人気ブログランキング |

フライフィッシング情報byクレオール-2

creole2.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 03日

ザ・“ダイレクト”シンキング「とある湖」スクール 感想

---※<当ブログ・ページの見方>---
 この 「クレオールフライフィッシング・ブログPART−2」 は、
 これから次々と 各種フライフィッシングスクール や、
 オリジナル・フライロッド や カスタム・グッズ などを始めとした
 取り扱い商品 の 総合カタログ的なラインナップ をするべく、
 ただいま思案&作製中!  今後も、このブログ・アドレスにもご期待下さい。)
 
※ ページ右側の 「カテゴリ」 から、
  興味のある分野をクリックし、スクロールして御覧下さい。
  (他、「カテゴリ」 から 「全体」 を クリック して、
   各ページ最下段右の <次のページ> をクリックしてゆくと、
   最新情報から過去へ全てのブログが順に表示されます。 もっとスゴイ内容も・・・)
------------------------------------
新しいブログ記事 は、 クレオール・フライフィッシング・ブログPART-1 を!
コチラ ↓ をクリック!
●クレオール・フライフィッシング・ブログ PART−1  http://creole.exblog.jp/i0
日々の新しい情報 は 、 ブログPART-1 を 、 更新 していきます。
-------------------------------------
-------------------------------------
ここで 実際のスクール参加者 から の
感想メール を 御紹介します。
(そう言えば、ナンカこのところ、
各種フライフィッシングスクールに、
特に めて 参加する方 が 増えてきました。)

↓ ↓・[ スクール体験者 からの 感想メール ] ↓ ↓

----------------------------
----------------------------
清水さん、栃木のOです。 
先日の湖スクールでは、大変お世話になりました。

遅くなりましたが、
メールにてスクールの感想をご報告いたします。

不用意に ラインを 握ったおかげ で
右手小指にキズ(火傷?)ができました。

前回 昨年のスクール では、
 とにかく 驚く事ばかり 、 
何が なにやら さっぱり理解できず、

終わってみれば
何のためにスクール受講したのか すら
分からない状況でした。

数日経って あれこれと 思い当たるものがあり、
今度こそは、と考えていました。

まずスクールは、
事前の準備から 始まっています。

自分の 一方的な判断での タックルセッティングでは
現場で 後悔すること 必至です。

いままでは、 別に 気にもしていなかった
ラインバスケット や クッション等まで、
アドバイス通り に 準備しておくこと が、

快適に スクールを受講する上で
非常に重要なこと と、
今回は 特に あらためて 実感しました。

実際のスクールに際しては、
「 既成概念 を 捨てる 」、 これに つきる
と 思います。

特に モノの本などから得た
 にわか知識 は 全部 捨てる!

これが 前回 昨年のスクール での 最大の失敗 でした。

「既成概念」で カベに当たっていた から
スクールを受講したはず なのに、
いざ 現場まで 来ているのに
「既成概念」に しばられて いては、
何の意味 も ありません


もう一つ、「一度 に 全ての解答 を 求めない」。

ブログ では
「 ●●が △△の で★★ 」 と 賑わっている ので、
どうしても ●●△△★★ その全て を 求めて しまう。
これは 消化不良のもと です。

1回のスクール で 全て が 理解できる筈など ない。
どんなことで も いい、
「 一度 に 一つずつ 」との コケの一念 を 通すつもり でした。

こう 割り切って 臨んだ
今回のスクール は 大正解でした。

全ての理屈 は、 まだ 分からなくても いい、
とにかく、
その日のアドバイス を 忠実に 実行しさえ すれば、
ロッド は 吹っ飛ぶ! リール は 走り出す!
勝手に
「 コンディションの良い デカいヤツ」から 掛かって きます!!!

そこで 絶妙のタイミング で、この日 に 重要で、なおかつ、
自分でも 明解に 理解できる 内容範囲内である、
「◇◇からの▲▲だけ掴むように」と、アドバイスが来ます。
これは 説得力 絶大 です。

それまで、
そんな ◇◇から の ▲▲で やったこと など、
やろうと 思ったことすら なかった のに、
目前で、 それも 自分のロッド で
起こっている現実 は 疑いようもありません。

しかも、数多く釣れる ばかりで なく、
大物で、
なおかつ コンディション の 良い元気な魚ばかり を、
アドバイスに従った 戦略とテクニック を 使うこと により、
自分から 選んで釣れる のです!!!


「とある湖 には 60cmより小さいのは いないのか?!」と いうことが 起こります。

これは 現場で スクールを受講しなければ
絶対 得られません。

後日、友人から聞いた話なのですが、
渓流や湖でクレオール軍団だけが釣れるのは、
「ラインのシンクレートが違うからぐらいだろう」レベルの話が
巷では噂されている様子で、

見事に 既成概念に 縛られ
現実は 全く 次元 が 違う こと
に 
思わず笑って(失礼!)しまいました。

そう言う 私も 実際に スクールを受講する前には
そうでしたので(人のふり見て・・・です。)
あまり偉そうなことを言えませんが、

これまでの 自分の「既成概念」では
思いもよらないような部分 が、
実は 最重要こと だったりする
のですから、

スクール を 現場で受講しない限り 無理もない と 思います。

モノの本で出来上がった
「既成概念」を総動員しようが、
いくら映像をたくさん見ようが、
何年やっても気がつくことさえできないでしょう。


しかし、
的確なアドバイス(それもたった一言!)を頂いたことで
あの強風下、時間の8割は 釣り以外 で 消費した にも かかわらず、
また 掛かったら 掛かったで
5分や10分 軽く時間を使ってしまう ため、
匹数はそこそこでも(とは言え大物ばかりが7~8匹もですが・・・)、
一日中 延々と「 釣れ続ける 現実 」を
体験できてしまう のです。


次回スクール受講の折りには、
是非「解答」を また一つ 得られれば と 思います。

初めて、
湖の釣り での 考えの 基となる「柱」が立ちました。

またよろしく御願いします。
 
------------------------------
------------------------------


↑ ↑・[ スクール経験者 からの 感想メール ] ↑ ↑
------------------------------

美学 を ふまえたうえ での、
 徹底的なる  現場 での 実学
 。

実際現場 から の 事実 の 数々 は、
コチラ 
「 スクール参加者 の 感想 」 を クリックして、
新着順に、過去にも さかのぼって 次々と 御覧 戴けます。
( 主に、 各ブログ記事 ワク内、
 いちばん 右下の 「 Comments 」 をクリックし、ご参照。)]
ココに 記されている 数々 が、
よく アル 、 スクール どころか、
クレオール に 来た事すら も 無い 方々の
噂ばなし のたぐい では 無い、
クレオール 各種 フライフィッシング・スクール の 実際の 評判。

それぞれ
実際 スクール経験者 自身 が 語る
事実 のみ です。

--------------------------------------
動画ブログ 「クレオール・THE・ムービー」 新規開設中!!!
↓コチラをクリック!
●フライフィッシング・動画ブログ・「クレオール・THE・ムービー」 http://creole1.exblog.jp/
---------------------------------------
---------------------------------------
フライショップ 『 CREOLE 』 
地下鉄 大江戸線 & つくばエクスプレス 新御徒町駅 A4出口より3分
〒111-0056 東京都台東区小島1-17-7 CREOLE(クレオール)
営業時間 平日15:30 〜 20:00 日祝〜 19:30 水、木曜日定休、及び、
フライフィッシング・スクール、国内&海外フライフィッシングツアーによる不定休有り。
℡&Fax 03-3865-7567 (17時〜)
----------------------------------------

( ブログ記事ワク 最下段 、
 Tags : の さらに には 、
  ↓  拙 クレオール とは、マッタク カンケー無い 広告 が入ります 。)  ↓  ↓  ↓

by creole-2 | 2007-05-03 18:33 | 4月 湖シンキング・スクール感想 | Comments(0)


<< 「湖のフライフィッシング」 中...      『ザ・“ダイレクト”・シンキン... >>