フライフィッシング情報byクレオール-2

creole2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:4月 湖シンキング・スクール感想( 3 )


2007年 05月 03日

ザ・“ダイレクト”シンキング「とある湖」スクール 感想

ここで実際のスクール参加者からの感想メールを御紹介します。
 (そう言えば、ナンカこのところ、各種フライフィッシングスクールに、
  特に初めて参加する方が増えてきました。)
----------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------
清水さん、栃木のOです。 先日の湖スクールでは、大変お世話になりました。
遅くなりましたが、メールにてスクールの感想をご報告いたします。

不用意にラインを握ったおかげで右手小指にキズ(火傷?)ができました。

前回昨年のスクールでは、とにかく驚く事ばかりで、何がなにやらさっぱり理解できず、
終わってみれば何のためにスクール受講したのかすら分からない状況でした。
数日経ってあれこれと思い当たるものがあり、今度こそは、と考えていました。

まずスクールは、事前の準備から始まっています。
自分の一方的な判断でのタックルセッティングでは現場で後悔すること必至です。
いままでは、別に気にもしていなかったラインバスケットやクッション等まで、
アドバイス通りに準備しておくことが、
快適にスクールを受講する上で非常に重要なことと、今回は特にあらためて実感しました。

実際のスクールに際しては、「既成概念を捨てる」、これにつきると思います。
特にモノの本などから得た にわか知識 は全部捨てる!
これが前回昨年のスクールでの最大の失敗でした。
「既成概念」でカベに当たっていたからスクールを受講したはずなのに、
いざ現場まで来ているのに「既成概念」にしばられていては、何の意味もありません。

もう一つ、「一度に全ての解答を求めない」。
ブログでは「●●が△△ので★★」と賑わっているので、
どうしても●●△△★★その全てを求めてしまう。これは消化不良のもとです。
1回のスクールで全てが理解できる筈などない。
どんなことでもいい、「一度に一つずつ」とのコケの一念を通すつもりでした。

こう割り切って臨んだ今回のスクールは大正解でした。
全ての理屈は、まだ分からなくてもいい、
とにかく、その日のアドバイスを忠実に実行しさえすれば、
ロッドは吹っ飛ぶ!リールは走り出す!
勝手に「コンディションの良いデカいヤツ」から掛かってきます!!!

そこで絶妙のタイミングで、この日に重要で、なおかつ、
自分でも明解に理解できる内容範囲内である、
「◇◇からの▲▲だけ掴むように」と、アドバイスが来ます。これは説得力絶大です。

それまで、そんな◇◇からの▲▲でやったことなど、やろうと思ったことすらなかったのに、
目前で、それも自分のロッドで起こっている現実は疑いようもありません。

しかも、数多く釣れるばかりでなく、大物で、なおかつコンディションの良い元気な魚ばかりを、
アドバイスに従った戦略とテクニックを使うことにより、自分から選んで釣れるのです!!!
「とある湖には60cmより小さいのはいないのか?!」ということが起こります。

これは現場でスクールを受講しなければ絶対得られません。

後日、友人から聞いた話なのですが、渓流や湖でクレオール軍団だけが釣れるのは、
「ラインのシンクレートが違うからぐらいだろう」レベルの話が巷では噂されている様子で、
見事に既成概念に縛られ現実は全く次元が違うことに思わず笑って(失礼!)しまいました。
そう言う私も実際にスクールを受講する前にはそうでしたので(人のふり見て・・・です。)
あまり偉そうなことを言えませんが、
これまでの自分の「既成概念」では思いもよらないような部分が、
実は最重要なことだったりするのですから、
スクールを現場で受講しない限り無理もないと思います。

モノの本で出来上がった「既成概念」を総動員しようが、
いくら映像をたくさん見ようが、何年やっても気がつくことさえできないでしょう。

しかし、的確なアドバイス(それもたった一言!)を頂いたことで
あの強風下、時間の8割は釣り以外で消費したにもかかわらず、
また掛かったら掛かったで5分や10分軽く時間を使ってしまうため、
匹数はそこそこでも(とは言え大物ばかりが7~8匹もですが・・・)、
一日中延々と「釣れ続ける現実」を体験できてしまうのです。

次回スクール受講の折りには、是非「解答」をまた一つ得られればと思います。
初めて、湖の釣りでの考えの基となる「柱」が立ちました。またよろしく御願いします。 
----------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------
[PR]

by creole-2 | 2007-05-03 18:33 | 4月 湖シンキング・スクール感想
2006年 04月 20日

『とある湖』フライフィッシング・スクールの感想メール。

さて、
先週 木、金、 の
 『とある湖』ザ・“ダイレクト”・スクール の レポートを ご紹介します。

 ↓ ↓ ・ [ スクール体験者 からの 感想メール ] ↓ ↓
    
        ------------------------------
a0020109_20463495.jpg
 こんにちは、清水さん。 横浜の中村です。

先日はスクールありがとうございました。 
久しぶりの 大型 連発 に 超ハイになってます。

個人的には、まだ 開眼した とは言い切れませんが、
3年ぶりぐらい の 50UP 3本そろい に
頬が緩みっぱなし (間違っても太り過ぎでのたるみではありません。)で、
仕事に支障が出そうです。

いやいや、すでに 釣りに行きたくて しょうがない ので、
もう すでに、 支障が 出ていると 言えるのかもしれません。

今年5回目の「とある湖」でしたが、
スクール初日 には、 条件の良い場所 が、
たまたま、えさ釣り師に占領され、流したいのに 流せない中、
ガボガボ ライズしているポイント を 攻めては見たものの、
手持ちのフライパターンには無い、 大型カゲロウ の ダンの 捕食で 手も足も出ず。

清水さんの
 「10キャストして、あたり が無かったら、ここはもうスグに見切っていいよ」 との
言葉が 無ければ、
徹底的に 固執して 轟沈 間違いなしの状況でした。

ミッジウエットのリトリーブも思ったより難しく、
なかなか掛からない中、

清水さんのアドバイスで
 得意???(いやですよ) の ハーリング中 に、待望のひったくるようなあたり!

40UPでしたが、 まるで私のような???? 恰幅のいい レインボーでした。
これからの ミッジウェットに 期待が持てる 内容に 期待大です。
(でも、課題も多いですが・・・)

2日目は、
金子さんからの電話で「風が強い。」と聞いて、
少し心配しながらも現場到着。

はやる気持ちを抑えきれず、準備をしていると
 渡辺兄弟が・・「お久しぶりです。」
(今日も爆釣するのかなーーこっそりついていこうかな) とか考えていると、

清水さんが
「今日の 風だと あそこ は いいぞーーー」 と いうポイントに 目がいき
急遽 出動。
( これが、後に あせると ろくなことが無い こと を 証明してくれます。)

行ってみると 風の 強いこと 強いこと。
(まいったなー) と 思っていると、

一足先にきていた 金子さんの竿が、
大きく まがっているでは ありませんか。(でかそう)

あがってきた のは、 ビカビカの 50UP(いいなー)

私は 風を 避けて、ワンドの中へ、
えさ釣り師 の 邪魔にならないよう、
クレオールで 買ったばかりの 秘密兵器 パラシュートアンカー を 流す。

悩んだ結果、
金子さんが釣っていたISマラブ‐ カラーナンバー#16 で はじめる

何回か 修正して キャストを 続けると、
いい流れ に 乗って、 ワンドの 流れ出し に ボートがのる。
左右に キャストしながら 探っていくと、 待望の あたり がっ!
(やったぜ ハーリング以外での 久々の魚)

「ゴクンゴクン」と 首振る ので 岩魚かな?? と 思っていると、
20M 先 で でっかい魚 が 飛ぶ
「どっぼーん」 ( なに? なに? 俺の???? ) 軽く パニックに。
 
周り の えさ釣り師 や ルアーマン の
「おーーー」という声 に、

なおさら 「 ばれないで くれーーーーーー」 と
祈りながら ファイト、

クレオール #8のロッドが大きく曲がりながらも、
魚をきちんとコントロールしてくれる。
(わかっているのか??)

でも、
少なくとも 大きく 走られることなく
 きちんと魚を止めてくれて方向をコントロールできる。
寄せてきて、 魚を さー ネットに・・・・・・
手を 伸ばした先 に・・・・・・ スカッ 何も 無い???

「やばいネットを車に忘れた・・・・汗 どうしよう」 
大声で 「ネット忘れた‐‐‐‐」

言ってみるものです。
近くで釣りしていた 金子さんが 飛んできてくれました。(感謝)
近くにいたルアーマンも
ネットをもって 駆けつけてくれました。(ありがとうございました。)

ボートの両方に ネットが 準備され、 最後の抵抗
( これが すごい の、
 水中に 突き刺さった ロッドの先、
 ボートの反対側 で ドッボーンと 飛ぶし ) を かわして、
金子さんのネットに 無事ランディング! ( 重ね 重ね 感謝 )

あわせて 写真まで 撮っていただきまして 再度 感謝 (いい写真でした)
a0020109_20415695.jpg
       こうして、久しぶりの大物を
       何とか 無事ランディング 63cmでした。

その後は、
にたにた しながら 釣りしていると、
さらに 次々と 50UPを 2本追加し、
あたりこそは 少ない ものの、 くれば でかい を 実感。
(金子さんも、
 その後にも大物が何匹も来ましたが、
 惜しくも痛恨のバラシ 本当に残念。)

午後からは 風向きが ホンの少しだけ変わっただけなのに、
あたりがほとんど無くなり、

清水さんの言っていた、
いいポイントではなく、その日の複合条件の結果ということを改めて実感。

まだまだ、釣れたポイント、場所に 固執してしまう 自分に
反省しつつ 2日のスクール「終了」。
本当に 充実感を 実感した スクールでした。

陸にあがると 渡辺兄弟も大型含め30匹以上とのこと
(やっぱりすごいですね。この人たちは・・・)まだまだ修行しなきゃ・・・・

帰りの温泉で気持ちよく、帰ってからの お土産にも 舌鼓(うーん最高でした。)
書いているうちにまた、釣りに行きたくなりました。

まもなく中禅寺湖も本番に備えて修行しなきゃ、
清水さんまたよろしくお願いします。
少し遅くなりましたが、写真送ります。(金子さんに撮ってもらった写真です。)

中村でした。
        ------------------------------
        ------------------------------

 ↑ ↑ ・ [ スクール経験者 からの 感想メール ] ↑ ↑

続いて、もう一名のスクール参加者の方からも写真が送られて来ました。

 ↓ ↓ ・ [ スクール体験者 からの 感想メール ] ↓ ↓
    
        ------------------------------
a0020109_2174119.gif
清水さん、

金曜日の写真をお送りします。
50センチと 他の方の魚に 比べる と 恥ずかしいサイズ なので 恐縮です。

倉林
        ------------------------------
        ------------------------------

 ↑ ↑ ・ [ スクール経験者 からの 感想メール ] ↑ ↑

何を言っているんですか、
50センチ は、決して 恥ずかしいサイズ なんかじゃあアリマセン!

でも、
今の『とある湖』でのスクール中に関しては、
ソウ感じてしまうのもムリもありませんが・・・

ゴールデンウイークにかけては、
もっと大物がガンガン釣れますからご安心クダサイ!

モチロン、 いろいろな “コツ” を お忘れ ナク。

CREOLE 清水一郎


美学 を ふまえたうえ での、
 徹底的なる  現場 での 実学
 。

    実際現場 から の 事実 の 数々 は、
    コチラ 
    「 スクール参加者 の 感想 」 を クリックして、
    新着順に、過去にも さかのぼって 次々と 御覧 戴けます。
    ( 主に、 各ブログ記事 ワク内、
      いちばん 右下の 「 Comments 」 をクリックし、ご参照。)]
ココに 記されている 数々 が、
よく アル 、 スクール どころか、
クレオール に 来た事すら も 無い 方々の
噂ばなし のたぐい では 無い、
クレオール 各種 フライフィッシング・スクール の 実際の 評判。

それぞれ
実際 スクール経験者 自身 が 語る
事実 のみ です。
  
         ---------------------------------------------------------
[PR]

by creole-2 | 2006-04-20 19:16 | 4月 湖シンキング・スクール感想
2005年 04月 17日

『芦ノ湖』 ザ・“ダイレクト”シンキングライン・タクティクス スクール 参加者の 感想

---------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------
週末、~4/16(土)にかけて、
『ザ・“ダイレクト”・シンキング』ウエット・フライフィッシング・スクール・ボート編を開催した
芦ノ湖は、最悪の天候コンディションでした。

4/15金曜日には やっと 船が出せる程 の 強風で、
ポイントを選ぶ にも、
元箱根のノザキ・ボートの桟橋から、
200m以内ぐらいの範囲しか 動けず、

目星を付けたポイント を
「指をくわえて」 、遠め に 眺めて居なければならない様な状況。

翌4/16土曜日 は 強風 こそ 止みました が、
元箱根湾から 「出て行く風」の為、
○ ○ に 対して の 影響 が 大きく、

目星を付けたポイントでも、
一時は バンバンに 当たりましたが、 一日中 は 続かず 、
「 3ケタ 釣り 」 とは いきません でした。
 ( ↑ 「欲」 が 深過ぎデス )

それでも スクール参加者の内、
多い人 では、 20 ~ 30匹 以上! も 、 惜しく も 大物を バラしたり、
初めて ウエットスクールに 来た方でも、
「 アタリ だけ でも 40~50回は・・・」 ナンテ方も 居て、
未だ ユスリカ の まとまったハッチ も、 全然 無い のに この状態 は ・ ・ ・ と 、
今後、 連休にかけて スッゴク 期待 の 持てる 状況 でした。

毎シーズン 芦ノ湖 では、 何回か ユスリカ の まとまったハッチ が 有りまして、
ソレ が 一度でも 起これば 「一安心」 と 成る のです。

スクール受講者 には 具体例も 含めて、
詳細に その訳 を 説明しましたが・・・

おっつ! 早速、 週末のスクール 参加者から のメール も 次々と 届きましたので ご紹介!

 ↓ ↓ ・ [ スクール 参加者からの 感想 メール ] ↓ ↓

         ------------------------------
         ------------------------------

清水さん早津です。

昨日 は ありがとうございました。 来週 また 芦ノ湖 行ってきます。

すっかり はまって しまいました 。 また お店 顔出します!

ミッジウエット の スクール としては、 「最悪」とのこと でしたが、
私の中では 収穫多く 、 大変 有意義でした。

ボート不慣れ な 私としては、
ボートの アンカー打ちの方法 から 打つ場所、

勿論 実釣り では、 カウントダウン・リトリーブ・・・・・といった
一連の 釣りテク も レクチャーしていただき、
色々と教わりました。 ( リトリーブの際 の 「スナップ」 気をつけます! )

もちろん、 スクール参加前には
ロッド ~ ライン ~ フライのシステム を 教授していただき、
何故 このシステム が この時期に 効く か
トクトクと 教えてもらえました。

「 特製 ウエット・フライ 」 も、
巷の 雑誌等 で 見るもの とは あまりにも 違って いて、
マテリアルの選び方 を 始め、
体系的に キチンと 整理された 理論的な 「こだわり」だらけ で、 驚き。

あと、一番の収穫 は、
この風 が 吹いたとき、 このポイントが 何故 良いか、 を
 釣り をしながら 教わる こと。

これって、 本で読んでも、 電話で 聞いても なかなか理解できないので、
スクール参加して ライブで教わる のが 一番 身につく方法 と 思いました。

スクールの醍醐味 ですよね。

褒めちぎり 過ぎ? でも ホントに 実感 しました。

これで、
どこ を、 どう 釣って 良いのか わからない状態 から、
一歩 抜け出した 気がします。

早速、来週 芦ノ湖 に 出撃してきます。

きっと、悩み が 出てくると思いますので、 解決して ください!!!!

最後になりましたが、
釣り 以外 の 温泉・食事 も 満足でした。 泊まり は 良いですね。
また参加します。

P.S. ブログを見ていると、いつも絶好調のこと が 書いてありますが、
     今回のスクールは 最低 ・・・との こと。
     いつも 絶好調のコメント を見ながら、 これホント? やらせじゃない? と 疑っていましたが
     最低の時 は 最低 と書かれる ので、
     どうも 本当のことしか 書いてないんですね。(笑)

         ------------------------------
         ------------------------------

 ↑ ↑ ・ [ スクール 参加者からの 感想 メール ] ↑ ↑ 


続けて、もうおひとりから
 ↓ ↓ ・ [ スクール 参加者からの 感想 メール ] ↓ ↓

         ------------------------------
         ------------------------------

クレオール清水さま
スポニチカップのカレーライスを2杯完食し、午後はお腹が仕えて釣りにならなかった斎藤です。

こんにちは~

先日の芦ノ湖ミッジウエットスクール、お疲れ様でした。

私の釣果は10尾弱。 バラシ・アタリは その倍ぐらい と言った 感じでしたが、
別の意味で とても楽しく、 勉強になりました。

今回のスクールは私にとって
「ボートの機動力を生かしたポイント探り」を 実感できたスクール でもありました。

清水さんのアドバイス通り、元箱根・白鳥。
そして、鳥居・杉の木・山のホテル・白い花・成渓あたりを
ハーリング&キャスティングしながら ポイントを 探る という事を 初めて行い、

アタリがある場所 と まったく無い場所がある と言う事を体験できました。
( 以前に 野崎の親父さんも
   ハーリングでポイントを探ってから 釣り始める姿を目撃したことがあります。)

今までの私 であれば、 釣れなくても 同じ場所で、
または、
一度でも アタリがあったら、
しつこく 同じポイントを狙うような釣り方 しか 出来なくて、
最終的には 玉砕してしまうパターン が 多かったです。

そんな日は 帰りの車中で
「他のポイントの方が釣れてたかも?」みたいな 後悔を繰り返してる事 がよくありました。

「最悪コンディション」な時に 何をすれば良い のか?

棚 を、 フライ を、 リトリーブ を 変えてみる以外の選択肢 を
自分の中で持つことが できそうな気がして来ました。

これって、自分の釣りに 幅が広がった と思いますし、
こういった事が、 現地で 頭の中で 普通に考えられる釣り方 が、
釣果を伸ばす事に結びつくのかな?と思いました。

で、私のポイント探しの結果、
この日一番良かったポイントが○○○沖だとわかったんですけど、、、、、、、
そこには何故か? 渡辺兄弟さんの舟 が いたりするんですよね~。 さすがです。

それから 相棒の富樫が 娘を風呂に入れるため16:30で納竿し、
お先に失礼させていただきましたが、
その甲斐あって帰りの高速渋滞はほとんど無く、
おかげさまで 嫁さんとの約束 ”風呂入れの儀式” を 無事に終えることが出来たそーです。
これにより、なんとか 釣り人生を絶たれずに 済んだ ようです。

あと、スポニチカップの表彰式、大盛り上がりでしたね。
惜しくも優勝こそ取り逃がしたものの?、 参加賞抽選会では クレオール軍団は爆釣でしたね。
(添付ファイル参照)写真に写ってませんが、 他にもロッドとか最高級レインウエアーなど、
皆、持ちきれない程の商品を手にする事ができましたね。
参加費1,500円は無駄じゃなかったです。

それから芦ノ湖プリンス宿泊券を掛けたジャンケン大会。
最後の三人に残ったが、惜しくも敗北してしまった渡辺さん。
極悪兄弟パワー も、 あと出しジャンケン には 勝てなかったという事ですな。。。。。
(添付ファイル参照)
ではでは
         ------------------------------
         ------------------------------

 ↑ ↑ ・ [ スクール 参加者からの 感想 メール ] ↑ ↑ 

[PR]

by creole-2 | 2005-04-17 19:58 | 4月 湖シンキング・スクール感想