フライフィッシング情報byクレオール-2

creole2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:クリスマス島 ボーンフィッシュ( 3 )


2005年 09月 30日

No244. クリスマス島のフライフィッシング。 その―11

--------------- ※<当ブログ・ページの見方> ---------------

※2006年1月 から ~ の、新しいブログ記事 は、
ブログ PART-1を! ↓コチラ
●クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1  http://creole.exblog.jp/i0 を クリック!

しばらくは、
クレオール・フライフィッシング・ブログ PART-1 のみ、
 更新 して いきます。
( ※ この 「 クレオールフライフィッシング・ブログ PART−2 」 も、
    新たな 活用法 を ただいま思案中!
    今後 も、 この ブログ・アドレスにも ご期待 下さい。 )
------------------------------------------------------------------
更新順 に 観たい方 は、
ページ右側「カテゴリ」から「全体」クリック!
他、ページ右側 の 「カテゴリ」 から 興味のある分野 を クリック し、
スクロール して 御覧下さい。
( 「全体」 を クリック すれば、
 最新情報 から 過去へ全てのブログ が 順に 表示 されます。
  もっと スゴイ 内容 も ・ ・ ・ )
------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------
e0033195_18204724.jpg

------------------------------------------------------------------

※ 「クリスマス島のフライフィッシング。」 
   その1 から~ その10 まで は、
● クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1  http://creole.exblog.jp/i0
コチラ ↑ を クリック!    
下へ スクロールして 行って、 要チェック!!!


-------------------------------------------------------------------
クリスマス島のフライフィッシング。 その―11

さて、 釣り とは 別の面 での ・魅力・ が 「大きい」どころか、

過去のツアー参加者 の 殆んどの人 の、
さまざまな 『 価値観 』 や、
『 人生観 』まで をも 変えてしまった ・魅力・ が 有る のも、
私にとって この島 が “ 特別 な ” 理由です。

前回のツアー に 参加した 新婚夫婦 をして、( ねえ、 ツカモト さん! )
単なる 「 楽しかった 釣りツアー 」 や、 「 思い出 深い 新婚旅行 」 では なく、

「 人生 に 於ける 価値観 をも 変える旅 」 だった と 言わしめる
コノ島 の 『 魔力 』 は、

どう ガンバッテ 伝えよう とした ところで、
とても とても、
私の 極貧 表現力 では、 カケラ程 も 伝わらない と 思います。

私自身 も 、
ソレを 一番 理解してもらいたい 我が子 に 伝える為、
小学3~4年生だった 娘たち を、
数年前から 幾度か 、 ウチの奥さん 共々 この島 に 連れて来ました。
e0033195_18214751.jpg
そして、
「日本人の子供」としては、 初めて コノ島の地 に 足を下ろした
我が娘達の為 に、

ホテル総支配人 と 共々 、 村のチェアマン や 校長に 直談判で 交渉して、

「 ウチの娘達の為 にも、 島の子供達の為にも 直接 交流すること が、
 双方にとって 一番良い “教育” だと 思う。 」 と、

滞在中 、 島の小学校 に ずっと 通わせ ました。
e0033195_18222083.jpg
上下水道 も 無く、 電気 も 通ってない 島の子供たち は、
衛生面 も 合わせ 、 医療機関も 充実しいてません から、
先進国と比べ 0~5歳まで の 死亡率も 高く、

各国から の 国際援助で 支給された いっちょうら の 学校の制服 の 他は、
着る物 にも 事欠き 、 はだか同然 、 靴も無く 裸足のまま です。
e0033195_1823254.jpg
ところが、
それで 悲壮感 漂う 表情 を しているか と 言うと 、 とんでもない!

近頃 日本の子供には トンと見られないほど の、
素晴らしく エネルギーに 満ち満ちた表情 で、

本当に 嬉しそうな 満面の笑み を たたえ、
棒切れ片手 に 、 はだし で そこらじゅうを 嬉々として 走り回って います。

日本 と 比べたら 、 物質的には 恵まれて いない、
むしろ、 日本の価値観で 図れば 、 「悲惨」とも 言える状況 ですが、

マンガ や ゲーム や ケータイ や
ディズニーランドなど の 「物質」 や 「作られた箱物」 が 無くても、
コンナ 屈託の無い 笑顔 と 、 幸せ に 満ち溢れた 精神状態 に 成れる のです。

行き帰り に 立ち寄る 、 ハワイ の ブランド店 に 群がる
「負」のエネルギー に 満ちた、 「豊かな」日本人 とは まるで 対照的で、

初めて この クリスマス島 を 訪れた時 は、
そんな子供も含めた 島民の「幸せ」な笑顔 に、

周りの景色 を 含め、
ゴーギャン など の 多くの巨匠たち も 魅了されてしまった
「南の魔力」の片燐 を ひしひし と 感じ、

「悟り」 と までは いかなくとも、 何か が パッと 開けた 感じ で、

「 ビートルズ が インドに やられちゃったのは コンナ感じ かな? 」 と、
釣り自体 の 魅力以外 にも 、
完全に 、 この島 の ・とりこ・ に なってしまいました。
[PR]

by CREOLE-2 | 2005-09-30 17:01 | クリスマス島 ボーンフィッシュ
2005年 09月 30日

No245. クリスマス島のフライフィッシング。 その―12

e0033195_18365871.jpg
クリスマス島のフライフィッシング。 その―12

自分 が 「 良い と 思った事 」 を 、 子供 に 伝えたい のは 親のサガ です。

「 テレビゲーム世代 」以前 の 「 最後 の 原っぱ世代 」 として、
少年期を 過ごした 私としては、

たとえ 女の子 と 言えど、
洋服から バック 、 果て は 犬コロ に 至るまで、
周り に 振り回される様 に
ブランド品 を 買いあさらなければ 「満たされない」様な子 には、
育って 欲しく ありませんでした。

「 お金の為 に 働くようになったら おしまいだ。
 金に 「使われる」んじゃ な く、 金は 「使う」物 だ 。」 とは、
今は亡き 我が親父 が、 生前 、 よく 私達 兄弟に 小さい頃から 言っていた言葉 で、
我が 清水家 では 家訓の様な物 です。

昭和40年代 に 倒産し、
無一文どころ か、 当時の お金 で 約3千万円の借金 を 抱え 再スタート し、
日払い で 家賃を 支払い ながら、
筆舌に 尽くしがたい 「お金の苦労」 を 重ね、
何人もの 人を育て 、 成功 し 、 年商 何十億にも して来た、
父ならでは の 言葉 だと 思います。

「 ウチの親父 の ・飲み代・ で 建った ビルが 有る。 」 と
言われるような、
数々の 『 伝説 』 に 成るほど の、 「豪遊」も さんざんして、

「飲み代」 として、
月に 3千万も 使ったエピソード も 有る 我が 親父殿 ですが、

自分が 楽しむ為 に、 バカな散財をする と 言うよりも、
周り に 集まってくる人の為 に、 ジャンジャン お金を使う事 が 多かった のでした。

はむかって 来たりする奴 には 、 たとえ どんな相手 で あろうと、
どんなに 長い時間 が 掛かろう とも、 決して 忘れず、
キチン と ・おとしまえ・ は 、 キッチリと付ける 親父でしたが、

弱者に やさしい 親父でして、
小さい時から 弱い者いじめ が 大嫌いな事 も あって、

特に、 社会福祉には 熱心で、
いろんな 里親 に 成ったり、
生涯 それこそ 何億円 といった 私財 を 福祉に 投じたか・・・。

私 も 弟 も、 小学生の頃 から、 誕生日 には 役所の福祉課 に行 って、
自分の お小遣い の 中から 寄付をする のが、
我が 亡き 親父殿の方針 でした。
e0033195_18445155.jpg
しかし、
その 使いっぷり の 凄さ の 反面、
特に 長男だった 私には、 お金 は 決して 自由にせず、
むしろ、わざ と
出来る限り、 窮するような状況 に したりする向き が 多々 視えました。

私 も 親に 成って、
少し は 、
なぜ? 亡き親父 が、 そんな風 に 私にした のか?
わかるような 気がします。
[PR]

by CREOLE-2 | 2005-09-30 16:54 | クリスマス島 ボーンフィッシュ
2005年 09月 30日

No246. クリスマス島のフライフィッシング。 その―13

クリスマス島のフライフィッシング。 その―13

そう、我が 娘達が、
物質的なものだけ にしか、 心を埋める術 を 知らず に、

その為 に、
人生に於ける 数々の「選択」 を 誤ってしまって は、
大変に 「不幸」 です。

ところが、
いくら 口 で 「 世界には その日 の 食べる物 にも 事欠く 云々・・・」 など と 言っても、
「 コンビニ に ケータイ 」 の 、 今の 日本 では ピン と 来ません。
e0033195_18465523.jpg
ウチの奥さん が、 初日 の 朝だけ は、 島の小学校 に ついて 行きましたが、
( 突然、 朝礼で、 全校生徒の前「スピーチ」させられた のには、
  マイッタ と 言ってました。)

衛生面での注意 を 言い渡され、
釣りガイド の 「腕は悪い」が、「人の良い」ガイド を 世話役 に 就けて、
そんな中 に 突然 入れられた 娘たち は、
始めのうち 泣きベソ・モード でしたが、

子供の 適応力は 素晴らしく、
いざ 帰る頃 には 娘たち も 物質的に 満たされなくても、
心 満たされる術 が 有る事 を、 文字通り 肌で感じてくれた ようでした。
( 島の小学校 では、 先生も 含めた 「折り紙ブーム」 も 沸き起こったらしい です。 )
e0033195_18385443.jpg
近頃は、ローティーンの女の子 としては 当然の様に、
髪型や服装などにも興味は津々ですが、
どこか、 根本的な所 での 固執するような、 ヘンな執着が ナイふうにも 見えます。
まあ、この先どうなるか? 分かりゃあしませんが・・・。

この 昨今ですから、
「人生」どころか、 「世の中」も ドウなるか?さえも、わからない のが 当たり前。

私ごとき は、
今 、 自分が 子供達に出来る事ダケを 「無理せず」ヤルだけ です。
( 「いつかは・・・」なんて事 言ってたら、 何時 「終わり」に 成っちまう か・・・。)
[PR]

by CREOLE-2 | 2005-09-30 16:52 | クリスマス島 ボーンフィッシュ