<   2006年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2006年 04月 20日

『とある湖』フライフィッシング・スクールの感想メール。

さて、
先週 木、金、 の
 『とある湖』ザ・“ダイレクト”・スクール の レポートを ご紹介します。

 ↓ ↓ ・ [ スクール体験者 からの 感想メール ] ↓ ↓
    
        ------------------------------
a0020109_20463495.jpg
 こんにちは、清水さん。 横浜の中村です。

先日はスクールありがとうございました。 
久しぶりの 大型 連発 に 超ハイになってます。

個人的には、まだ 開眼した とは言い切れませんが、
3年ぶりぐらい の 50UP 3本そろい に
頬が緩みっぱなし (間違っても太り過ぎでのたるみではありません。)で、
仕事に支障が出そうです。

いやいや、すでに 釣りに行きたくて しょうがない ので、
もう すでに、 支障が 出ていると 言えるのかもしれません。

今年5回目の「とある湖」でしたが、
スクール初日 には、 条件の良い場所 が、
たまたま、えさ釣り師に占領され、流したいのに 流せない中、
ガボガボ ライズしているポイント を 攻めては見たものの、
手持ちのフライパターンには無い、 大型カゲロウ の ダンの 捕食で 手も足も出ず。

清水さんの
 「10キャストして、あたり が無かったら、ここはもうスグに見切っていいよ」 との
言葉が 無ければ、
徹底的に 固執して 轟沈 間違いなしの状況でした。

ミッジウエットのリトリーブも思ったより難しく、
なかなか掛からない中、

清水さんのアドバイスで
 得意???(いやですよ) の ハーリング中 に、待望のひったくるようなあたり!

40UPでしたが、 まるで私のような???? 恰幅のいい レインボーでした。
これからの ミッジウェットに 期待が持てる 内容に 期待大です。
(でも、課題も多いですが・・・)

2日目は、
金子さんからの電話で「風が強い。」と聞いて、
少し心配しながらも現場到着。

はやる気持ちを抑えきれず、準備をしていると
 渡辺兄弟が・・「お久しぶりです。」
(今日も爆釣するのかなーーこっそりついていこうかな) とか考えていると、

清水さんが
「今日の 風だと あそこ は いいぞーーー」 と いうポイントに 目がいき
急遽 出動。
( これが、後に あせると ろくなことが無い こと を 証明してくれます。)

行ってみると 風の 強いこと 強いこと。
(まいったなー) と 思っていると、

一足先にきていた 金子さんの竿が、
大きく まがっているでは ありませんか。(でかそう)

あがってきた のは、 ビカビカの 50UP(いいなー)

私は 風を 避けて、ワンドの中へ、
えさ釣り師 の 邪魔にならないよう、
クレオールで 買ったばかりの 秘密兵器 パラシュートアンカー を 流す。

悩んだ結果、
金子さんが釣っていたISマラブ‐ カラーナンバー#16 で はじめる

何回か 修正して キャストを 続けると、
いい流れ に 乗って、 ワンドの 流れ出し に ボートがのる。
左右に キャストしながら 探っていくと、 待望の あたり がっ!
(やったぜ ハーリング以外での 久々の魚)

「ゴクンゴクン」と 首振る ので 岩魚かな?? と 思っていると、
20M 先 で でっかい魚 が 飛ぶ
「どっぼーん」 ( なに? なに? 俺の???? ) 軽く パニックに。
 
周り の えさ釣り師 や ルアーマン の
「おーーー」という声 に、

なおさら 「 ばれないで くれーーーーーー」 と
祈りながら ファイト、

クレオール #8のロッドが大きく曲がりながらも、
魚をきちんとコントロールしてくれる。
(わかっているのか??)

でも、
少なくとも 大きく 走られることなく
 きちんと魚を止めてくれて方向をコントロールできる。
寄せてきて、 魚を さー ネットに・・・・・・
手を 伸ばした先 に・・・・・・ スカッ 何も 無い???

「やばいネットを車に忘れた・・・・汗 どうしよう」 
大声で 「ネット忘れた‐‐‐‐」

言ってみるものです。
近くで釣りしていた 金子さんが 飛んできてくれました。(感謝)
近くにいたルアーマンも
ネットをもって 駆けつけてくれました。(ありがとうございました。)

ボートの両方に ネットが 準備され、 最後の抵抗
( これが すごい の、
 水中に 突き刺さった ロッドの先、
 ボートの反対側 で ドッボーンと 飛ぶし ) を かわして、
金子さんのネットに 無事ランディング! ( 重ね 重ね 感謝 )

あわせて 写真まで 撮っていただきまして 再度 感謝 (いい写真でした)
a0020109_20415695.jpg
       こうして、久しぶりの大物を
       何とか 無事ランディング 63cmでした。

その後は、
にたにた しながら 釣りしていると、
さらに 次々と 50UPを 2本追加し、
あたりこそは 少ない ものの、 くれば でかい を 実感。
(金子さんも、
 その後にも大物が何匹も来ましたが、
 惜しくも痛恨のバラシ 本当に残念。)

午後からは 風向きが ホンの少しだけ変わっただけなのに、
あたりがほとんど無くなり、

清水さんの言っていた、
いいポイントではなく、その日の複合条件の結果ということを改めて実感。

まだまだ、釣れたポイント、場所に 固執してしまう 自分に
反省しつつ 2日のスクール「終了」。
本当に 充実感を 実感した スクールでした。

陸にあがると 渡辺兄弟も大型含め30匹以上とのこと
(やっぱりすごいですね。この人たちは・・・)まだまだ修行しなきゃ・・・・

帰りの温泉で気持ちよく、帰ってからの お土産にも 舌鼓(うーん最高でした。)
書いているうちにまた、釣りに行きたくなりました。

まもなく中禅寺湖も本番に備えて修行しなきゃ、
清水さんまたよろしくお願いします。
少し遅くなりましたが、写真送ります。(金子さんに撮ってもらった写真です。)

中村でした。
        ------------------------------
        ------------------------------

 ↑ ↑ ・ [ スクール経験者 からの 感想メール ] ↑ ↑

続いて、もう一名のスクール参加者の方からも写真が送られて来ました。

 ↓ ↓ ・ [ スクール体験者 からの 感想メール ] ↓ ↓
    
        ------------------------------
a0020109_2174119.gif
清水さん、

金曜日の写真をお送りします。
50センチと 他の方の魚に 比べる と 恥ずかしいサイズ なので 恐縮です。

倉林
        ------------------------------
        ------------------------------

 ↑ ↑ ・ [ スクール経験者 からの 感想メール ] ↑ ↑

何を言っているんですか、
50センチ は、決して 恥ずかしいサイズ なんかじゃあアリマセン!

でも、
今の『とある湖』でのスクール中に関しては、
ソウ感じてしまうのもムリもありませんが・・・

ゴールデンウイークにかけては、
もっと大物がガンガン釣れますからご安心クダサイ!

モチロン、 いろいろな “コツ” を お忘れ ナク。

CREOLE 清水一郎


美学 を ふまえたうえ での、
 徹底的なる  現場 での 実学
 。

    実際現場 から の 事実 の 数々 は、
    コチラ 
    「 スクール参加者 の 感想 」 を クリックして、
    新着順に、過去にも さかのぼって 次々と 御覧 戴けます。
    ( 主に、 各ブログ記事 ワク内、
      いちばん 右下の 「 Comments 」 をクリックし、ご参照。)]
ココに 記されている 数々 が、
よく アル 、 スクール どころか、
クレオール に 来た事すら も 無い 方々の
噂ばなし のたぐい では 無い、
クレオール 各種 フライフィッシング・スクール の 実際の 評判。

それぞれ
実際 スクール経験者 自身 が 語る
事実 のみ です。
  
         ---------------------------------------------------------
[PR]

by creole-2 | 2006-04-20 19:16 | 4月 湖シンキング・スクール感想
2006年 04月 03日

No265. 嬬恋バラキ湖は面白い!

新しいブログ記事 は、 クレオール・フライフィッシング・ブログPART-1 を!
コチラ ↓ をクリック!
●クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1  http://creole.exblog.jp/i0
日々の新しい情報は、 ブログPART-1 を、更新していきます。

 まずは、『クレオール』については、
 コチラをクリック!→ クレオールについて「宗教との違い」http://creole.exblog.jp/i30

----------------------※<当ブログ・ページの見方>----------------------
 この 「クレオールフライフィッシング・ブログPART−2」 は、
 これから次々と 各種フライフィッシングスクール や、
 オリジナル・フライロッド や カスタム・グッズ などを始めとした
 取り扱い商品 の 総合カタログ的なラインナップ をするべく、
 ただいま思案&作製中!  今後も、このブログ・アドレスにもご期待下さい。)
 
※ ページ右側の 「カテゴリ」 から、
  興味のある分野をクリックし、スクロールして御覧下さい。
  (他、「カテゴリ」 から 「全体」 を クリック して、
   各ページ最下段右の <次のページ> をクリックしてゆくと、
   最新情報から過去へ全てのブログが順に表示されます。 もっとスゴイ内容も・・・)
----------------------------------------------------------------------
動画でテクニック等を知りたい方には、
まず、私がどんなレベルだか?コチラ→ 『テクニックの真髄』 をクリック!
特に英語の判る方には、コチラ→ アラスカ大ベテランガイドのつぶやき 現地の生の声を、
コメント欄と共に要チェック!『アラスカの釣り』や、『キング・サーモン』などの各種サーモン、
あるいは『スティールヘッド』のフライフィッシングに興味の有る方も必見!
----------------------------------------------------------------------
クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1 が、
 携帯からも、ラクラクアクセス可能に!   
●クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1 携帯用URL
http://mblog.excite.co.jp/user/creole/
 まで。

動画ブログ 「クレオール・THE・ムービー」 新規開設中!!!
↓コチラをクリック!
●フライフィッシング・動画ブログ・「クレオール・THE・ムービー」 http://creole1.exblog.jp/

携帯で、各動画を御覧になるには、
 http://dgmb.jp/search.jspx  のURLにアクセスして、
カタカナで、 「クレオール」 と検索してクダサイ。
---------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------
a0020109_16165729.jpg
昨秋11月にひき続き、2005年度も一昨日10/30(日)無印良品で知られる
良品計画のキャンプ場
『カンパーニャ嬬恋』(群馬県)内にある「バラギ湖」で、
良品計画主催による『清水一郎シンキングライン・スクール』を開催しました。
a0020109_1618624.jpg
久々に晴れわたった十月最後の日曜日という事もあって、大渋滞も予想していたんですが、
クレオールでは・お約束・の「スーパー抜け道」を使いまして、
行きは、「関越」からガラガラの「上信越道」の「上田菅平IC」で降り、(マル秘の抜け道を)
鮮やかに染まった紅葉を楽しみながら、快適にドライブし、アッと言う間に到着でした。
a0020109_16183931.jpg
軽井沢からですと、高速を降りてからが、すご~く、遠~く、感じる「嬬恋」ですが、
このルートですと、断然カイテキ!おススメです。
a0020109_1619195.jpg
さて、この時期10月~11月初旬にかけて、関東近郊の止水の釣り場では、
まだまだ高水温で、ドコも本調子にはほど遠いのが現状です。

ですから、私も、アラスカなどにスティールヘッドを釣りに行ったり、
相模湾のカツオやメジマグロを、存分に楽しんだりもするのですが、
関東近郊で「止水のフライフィッシング」を楽しもうとなると、
同じく群馬の丸沼や、此処バラキ湖などしか、
フライフィッシングを楽しめるフィールドが、なかなか見あたりません。

こう言うと、何だかしょうがナク、消去法でここ「バラキ湖」を選んでいるようですが、
ところがドッコイ! そんなコトは、コノ清水一郎は大嫌い。
大好きなフライフィッシングで「我慢する」ぐらいだったら、「釣り」には行きません。

「シンキング・ライン」を使った「湖のフライフィッシング」をするうえでも、
この「バラキ湖」には、かなりの・魅力・も有るのデス。
a0020109_16195039.jpg
おととい釣れた40cm前後のレインボー・トラウトのほとんど全てが、
掛かってからスグに、何回もの激しいジャンプを繰り返しました。
なかには、ストライクの瞬間から1mほども手元で手繰るフライラインをひったくってゆき、
合わせる間も無く、2~3回も連続ジャンプを繰り返す魚も何匹も居まして・・・
a0020109_16202081.jpg
いやー、面白かったですヨ!「カンパーニャ嬬恋バラキ湖」。 この湖はスゴイ!
何がスゴイかと言うと、トラウト達の餌に成る「ベイト・フィッシュの量」が凄いんデス。
a0020109_16203814.jpg
日中でも、湖面のそこかしこに小魚の群れが沢山群れ、泳ぎまわっているのです。
当然の事ながら、放流されたトラウトは、水に馴染んでくると、
スグに小魚を追い回す様になっていきます。

これまた当然ながら、そんな 「野性味を取り戻す」のに 最適な条件ですから・・・、
キチンとした “ 攻略法 ” さえ持っていれば、
あとは言うまでも無く、「楽勝、楽釣、大楽笑!」

さて、当日も 伝家の宝刀 “ Ⅰ・S マラブー ” の 「基本中の基本」カラー、
当クレオールで 諸条件に於ける 明確な 使い分け をする為に、
しっかりと分別されている カラー番号 では、
№14 と成っている その名も 通称 「クレオール・オリーブ」 が、・・・

あさって、11/3(木)も、緊急臨時スクールの為、
<つづき>は、また後ほど。
[PR]

by CREOLE-2 | 2006-04-03 14:42 | 秋~ 10月以降の 湖 スクール