世界に名だたる日本の 町工場 『匠の技』 の底力!
石井鉄工所が生み出す『ウエルストン・フライリール』は、ホントに凄い!

しかも、社長の『志』もスゴイ!外見だけの「売る為」のモデルチェンジなんかは一切ナシ。
その代わり、内部の機巧は常に日々“革新”されてゆく。

コノ手のフライリールでは、アメリカのエーベルあたりが有名で、
確かに 良いリール ではあるが、一言で言って 「比べ物にすら成らない」 ほど に、
『ウエルストン・フライリール』は、ホントに凄い!

テンションをかなり掛けたままで50m以上高速でラインを引き出しても、
ドラックテンションの変化も無く、“熱”もまったく発生しない。

ドラックの性能と言うと、
特に 素人 は「どのくらい強く締められるか?」にばかり関心が行くが、
そんなに強くドラックを強く締めたんじゃあ、
かなりしっかりとセレクトしなきゃあ、ロッドが折れちまうし、
だいいち ティペット は???

肝心なのは、
ドラックの緩い部分での「微調整レンジの広さ」と、
急激に猛スピードでダッシュされた時の「出だしのスムースさ」や、
「バックラッシュ防止性能」、コレに尽きる。

コノ点での優秀さでは、特に『ウエルストン・フライリール』は抜きん出ている。

惜しむらくは、ソノ性能を実感できる『フライフィッシング』をやってるヒトが、
日本では年間100名も居ないであろう事・・・。 
あ~あ!世界に名だたる 日本の“逸品” なのに。
a0020109_2112314.jpg
---------------------------------------------------------------------------          
---------------------------------------------------------------------------
a0020109_21103994.jpg
味の有るレザー加工は「アキラクラフトさん」
当クレオールからのオーダーでも、店に飾ってある
ヤマメやイワナのモチーフが彫り込まれた素敵な『レザーロッドケース』を製作してもらったり、
他にも何個かは、お客さんの希望通りの“カスタム”でも作ってもらっている。
(ちなみにカスタムのオーダーでは、絵図ら「魚“一匹”につき幾ら」でやって貰う。)
a0020109_211117.jpg
キーホルダーやコインケース等の小物から、ロッドケースやアームチェアーまで、
日本人ならでは繊細な作品は、外国へ持って行くと特に大好評!
---------------------------------------------------------------------------          
---------------------------------------------------------------------------
a0020109_21135318.jpg
雰囲気バリバリの「箸方さん」親子は、
ブリティッシュトラディショナルの老舗『アーガイルクラブ』の創業者。
そこらのハリボテ英国気取りとは、なんたって、その『志』からもまったく違う。
ジョンブルスピリッツにも満ち溢れた各アイテムからは、“気品”すらも自然に漂って来る。
“粋”だねェ~。
---------------------------------------------------------------------------          
---------------------------------------------------------------------------
a0020109_2114724.jpg
数あるアウトドアウェアの中でも、その“機能”はダントツを誇るのが『ザ・ノースフェイス』
寒暖の差が激しい時や、悪天候時など、気象条件が厳しい時ほど快適に機能してくれる。

日本では面白い事に、女性誌などに取り上げられたりした為に、
パタゴニア の方が 素人受け するようだが、米国などではパタゴニアの値段は、
日本の定価の半額ぐらい。クオリィティーから言っても、ソノぐらいが適正価格であろう。
(私も「南の島系ウェア」では、パタゴニアも使う)

ノースは、逆に日本の定価の方が安いし、縫製も良い。
クレオールのお客さんでも、帰国子女の方々や、国際線のパイロット、海外出張ばかりの
“知っている人”や、アラスカ等、現地フィールドでの・効力・を実体験できた方は、
こぞって、私がセレクトした『ザ・ノースフェイス』グッズを店で買い求める。

「かのエリック・クラプトンあたりも、日本製ノースフェイスの大ファンで、日本に来た時には
必ず購入する。」という話もしてくれた「浅見さん」も、「ちょい不良オヤジ」風でイケてた。
アウトドアとは言え、・アパレル・はコウじゃなくっちゃ。
---------------------------------------------------------------------------          
---------------------------------------------------------------------------
          オマケ
a0020109_212823.jpg
<今回は、運営面でもフライフィッシャー誌の若きスタッフ達が、よく動いてガンバッテいた。
 何処の世界でも現場のモンは大変だよな! ピンボケ でゴメン!>
---------------------------------------------------------------------------          
---------------------------------------------------------------------------
[PR]

by creole-2 | 2005-12-13 17:41
2005年 10月 22日

No250. 『“男”のスティールヘッド・ツアー』 PART-Ⅱ. オレゴン編-②

『“男”のスティールヘッド・ツアー』 PART-Ⅱ. オレゴン編-②
e0033195_1844632.jpg
e0033195_16344014.jpg
e0033195_18452289.jpg
e0033195_15343946.jpg
e0033195_15312069.jpg
e0033195_1631821.jpg

[PR]

by CREOLE-2 | 2005-10-22 18:48
2005年 10月 22日

No252. 『“男”のスティールヘッド・ツアー』 PART-Ⅱ. オレゴン編-④

No250. 『“男”のスティールヘッド・ツアー』 PART-Ⅱ. オレゴン編-④
e0033195_15494474.jpg
e0033195_15513032.jpg

e0033195_15521610.jpg
e0033195_15524152.jpg
e0033195_15531283.jpg
e0033195_15534880.jpg
e0033195_18352444.jpg

[PR]

by CREOLE-2 | 2005-10-22 18:43
2005年 10月 22日

No255. 『“男”のスティールヘッド・ツアー』 PART-Ⅱ. オレゴン編-⑦

『“男”のスティールヘッド・ツアー』 PART-Ⅱ. オレゴン編-⑦
e0033195_17573113.jpg

e0033195_181298.jpg
e0033195_17585542.jpg
e0033195_17115374.jpg
e0033195_17593041.jpg
e0033195_17104330.jpg

[PR]

by CREOLE-2 | 2005-10-22 18:26
2005年 10月 22日

No256. 『“男”のスティールヘッド・ツアー』 PART-Ⅱ. オレゴン編-⑧

『“男”のスティールヘッド・ツアー』 PART-Ⅱ. オレゴン編-⑧
e0033195_16422915.jpg
e0033195_16402981.jpg
e0033195_16405168.jpg
e0033195_16371368.jpg
e0033195_18123127.jpg
e0033195_1635479.jpg

[PR]

by CREOLE-2 | 2005-10-22 18:25
2005年 10月 22日

No257. 『“男”のスティールヘッド・ツアー』 PART-Ⅱ. オレゴン編-⑨

『“男”のスティールヘッド・ツアー』 PART-Ⅱ. オレゴン編-⑨
e0033195_1702463.jpg
写真 左 が ジョー で 右 が アンディ。

アラスカ で 一緒に 釣りをした Joe の もう1人の息子 Andy も
一年半前に ポートランドに 引っ越していた。

一週間前に 一緒に 釣りを した お父さん の ジョー からも、
アンディ が 「ぜひ、来てくれ!」 と 言ってるんで、
必ず 訪ねて やってくれ。 とも 言われてたので、
電話を かけて ポートランド郊外 の 住所を 訪ねた。
e0033195_1819282.jpg
アンディの家。
 新婚で身重の奥さんとふたりで住んでいる。
 
今回は 仕事が 忙しく、
ウイークエンドしか 釣り には 行けない ので、

アンディ とは 一緒に つりに 行けなかった が、
代わりに 近郊の 各種 有望ポイント を
正確な 地図付きで 何箇所も 教えて貰った。
e0033195_18202853.jpg
e0033195_16105679.jpg
e0033195_1683981.jpg

e0033195_18213510.jpg

[PR]

by CREOLE-2 | 2005-10-22 18:23
2005年 10月 22日

No258. 『“男”のスティールヘッド・ツアー』 PART-Ⅱ. オレゴン編-⑩

『“男”のスティールヘッド・ツアー』 PART-Ⅱ. オレゴン編-⑩
e0033195_163448.jpg
e0033195_1872322.jpg

e0033195_1653791.jpg
e0033195_18152029.jpg
e0033195_1642361.jpg
e0033195_1634160.jpg

[PR]

by CREOLE-2 | 2005-10-22 18:22
2005年 10月 04日

No247. 10月の予定。

---------------------------------------------------------------------
※<当ブログ・ページの見方>
2004年5月から〜2005年8月まで(創刊〜記事№222)のこれまでのブログ記事は、
●クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1  http://creole.exblog.jp/i0 をクリック!
かなり『大事なコト』や、フライキャスティングやフライタイイング・レッスンを始め、
各種フライフィッシング・スクール、国内、海外ツアー等々の実録が盛り沢山!要チェック!!!
---------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------
今週、●10/ 6(木)から、~10/21(金)ぐらいまでは、
またもや、今年3度目の 『アラスカ』 へ。

 通称 『“男の”スティールヘッド・ツアー』 のあとに、 シアトル、 オレゴンなどにも立ち寄り、
できればハワイまで、アメリカを縦断してくる予定です。
---------------------------------------------------------------------------
※明日から、~10/21(金)ぐらいまでのお店の予定は、基本的に、
土曜、日曜のみ の、13:30から~18:00まで  の営業です。


その他の日は、不定期に開いている場合もありますから、
ご来店の際にはお電話下さい。 この間、店には“用心棒”達が居ますが、
「腕っぷし」のほうは、私よりもイケてますが、各“用心棒”とも、肝心のフライの事が・・・。
“熱い”お問い合わせは、●10/22(土)からドウゾ!
---------------------------------------------------------------------------
10月中の日本国内スクールは、
●10/23(日) 3kg以上の戻りの大ガツオや本マグロの~3kg位のメジのシーズン。
          年によっては8kg前後のキハダも!!!
          神奈川県 横須賀市 『長井』漆山港より、チャーター船にて出港。
          相模湾『カツオ&マグロ』ソルトウォーター・フライフィッシングスクール

渓流●10/27(木) 東京都あきるの市 秋川水系『養沢』にて、
             「初心者でも安心!ベテランも納得!」 渓流の基本からシッカリ学べる
              『ザ・“ダイレクト”』ウエット&ドライ・渓流スクール。
             いくら人の多いフィールドでも、大型フライで「ガバッツ!」と釣れる
             “ダイレクト”・テクニックの驚異の効果を体験して下さい。

●10/30(日) 群馬県 嬬恋バラキ湖にて、
          昨秋同様、良品計画「カンパーニャ嬬恋キャンプ場」主催で、
          題して、「中禅寺湖、阿寒湖を目指して!」の
          『ザ・“ダイレクト”・シンキング』ウエット・フライ・ボート編を開催。
---------------------------------------------------------------------------
★ 祝 つくばエクスプレス 開通 ★
地下鉄大江戸線 新御徒町駅 A4出口より3分
〒111−0056 東京都台東区小島1−17−7 CREOLE(クレオール)
営業時間 平日13:30〜21:00 日祝〜19:00 水、木曜日定休、及び、
フライフィッシング・スクール、国内&海外フライフィッシングツアーによる不定休有り。
℡&Fax 03−3865−7567(15時〜) 
●クレオール・オフィシャルHP http://www.ICHis-CREOLE.com/
PART-1●クレオール・フライフィッシング・ブログ PART-1  http://creole.exblog.jp/i0
●クレオール・フライフィッシング・ブログ PART-2  http://creole2.exblog.jp/

●スクール専用問い合わせメールcreole@beachboys.jp

CREOLE 清水一郎
[PR]

by CREOLE-2 | 2005-10-04 21:41
2005年 08月 06日

2005年度 クレオール フライフィッシング・スクール・年間スケジュール

新しいブログ記事 は、 クレオール・フライフィッシング・ブログPART-1 を!
コチラ ↓ をクリック!
●クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1  http://creole.exblog.jp/i0
日々の新しい情報は、 ブログPART-1 を、更新していきます。

 まずは、『クレオール』については、
 コチラをクリック!→ クレオールについて「宗教との違い」http://creole.exblog.jp/i30

------<★エグゼクティブ・スクール>-------------------------------------------
渓流、湖、海を問わず、その時期“旬”の、特別・厳選ポイントにて、
3名位以下の少人数限定で開催されます。
■開催予定。毎月要問い合わせ。
  1DAY ¥30,000から~(ランチ付)
  1泊2日¥60,000から~(1泊4食付)
2004年8月と9月、例の長野「あの渓」に於いての
 エグゼクティブ・渓流スクールの模様は、
●クレオール・フライフィッシング・ブログ PART-1  http://creole.exblog.jp/i0 をクリック!
ブログ記事№98№107を御覧下さい。
-------<★渓流スクール>----------------------------------
    (それぞれの費用に入漁料は含まれません)
1.早春の渓流/“ダイレクト”ウェット&ドライ・スクール
 ■長野県木曽川/岐阜県たかはら蒲田川 
 ■第1弾 3月初旬
 ■第2弾 3月中旬
  1DAY ¥(ランチ付)
  1泊2日¥(1泊4食付)
  (希望者にはバンブーロッド使用)※日曜日の1DAYはナシ。

2.春の渓流/“ダイレクト”ウェット&ドライ・スクール 
 ■東京都養沢川 
 ■第1弾 4月初旬
 ■第2弾 5月中旬

3.渓流の“ダイレクト”ウェット&ドライ・スクール
 ■ 忍野桂川 4月初旬
 ■ 栃木県箒川及び鬼怒川水系   4月中旬~5月初旬
 
  1DAY¥(ランチ付)
  (希望者にはバンブーロッド使用)※他にも追加予定あり

4.初夏の“ダイレクト”ウェット&ドライ・スクール
 ■ 栃木県鬼怒川水系/川治温泉付近の渓にて
 ■ 6月から7月中旬梅雨明けまでの期間(まだ未定です。)
  1DAY ¥(ランチ付)

5.夏の“ダイレクト”ウェット&ドライ・スクール
 ■長野県奈川水系
 ■ 8月 
   1DAY ¥(ランチ付)
   1泊2日¥(宿泊費含む/朝夕2ランチ付)
  ※各日曜日の1DAYはナシ。

6.秋の“ダイレクト”ウェット&ドライ・スクール
 ■長野県奈川
 ■9月
   1DAY ¥(ランチ付)
   1泊2日 ¥(宿泊費含む/朝夕食2ランチ)
   ※各日曜日の1DAYはナシ。

7.渓流用実戦パターン・タイイング・スクール
 ●上記1〜6の各スクールに連動したタイイング・スクール。
 ■クレオール店内にて
 ●春の渓流用  2月
 ●夏の渓流用  7月
 ●秋の渓流用  8月

------<★湖スクール>--------------------------------------------
    (それぞれの費用に入漁料は含まれません)
8.芦ノ湖ボート・スクール
 ■神奈川県芦ノ湖
 ■ 3月初旬
 ■ 4月初旬 ※ウエットフライ使用
  1DAY¥(ボート代/ランチ代含む)
  1泊2日¥(宿泊費/ボート2日分含む/1泊4食付/)
  ※日曜日の1DAYはナシ。
  (希望者にはバンブーロッド・スクール開催)

8.栃木県「とある湖」ボート・スクール
 ■栃木県「とある湖」
 ■4月 ※ウエットフライ使用
  ※他、追加開催(特に5月連休中)あり
   05年11月から年末までも開催予定!!!
  1DAY¥(ランチ代)

 ★10月に昨年同様、群馬県嬬恋バラキ湖にて
  「良品計画キャンプ場」主催のスクールも開催予定!!!
要問い合わせ。

9.日光中禅寺湖スクール
 ■栃木県中禅寺湖
 ■6月 5月中にもシークレットスクール開催予定。要問い合わせ。
  1DAY ¥(ランチ付)
  1泊2日¥(1泊4食付)
  ※日曜日の1DAYはナシ。
  (希望者にはバンブーロッド・スクール開催)
  (自ら申し上げるのはナンですが、私はJGFA公認のサクラマスとブラウントラウト、
  それにレインボートラウトの日本記録を保有しております。
  この中禅寺湖にて樹立したものですが、興味のある方はJGFAのホームページ
  http://www.jgfa.or.jp/
  「日本記録データベース欄」の「フライ淡水」をクリックして下さい)


10.阿寒湖アメマス・ツアー       
 ■北海道阿寒湖       
 ■6月
  2泊3日¥89,000〜(予価:エアー代/宿泊費含む/2朝夕食)
  他、北海道マル秘湖ツアー開催予定。
  (またまた自ら申し上げるのはナンですが、私はJGFA公認のアメマス日本記録を
  保有しております。この阿寒湖にて樹立したものですが、興味のある方は
  JGFAのホームページhttp://www.jgfa.or.jp/「日本記録データベース欄」の
  「フライ淡水」をクリックして下さい)


11.中禅寺湖&阿寒湖用実戦パターン・タイイング・スクール 
 ●上記9&10のスクールに連動したタイイング・スクール。
 ■クレオール店内にて
 ■4月、5月   

-----<★管理ポンド・スクール>----------------------------------------
12.“ダイレクト”・シンキングライン・タクティクス・スクール
 ■東山湖(静岡県御殿場市)/
なら山沼(栃木県小山市)/小山エリア(栃木県小山市)

 ■ 毎年11月から翌年2月までの冬季、各管理釣り場にて毎月4〜6回開催
  ¥16,000(ライセンス料/ランチ代含む) 、 ダブルヘッダー+7千円~増
 

-----<★オフショア(海)スクール>-------------------------------------
13.相模湾シイラ・カツオ・フィッシング・スクール
 ■相模湾(シイラ、カツオ主体)
14.ソルトウォーター実戦パターン・タイイング・スクール
 ■クレオール店内にて
------<★海外・ツアー>--------------------------------------------
15.アラスカ・キングサーモン・ツアー 
 ■6月中旬~ (8日〜10日間)
  予価64万〜 (エアー代/宿泊費含む)

16.アラスカ・キング&レッドサーモン・ツアー 
 ■7/20前後発(7日間位)
  ★JAL直行チャーター便に便乗したツアーを計画中
  予価64万〜 (エアー代/宿泊費含む)

17.アラスカ・シルバーサーモン&スティールヘッド・ツアー 
 ■9月初旬~
  予価55万〜 (エアー代/宿泊費含む)

18.アラスカ・ウインターラン・スティールヘッド・ツアー 
 ■10月第1週より (8日間〜10日間)
  予価53万〜 (エアー代/宿泊費含む)

19.クリスマス島ボーンフィッシュ・ツアー 
 ■11月or12月 (11日間)

20.フレーザー島ゴールデントレバリー・ツアー 
 ■1月中旬から~2月中旬ごろ発 (5日間〜)

------<★定期スクール>-------------------------------------------
21.フライフィッシャーズ・ナイト(参加無料)
  毎週火曜日夜7時30分からクレオール店内にて開催しているもので参加は無料です。
 基本的には各スクールの受講者が対象。“予習・復習”用として、
 タイイング・デモはむろん、タックルやラインシステム、ノット法や
 細かなメソッドなどのレクチャーを質疑応答を交えて行います。

22.イブニング・タイイング for ビギナー(参加無料)
  毎週火曜日夕方6時30分よりクレオール店内で開催。参加は無料です。
 ベーシックなパターンにチョッとアレンジを加えた“釣れる”パターンを中心に
 タイイング・デモンストレーション。
 まったくのビギナーの方でもフライタイイングの基礎から学べます。

23.『40ヤード』キャスティング・レッスン
 ■埼玉県八潮市中川河川敷
 ■毎月、他のスクールのない日祝日AM10:00より 
  60分まで¥3,000(以降、30分ごとに¥1,000増)

------<★エグゼクティブ・ガイディング>---------------------------------------
渓流、湖、海を問わず、その時期“旬”の、特別・厳選ポイントにて、
ご要望と有らば、ラインシステムはモチロンの事、リーダー&ティペット、フライの結び付け等や、
又は、渓流を横切る際の手取り足取りのホロ―アップまでまで、トップ・プロによるまかせて安心の
別名『フライフィッシングのシークレット・サービス!!!です。
(渓流マル秘ポイントをご案内する場合には、当然「熊撃退スプレー」も、しっかり持参いたします。)
■日程、場所等は要応談。お問い合わせ下さい。
  1DAY   ¥50,000から~(諸経費別)
  1泊2日 ¥85,000から~(諸経費別)
-----------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------
動画でテクニック等を知りたい方には、
まず、私がどんなレベルだか?コチラ→ 『テクニックの真髄』 をクリック!

特に英語の判る方には、
コチラ→ アラスカ大ベテランガイドのつぶやき 現地の生の声を、
コメント欄と共に要チェック!『アラスカの釣り』や、『キング・サーモン』などの各種サーモン、
あるいは『スティールヘッド』のフライフィッシングに興味の有る方も必見!
----------------------------------------------------------------------
クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1 が、
 携帯からも、ラクラクアクセス可能に!   
●クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1 携帯用URL
http://mblog.excite.co.jp/user/creole/
 まで。

動画ブログ 「クレオール・THE・ムービー」 新規開設中!!!
↓コチラをクリック!
●フライフィッシング・動画ブログ・「クレオール・THE・ムービー」 http://creole1.exblog.jp/

携帯で、各動画を御覧になるには、
 http://dgmb.jp/search.jspx  のURLにアクセスして、
カタカナで、 「クレオール」 と検索してクダサイ。
-----------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------
フライショップ 『 CREOLE 』 
地下鉄 大江戸線 & つくばエクスプレス 新御徒町駅 A4出口より3分
〒111−0056 東京都台東区小島1−17−7 CREOLE(クレオール)
営業時間 平日15:30〜20:00 日祝〜18:30 水、木曜日定休、及び、
フライフィッシング・スクール、国内&海外フライフィッシングツアーによる不定休有り。
℡&Fax 03−3865−7567(16時〜)
[PR]

by CREOLE-2 | 2005-08-06 20:28