フライフィッシング情報byクレオール-2

creole2.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2005年 04月 17日

『芦ノ湖』 ザ・“ダイレクト”シンキングライン・タクティクス スクール 参加者の 感想

---------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------
週末、~4/16(土)にかけて、
『ザ・“ダイレクト”・シンキング』ウエット・フライフィッシング・スクール・ボート編を開催した
芦ノ湖は、最悪の天候コンディションでした。

4/15金曜日には やっと 船が出せる程 の 強風で、
ポイントを選ぶ にも、
元箱根のノザキ・ボートの桟橋から、
200m以内ぐらいの範囲しか 動けず、

目星を付けたポイント を
「指をくわえて」 、遠め に 眺めて居なければならない様な状況。

翌4/16土曜日 は 強風 こそ 止みました が、
元箱根湾から 「出て行く風」の為、
○ ○ に 対して の 影響 が 大きく、

目星を付けたポイントでも、
一時は バンバンに 当たりましたが、 一日中 は 続かず 、
「 3ケタ 釣り 」 とは いきません でした。
 ( ↑ 「欲」 が 深過ぎデス )

それでも スクール参加者の内、
多い人 では、 20 ~ 30匹 以上! も 、 惜しく も 大物を バラしたり、
初めて ウエットスクールに 来た方でも、
「 アタリ だけ でも 40~50回は・・・」 ナンテ方も 居て、
未だ ユスリカ の まとまったハッチ も、 全然 無い のに この状態 は ・ ・ ・ と 、
今後、 連休にかけて スッゴク 期待 の 持てる 状況 でした。

毎シーズン 芦ノ湖 では、 何回か ユスリカ の まとまったハッチ が 有りまして、
ソレ が 一度でも 起これば 「一安心」 と 成る のです。

スクール受講者 には 具体例も 含めて、
詳細に その訳 を 説明しましたが・・・

おっつ! 早速、 週末のスクール 参加者から のメール も 次々と 届きましたので ご紹介!

 ↓ ↓ ・ [ スクール 参加者からの 感想 メール ] ↓ ↓

         ------------------------------
         ------------------------------

清水さん早津です。

昨日 は ありがとうございました。 来週 また 芦ノ湖 行ってきます。

すっかり はまって しまいました 。 また お店 顔出します!

ミッジウエット の スクール としては、 「最悪」とのこと でしたが、
私の中では 収穫多く 、 大変 有意義でした。

ボート不慣れ な 私としては、
ボートの アンカー打ちの方法 から 打つ場所、

勿論 実釣り では、 カウントダウン・リトリーブ・・・・・といった
一連の 釣りテク も レクチャーしていただき、
色々と教わりました。 ( リトリーブの際 の 「スナップ」 気をつけます! )

もちろん、 スクール参加前には
ロッド ~ ライン ~ フライのシステム を 教授していただき、
何故 このシステム が この時期に 効く か
トクトクと 教えてもらえました。

「 特製 ウエット・フライ 」 も、
巷の 雑誌等 で 見るもの とは あまりにも 違って いて、
マテリアルの選び方 を 始め、
体系的に キチンと 整理された 理論的な 「こだわり」だらけ で、 驚き。

あと、一番の収穫 は、
この風 が 吹いたとき、 このポイントが 何故 良いか、 を
 釣り をしながら 教わる こと。

これって、 本で読んでも、 電話で 聞いても なかなか理解できないので、
スクール参加して ライブで教わる のが 一番 身につく方法 と 思いました。

スクールの醍醐味 ですよね。

褒めちぎり 過ぎ? でも ホントに 実感 しました。

これで、
どこ を、 どう 釣って 良いのか わからない状態 から、
一歩 抜け出した 気がします。

早速、来週 芦ノ湖 に 出撃してきます。

きっと、悩み が 出てくると思いますので、 解決して ください!!!!

最後になりましたが、
釣り 以外 の 温泉・食事 も 満足でした。 泊まり は 良いですね。
また参加します。

P.S. ブログを見ていると、いつも絶好調のこと が 書いてありますが、
     今回のスクールは 最低 ・・・との こと。
     いつも 絶好調のコメント を見ながら、 これホント? やらせじゃない? と 疑っていましたが
     最低の時 は 最低 と書かれる ので、
     どうも 本当のことしか 書いてないんですね。(笑)

         ------------------------------
         ------------------------------

 ↑ ↑ ・ [ スクール 参加者からの 感想 メール ] ↑ ↑ 


続けて、もうおひとりから
 ↓ ↓ ・ [ スクール 参加者からの 感想 メール ] ↓ ↓

         ------------------------------
         ------------------------------

クレオール清水さま
スポニチカップのカレーライスを2杯完食し、午後はお腹が仕えて釣りにならなかった斎藤です。

こんにちは~

先日の芦ノ湖ミッジウエットスクール、お疲れ様でした。

私の釣果は10尾弱。 バラシ・アタリは その倍ぐらい と言った 感じでしたが、
別の意味で とても楽しく、 勉強になりました。

今回のスクールは私にとって
「ボートの機動力を生かしたポイント探り」を 実感できたスクール でもありました。

清水さんのアドバイス通り、元箱根・白鳥。
そして、鳥居・杉の木・山のホテル・白い花・成渓あたりを
ハーリング&キャスティングしながら ポイントを 探る という事を 初めて行い、

アタリがある場所 と まったく無い場所がある と言う事を体験できました。
( 以前に 野崎の親父さんも
   ハーリングでポイントを探ってから 釣り始める姿を目撃したことがあります。)

今までの私 であれば、 釣れなくても 同じ場所で、
または、
一度でも アタリがあったら、
しつこく 同じポイントを狙うような釣り方 しか 出来なくて、
最終的には 玉砕してしまうパターン が 多かったです。

そんな日は 帰りの車中で
「他のポイントの方が釣れてたかも?」みたいな 後悔を繰り返してる事 がよくありました。

「最悪コンディション」な時に 何をすれば良い のか?

棚 を、 フライ を、 リトリーブ を 変えてみる以外の選択肢 を
自分の中で持つことが できそうな気がして来ました。

これって、自分の釣りに 幅が広がった と思いますし、
こういった事が、 現地で 頭の中で 普通に考えられる釣り方 が、
釣果を伸ばす事に結びつくのかな?と思いました。

で、私のポイント探しの結果、
この日一番良かったポイントが○○○沖だとわかったんですけど、、、、、、、
そこには何故か? 渡辺兄弟さんの舟 が いたりするんですよね~。 さすがです。

それから 相棒の富樫が 娘を風呂に入れるため16:30で納竿し、
お先に失礼させていただきましたが、
その甲斐あって帰りの高速渋滞はほとんど無く、
おかげさまで 嫁さんとの約束 ”風呂入れの儀式” を 無事に終えることが出来たそーです。
これにより、なんとか 釣り人生を絶たれずに 済んだ ようです。

あと、スポニチカップの表彰式、大盛り上がりでしたね。
惜しくも優勝こそ取り逃がしたものの?、 参加賞抽選会では クレオール軍団は爆釣でしたね。
(添付ファイル参照)写真に写ってませんが、 他にもロッドとか最高級レインウエアーなど、
皆、持ちきれない程の商品を手にする事ができましたね。
参加費1,500円は無駄じゃなかったです。

それから芦ノ湖プリンス宿泊券を掛けたジャンケン大会。
最後の三人に残ったが、惜しくも敗北してしまった渡辺さん。
極悪兄弟パワー も、 あと出しジャンケン には 勝てなかったという事ですな。。。。。
(添付ファイル参照)
ではでは
         ------------------------------
         ------------------------------

 ↑ ↑ ・ [ スクール 参加者からの 感想 メール ] ↑ ↑ 

[PR]

by creole-2 | 2005-04-17 19:58 | 4月 湖シンキング・スクール感想