フライフィッシング情報byクレオール-2

creole2.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 07日

No 224. 渓流 夏の長野 2005年8月。

------------------------------------------------------------
※<当ブログ・ページの見方>
2004年5月から〜2005年8月まで(創刊〜記事№222) の
これまで の ブログ記事 は、
● クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1 http://creole.exblog.jp/i0 を クリック!
かなり 『 大事な コト 』 や、
フライキャスティング や フライタイイング・レッスン を 始め、
各種 フライフィッシング・スクール 、 国内 、 海外ツアー 等々の実録 が
盛り沢山 ! 要チェック !!
-------------------------------------------------------------
更新順 に 観たい方 は、
ページ右側「カテゴリ」 から「全体」クリック!
他、ページ右側 の 「カテゴリ」 から
興味のある分野 を クリック し 、 スクロールして 御覧下さい。
( 「全体」 を クリック すれば、 最新情報 から 過去 へ
  全ての ブログ が 順に 表示 されます。 もっとスゴイ内容も ・ ・ ・ )
-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------

渓流“ダイレクト”フライフィッシング・スクール 夏の長野 2005年8月。
e0033195_1929232.jpg
今回は フライフィッシング自体 が 初めての方 も 居て、
クレオール の フライフィッシング・スクール に 初参加の方 が 何名も。

モチロン、
毎年 何度も 受講している ベテラン・フライフィッシャーの方 まで、
東京 、 埼玉 、 神奈川 、 を 始め、
静岡 や 地元周辺の 長野から も 何名か、

フライフィッシング・スクール参加者 も 多種多様なのが、
我が クレオールの特徴 。

どんなレベルの参加者 でも 「楽しめ 、 上達できる 」 のが モットー。
e0033195_1930056.jpg
 渓流フライフィッシング・スクール受講者の中 でも 、 特に 、 “ 初 ”参加 の方 は 楽しそう。
e0033195_14345467.jpg
写真 でも お判りの様に 、

ド ・ ド ・ ピーカン の 射すような 日差しのなか なのに、

開始早々 の 「 釣り 自慢 」 ・ ・ ・ じゃ なかった! 「 デモンストレーション 」 に、
次々と イワナが 飛び出して来る。

参加者から も
「 一日 釣ってたら 楽に 30~40匹にも 成るんじゃあないか? 」 との声も あがるホド。
e0033195_14372936.jpg

真夏 の ド真っ昼間。

道路わき から 入ってスグ の
先行者だらけ の 流れ でも、 わずか 10m程の間 に、

ロッドの長さ 以内 の ショートキャスト 、

リーダー + ティペット でも 全長 6,5ft 以下 、

ティペット 4~5X、フライサイズ#12番 で、

キレイなイワナ が 次々と 3匹も 連続して 飛び出す!

モチロン、 「ライズ」なんか 皆無 。  これぞ 、 『 “ ダイレクト ” ・ テクニック 』 !!

e0033195_1447319.jpg
「スクール」どころか、
 「フライフィッシング」自体 が、 初めて の方 も。

昨年まで アメリカ で 暮らしていた Fさん は、
ニューヨーク 在住中 に 揃え、
未だ ピカピカな 現地 NY「オービスショップ」 の袋に 入りっぱなし の タックル で参加。

記念すべき 「 フライフィッシング での 第1匹目 」 。 

ドライ で 釣る ニッポンの「岩魚」 って イイでしょ!
e0033195_19305588.jpg
ココから 50mも 行かないうち に、
“尺”は有ろうか という 大物 を 、 惜しくも 受講者が 「アワセ切れ」!

ソレ も 併せて、
このレクチャー中 、 受講者に出た “尺”オーバー は 3匹!!!
( うち 2匹も が、 「 アワセ切れ 」!
  ヤッパリ、デカイ奴が 真っ昼間 に 「 ドカン! 」と 出る と アセるよネ。 )
e0033195_19362713.jpg
ヒレのふち の 「白い線」が とても鮮やかだった このイワナ は、
#12番 の 良く見える 大型ドライに ガップリと出た!

“ダイレクト”テクニック では 「あたりまえ」の事。
 
モチロン、
 夏の日差し が 照りつける ドピーカン の お昼前。

リーダー は 全長 6,5フィート 、 ティペット は 5X 。
e0033195_1937692.jpg
e0033195_19382681.jpg
農業も営んでいる 宿の食事 は、 有機栽培 の 自家製野菜 が 中心。

ひとり暮らしのヒト や 、 私の様な 3日以上の滞在 には 、
コンナ食事の方 が 有難い。
e0033195_19391742.jpg

[PR]

by CREOLE-2 | 2005-08-07 19:01 | 夏 7・8月 の渓流スクール | Comments(0)


<< No 223. 渓流 夏の長...      No 225. 渓流 夏の長... >>