フライフィッシング情報byクレオール-2

creole2.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2007年 10月 05日

特注フライロッド 『DRAGON Offshore“TUNA”Stick』 9ft #14~ -3pc 

日本国内の 他の釣り では 絶対に味わえない、
世界に誇る
ワールドクラス の 「 ニッポン の フライフィッシング 」

#12 フライロッド でさえも、
バットまで グングン 絞り込む 強烈な 引き味を!

まるで 渓流 での スーパーハッチ時 に、
イブニングライズ が 延々と 続く様な、
ガンガンの 「 入れ食い 」 を 楽しんで 下さい!

通年ですと、 「 キハダマグロ 」 が 釣れる のは、
お盆前後 に ホンのいっとき と、 シーズン後期 の 11月あたり の いっとき、
それぞれ 長く とも 一週間ぐらい しか 続きマセン。

過去、
相模湾 の マグロ&カツオ・オフショア・フライフィッシングの釣り に、
15年以上通っている 私でさえも、
6~7年前に 11月の「沖の瀬」 で、
7~8㌔のキハダが 散水の中 で イワシを 追い回して 沸いた
それも、ホンの 5~10分間 の ワンチャンス 一回ダケ と、

かれこれ 10年ほど前 の、 お盆前後 に 一回ダケ。
まだ 「 青木丸 の オヤジ」 が
手のつけられないホド 元気 で、 怒鳴り マクって、
私以外 の 他のグループ では 乗船 出来ず、

他の船 を 予約しても
「 清水さん は オヤジさん でも イイよねェ~ 」 って、
いつの間にか オカミさん に コロっと 変えられて しまい、
気がつくと
年間を通して ほとんど 総て 「 オヤジ丸 」だった頃。

今までに 見た事も 無いような 大きな魚影が、
散水の中 を 横切った 途端 に、
私の #10フライロッド が ソノ方向に 大きく ひったくられて、

脇で 見ていた 青木丸のオヤジさん が 血相 変えて
 「 待ってろっー!スグに 船で 追っかけるから よぉ! 」 と、
操舵室に 駆け込む 僅かな間 に、 一気に 200mも 走られた
まるで、
ドラム缶のような (いやいやハナシは “大きく”ないと ネ。 ) ヤツを 掛けて 逃げられた。
コノ 15年間 でも、 たったの 2回 ダケ 。

 ( ちなみに、 コノ出来事 が、
   フライフィッシングに於ける 「 マグロ 漁 」 にも 十二分に 対応デキる、
   他の追随を許さない 特化された 特注フライロッド
    『DRAGON Offshore“TUNA”Stick』 9ft #14~ -3pc 
                                    の誕生するキッカケだったのです。)

それに 世界的にみても 実測5㌔以上の魚 が 数多く釣れる「釣り」 って のは、
「 フライフィッシング 」 では モチロン、
そうそう あるモンじゃあ アリマセン。

今回の冬、2008年1月後半か、2月にも、
恒例の「フライフィッシング海外ツアー」として 予定している
『 世界遺産 』 の 「 フレイザー島 」 だって、
ゴールデントレバリー や、 マグロ類 にせよ、
せいぜい 5㌔前後 の サイズ が アベレージですし、

アメリカにしろ、国内では 沖縄にしろ、
費やす日数 や 費用で 考えても、
日本に居て、 しかも、 1時間前後のアクセスで行ける
 首都圏内に 住んでいて、 
なぜ? コノ時期の「相模湾」に 行かないのか? と、
「世界の釣り」を 知っているヒトほど、
 この ・貴重さ・ が 判るコトでしょう!

今シーズンは、 こんな状況 ですから、
“初” 挑戦者 にも、 もってこい の年。

何に つけても 「 食わず 嫌い 」 ってのは、
あらゆる意味 で 「 損 」 だと 思うのですが・・・
[PR]

by creole-2 | 2007-10-05 18:10 | クレオール フライロッド