<   2006年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2006年 03月 26日

芦ノ湖 攻略法 『 “ザ・ダイレクト” 』 湖 シンキング・スクールの感想

さて、
『 とある湖 』 ばかり でナク、 『 芦ノ湖 』 でも やっと 水温が 上昇し、
「 一皮 むけて 」 絶好“釣”!!! と なって 来ました!

まずは、
きのう 3/25 土曜日 、 釣り に 行けず に、
都内で 黙々と 仕事 をしていた 「斎藤さん」から、
夕方に 届いた メールをドウゾ。
  
 ↓ ↓ ・ [ スクール 参加者からの 感想 メール ] ↓ ↓

         ------------------------------
         ------------------------------

クレオール清水どの

 「休日出勤」 と書いて、 「轟沈」 と読む 斎藤です。

先ほど 中村さん から 連絡が ありました。

本日、
中村さん は おおばボート から 出て、 湖尻 で やってた みたい です。

水深2~3m の 水温は 6~6.5度。
そんなに 大きい のは 出なかったよーです が、
「 30尾 あたりから 数えなかった よ・・・ 」 と、 余裕の 発言。
休日出勤中 の 私には、 とても 辛い コメント でした。。。。。

そして、
元箱根の池田さんからはこんなメールが。。。。
「 すみません・・ 60尾 超えられなかったです。しゅん・・・・ 」
                              ↑
      この 「しゅん」 に 余裕 を 感じました。

「しゅん」 は こっちのセリフ ですよ。。。。

斎藤
         ------------------------------
         ------------------------------

 ↑ ↑ ・ [ スクール 参加者からの 感想 メール ] ↑ ↑ 


               「しゅん」 の 余裕 は コレ でしょう! ↓
a0020109_14141454.jpg
               ノザキHP フレッシュ日報 06年3月25日(土)ヨリ

先週 の 日曜日 3/19 の
 52,5cm の 大型ブラウントラウト に 引き続き、
昨日 も、
60cm近い 大型レインボー を 筆頭に、
50匹以上 を 釣り上げた 池田さん の 他にも、

同じぐらい 湖尻 でも 爆ハツした 中村さん からは、
先週の 「湖のフライフィッシング・スクール」 受講後 に、
こんな クレオール「芦ノ湖」解禁スクール 感想メール も 戴きましたので、
ご紹介しましょう。

 ↓ ↓ ・ [ スクール 参加者からの 感想 メール ] ↓ ↓

         ------------------------------
         ------------------------------

清水様、横浜の ぶーでー中村 です。

9日 から の 芦ノ湖 スーパー・トゥイッチ スクール、
18日 の 栃木 「 とある湖 」 スクール と お世話に なりました。

個人的には 悩み は つきません(笑) が、
清水さん の
釣らせるため に 何を するか? という姿勢に かなり 感動しました。

そして、
釣れないとき も 私たちを 鼓舞し 元気にしてくれる 姿勢に、
釣り 以外 でも コーチとしての資質 に
個人的に 学ぶべきもの が ありました。

さて、
色々 書きたいこと が あるので
ブログではなく、 メールで 失礼します。

芦ノ湖スクール では、 私的には 久しぶりの 釣り でしたが、
通いなれた場所 でも あったので、
清水さん 直伝の IS マラブー も あるし、

ポイント も それなりに 知っている から、
オフシーズン の スクールの成果 と あわせて、
清水さん が 来て、スクールが 始まる までに
60up の でかいの を 数本 取って・・・・・

なんて 妄想を 抱きながら、
抜け駆け的 に 7時前 には 出船・・・・・

初めて???? (芦ノ湖で) 水温 を 計る。

●.●℃ ・・・・
清水さんの言う ○ ○ 度 のポイント から たった 0.5度 だし、
まあいいか と 思って 沖に アンカーリング。
( この時点 で ダメダメですね。
後で聞くと、この時期の 0.5度 は、
 たった では なく 、 ものすごい0.5度 との こと)

聞いていた水温 より も、 少し 低い 感じ が したので、
フライ は、
クレオール・ダブ #14カラー 、 ゴースト T で、 スタート。

キャスト ・・・・
( 1投目 から ズドーーーーーン と ・・・・ だったら よかった のです が、
 スカッ ・・・ あれ??
 まあ まあ こんなこと も あるさ、
 2投目 ・・・ スカッ ・・ あれ?? おかし い ぞ )

時間 が 過ぎて いく 
 ( 内心 ヤバイ、 これでは 去年まで と 同じ だ。
  クレオール 破門 される かも と 思いつつ、 キャスト を 続ける。 )

しばらく 投げる が、 あたり も 無い。
( タラーーーーー と 冷や汗 が・・ これでは 撃沈モード に、 まっしぐら )

まわり を 見渡す と、 岸より で 少し ライズ が ・・・

船 は いるけど 隙間に 入ってしまえ と、 こっそり 近寄る。
( うーん これでは、まるで 釣れてねー みたい ジャン。 釣れてない っす。 )

そこでも、 撃沈モード 突入した ところ で、
なにやら、また 周囲に ボート が 近寄ってくる。
よく見ると、どこかでお会いした は ○ し さん。
( 待てよ。 ということ は、 スクール時間 か?
  げーーーーっ、ここまで ボウズ じゃねーか!
  清水さん に なんて言おう。)

「 おはようございます。 清水さん 」 ( なんじゃ そりゃ )

清水さん 「 釣れてる かい? 」

私 「 すいません。 撃沈 モード まっしぐら です 」

清水さん 「 おかしいな。 一回、 いままでどおり やってみて 」

私 「 こう やって・・ 」

清水さん 私の 釣り を 見て、 
「 わかりまし た。 リトリーブ の ● ● ● ● ● を 半分 に、
  ◎ を ▼って、 きちんと ○ ○ ○ ○ & △ △ を 演出して くださ い。」

「 こう ですか? 」 

「もっと × × く 、 そして、 フライ を ▽ ▽ ▽ させない! 」

「 無理す よ。 だって 難しい もん。 」 なんて 言っていると、

本日 初の  当たり  が・・・・ ( エッ・・・ なんで )

「 ほらね、今の 感じ で 丁寧に 釣って ください。」 と、
次の人 に 釣らせるために 移動 していく 清水さんの 後姿に 感謝。
( うーん。 この人 は 何で、
  魚の動き や 反応が、 釣りしてない のに、見える んだろう?? )

しばらくして、
 悪い癖 が出て、自分の 勝手な リトリーブ に もどると 轟沈。

そのたび に 清水さんに 矯正して もらうと
 当たり が 連発?????
(うーん。 この 差 が 大きい なー )

何年も 通った 芦ノ湖 ですが、 本当に 新発見 ばかり で、
クレオール に 行かなかったら、
きっと、
自分では 絶対に分からなかった だろうなー と 思うことばかり でした。

いままで の 釣れた結果 は、 結構、 偶然だった ということも 分かり、
本当に 着眼点 や ポイント選定 が
 変わってきたスクール でした。(ありがとうございました。)

当分の 自分の課題 は リトリーブです。
( 先週の とある湖 でも 同じ指摘 でした・・・
  私は進歩しているのだろうか????)

でも、
フライカラー のローテーション、 リトリーブ の 三大要素 を、
組み合わせて 攻める、 攻め の 組み立て によって、

釣れない理由 が、 世間で語られていること ではないこと が、
分かってきた だけでも、 大きな成果 だと 思っています。

また、修行して 参加します ので 宜しく お願いします。
長文ですいませんでした。

PS:清水さんのスクール の 人脈の広さ と、 集まってくる人たち からは、
   本当に 学ぶこと が 多い です。
   そういう人たち に 会うこと も
    スクールの楽しみ のひとつ に なりつつ あります。

中村
         ------------------------------
         ------------------------------

 ↑ ↑ ・ [ スクール 参加者からの 感想 メール ] ↑ ↑ 


毎年恒例、 の 楽しみ 実録シーン
3月解禁 渓流 湖 攻略法スクール 実際の映像
ドキュメント 動画 も、 ホンの一部 デス が、ドウゾ。

【芦ノ湖フライフィッシングスクール “スーパー・トウィッチ”】 の数々 
( ↑ コチラをクリック!)

【大物イワナ続出!3月解禁たかはら渓流スクール】  
( ↑ コチラをクリック!)

【3月解禁たかはら渓流スクール イワナがフライに襲い掛かる瞬間!】  
( ↑ コチラをクリック!)


” めて
クレオール 各種フライフィッシング・スクール を 受講された方々 に、
いちばん 多く 言われる のは、
もっと 早く 来ていれば よかった 」 との 言葉です。

臨時スクール開催 や、
各種 手配 、 開発 等々など 日々奮闘中でも ありますので、
電話 が つながらない時 には、 おかけ直し 下さい。

巷 に 溢れる テクニック?? とやら とは、
全く 違った 発想 で、
見事に、まったく 違った 結果 を 出せる。

[ 真の ] への 探求 は、
まさに、
ソクラテス の言う 『 無知 の  を 尊び、
まず 自身の 知らない事 を知る ことから 始まります。

クレオール各種フライフィッシング・スクール を、 体験した うえ で の、
  衝撃 の 「 生 の声 」 などは、 コチラ 
「 スクール参加者 の 感想  を クリック!
   新着順に、過去にも さかのぼって 次々と 御覧 戴けます。
   ( 主に、 各ブログ記事 ワク内、
     いちばん 右下の 「 Comments 」 をクリックし、ご参照。)
[PR]

by creole-2 | 2006-03-26 19:24 | 3月 湖 攻略法 スクール感想
2006年 03月 21日

湖のフライフィッシング攻略法 芦ノ湖 ★炸裂★ “スーパー・トウィッチ”スクールの感想。

----------------------※<当ブログ・ページの見方>----------------------
 この 「クレオールフライフィッシング・ブログPART−2」 は、
 これから次々と 各種フライフィッシングスクール や、
 オリジナル・フライロッド や カスタム・グッズ などを始めとした
 取り扱い商品 の 総合カタログ的なラインナップ をするべく、
 ただいま思案&作製中!  今後も、このブログ・アドレスにもご期待下さい。)
 
※ ページ右側の 「カテゴリ」 から、
  興味のある分野をクリックし、スクロールして御覧下さい。
  (他、「カテゴリ」 から 「全体」 を クリック して、
   各ページ最下段右の <次のページ> をクリックしてゆくと、
   最新情報から過去へ全てのブログが順に表示されます。 もっとスゴイ内容も・・・)
---------------------------------------------------------------------------
新しいブログ記事 は、 クレオール・フライフィッシング・ブログPART-1 を!
コチラ ↓ をクリック!
●クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1  http://creole.exblog.jp/i0
日々の新しい情報は、 ブログPART-1 を、更新していきます。
---------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------

おととい3/19日曜日、ノザキHP「フレッシュ日報」に、
ブラウントラウト52,5cm を 釣り上げて
載っていた 「池田さん」 から、 メールが入りました。

聞くところによると、
5隻以上のボート が 周り で さんざん 攻めているなか、
あとから 行って、
バッチリと 大物を 釣り上げた そうで、

「 アノ中 でも 釣れる ナンテ! スゴイ(メソッド&フライ)です。 」 と、
興奮 気味の声 も、 頂いた 電話口から 聞こえてきました。
 
そろそろ 芦ノ湖 も、調子良くなってきそうデス!
それでは、「池田さん」からのメールを。 

--------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------
a0020109_18101550.jpg
                 ノザキHP 「 フレッシュ 日報 」 3/19 ヨリ

 ↓ ↓ ・ [ スクール 参加者からの メール ] ↓ ↓

こんにちは、清水さん。

クレオールの門を叩いて 約三ヶ月 の 池田です。
3/11 の 芦ノ湖スクール お世話になりました。

翌日は東山湖で自主トレ、
翌々日は、ガイドも凍る 降雪の芦ノ湖でも
鱒の顔を拝むことができました。

この経験 を 忘れないうちに と、 芦ノ湖 に 3/19 に 行ってきました。

先週の 荒行で 左手中指は 少々 腱鞘炎ぎみ でしたが・・・
当日は5時起床、現地に7時過ぎに到着。
( 寝不足で 途中二回も 道を間違えました。 カーナビあるのに・・・)
天候も 雲から 晴れ間が出て 回復の見込み。

駐車場で 眠い目を擦りながら 準備していると、
見かけた事のある アメ車が・・・「斉藤さん」だぁ!

今日は一人で 湖上に出撃かな? と思い、
置手紙をしてから 湖上に出船。

ノザキ前では、魚が寄っていそうな 南西の弱い風、
朝までの 雨で 少々濁りが入っている上に、 誰も 釣りをしておらず、
人的プレッシャーが弱いように感じましたので、
ボートの錨を下ろして 準備を始めました。

すると 早速、 岸から 心温まる 怒鳴り声 が・・・
「 なにやってんだ!! もっと 岸寄り に 行かないと 釣れねーぞ!! 」 と
ノザキ のオヤジ様。

桟橋から 各ボートに 激を 飛ばし、
早速ノザキツイストで 鱒を 10匹ほど 釣り上げ、
「魚は ココにいるんだから、
おまえら、 ここに ボートを止めないと いけね-だろ!! 」
との 指示により、
他の船 が 一斉に スポット中心に 集結。

内心(せっかく いいスポット 独り占め できたのに・・・)と 思いながら、
キャスト を 始めました。

ノザキのオヤジ様 は 桟橋から 立ち去るとき に、
「 ここには 絶対 デカイ奴が 居るんだから、釣ってこいよぉ」 との こと。

フライは IS マラブー 10番、
カラー は #16 、 タイプ ● を 選択して ロングキャスト。

ターンオーバーが 決まり ○ カウント の 後 に、
スーパー(ハーフ?) ・ トゥイッチ

第 一投目 から、
リトリーブを始めて 間もなく 小気味よい アタリが!

「クン・クン・クン」。 30cmほどの鱒 が 顔を覗かせてくれました。

(やった!! ・轟沈・ 回避・・・)と 、 心に 暖かい思いが込み上げ、
鱒を 優しく リリース。

その後すぐにキャストし、
二匹目 の 柳の下のドジョウ を 釣ろうと
リトリーブを 始めて 間もなく、

左手に、
まるで、 根掛かり のような 重~い 違和感 がっ!

聞きアワセ して ゆっくり ロッドを 上げる と、
ティップに生命感!

「 ゴフン ・ ゴフン ・ グワン ・ グワン 」 と、
もんどり返る 魚の 強烈な 抵抗。

「 なに? この感覚!! 」 と 緊張しながら 引き寄せると、
茶褐色の 大きな魚体 が。

周りのボート の ギャラリーから の
刺さるような 熱い視線 を 浴びながら、
タモ入れ したところ で
初めて ブラウントラウトだと 確認することが できました。

震える手で すぐに 生簀に入れて、 ポーカーフェイス で 再キャスト。

その後 しばらくは、 何もなかった のは いうまでも ありません。
( だって、 興奮 錯乱 状態 なのですから )

後に、 昨シーズン 同時期の 芦ノ湖 で、
今回の 私 同様 に、 スクール直後の釣行 で、
見事 50cmオーバー の (ザ・本マス)を 釣り上げた 斉藤さん と 合流。

報告をすると 自分の事のように 喜んで くださいました。
(ありがとうございます)

その日は夕方まで釣りを続け、 他にも何匹か鱒の顔を見て納竿。
その日、 数回、 生簀を見て ニヤニヤする私。

桟橋で、 計測 ・ 計量 を 済ませ ノザキ店内で、
熱い、すいとん汁を 頂いて いると、
あの 熱い声 が・・・

「 今日は デカイ の 釣れたかぁ 」 と ノザキのオヤジ様。
「 お蔭様で、釣れました 」 と 報告。
「 おお 良かったな 」 と オヤジ様。

「 おまえ は (清水さんのところの)スクール 来たろ? 」 聞かれ、
快く 「 はい 。 」 と 返事。

納得されている ような オヤジ様 の 横顔を 見ました。

これほど までに 、 即効性のある 「 フィッシング スクール 」 に、
感激する と ともに、 驚愕 の 結果に 満足していますが、
まだ 通過点に 過ぎません。

今後も 経験を 積み、
いろいろな 素晴らしい魚達に 会うため 精進を 続けます。

また、
スクール等で、友情 厚い(熱い)心 の クレオール軍団の方々 には、
暖かな アドバイスを いつも いただき、
感謝の思い で いっぱい です。

ありがとうございました。

         ------------------------------

 ↑ ↑ ・ [ スクール 参加者からの 感想 メール ] ↑ ↑ 


毎年恒例、 の 楽しみ 実録シーン
3月解禁 渓流 湖 攻略法スクール 実際の映像
ドキュメント 動画 も、 ホンの一部 デス が、ドウゾ。

【芦ノ湖フライフィッシングスクール “スーパー・トウィッチ”】 の数々 
( ↑ コチラをクリック!)

【大物イワナ続出!3月解禁たかはら渓流スクール】  
( ↑ コチラをクリック!)

【3月解禁たかはら渓流スクール イワナがフライに襲い掛かる瞬間!】  
( ↑ コチラをクリック!)


” めて
クレオール 各種フライフィッシング・スクール を 受講された方々 に、
いちばん 多く 言われる のは、
もっと 早く 来ていれば よかった 」 との 言葉です。

臨時スクール開催 や、
各種 手配 、 開発 等々など 日々奮闘中でも ありますので、
電話 が つながらない時 には、 おかけ直し 下さい。

美学 を ふまえたうえ での、
 徹底的なる  現場 での 実学
 。

これまでも、そしてこれからも、
実際の 現場 では、 が 起こっているのか?

・事実・ を、正確に 伝える事。 」
コレが、 拙クレオール ブログ に於いて、 唯一 の テーマ です。

巷に溢れる 多くの賛同を得ている 一般論 よりも、
ひとつ の 真実ドコ あるのか?

巷 に 溢れる テクニック?? とやら とは、
全く 違った 発想 で、
見事に、まったく 違った 結果 を 出せる。

[ 真の ] への 探求 は、
まさに、
ソクラテス の言う 『 無知 の  を 尊び、
まず 自身の 知らない事 を知る ことから 始まります。

100人の素人 (もしくは、ソレに 「毛の生えた」連中) の 戯言 よりも、

ひとり の 専門家意見 を 聞きたくなったら、
クレオール へどうぞ。

クレオール各種フライフィッシング・スクール を、 体験した うえ で の、
  衝撃 の 「 生 の声 」 などは、 コチラ 
「 スクール参加者 の 感想  を クリック!
   新着順に、過去にも さかのぼって 次々と 御覧 戴けます。
   ( 主に、 各ブログ記事 ワク内、
     いちばん 右下の 「 Comments 」 をクリックし、ご参照。)
[PR]

by creole-2 | 2006-03-21 19:26 | 3月 湖 攻略法 スクール感想