フライフィッシング情報byクレオール-2

creole2.exblog.jp
ブログトップ
2004年 12月 17日

『“真実”の扉を開ける』 小山エリア・シンキング・スクールの感想メール

きのうも、“ 真実 ” の 扉 を 開ける 』 と 称される
『ザ・“ダイレクト”・シンキングライン・タクティクス』・スクールが、
栃木にて開催されました。

今回 の 受講者 の おひとり、
ご本人 曰く 「シンキング・ライン歴4~5年程」
ここ 1~2年のあいだ 、 ひとり で いろいろと 思い 悩んだ あげく、
意を決して の
クレオールのスクール “ 初 ” 参加 と なりました
「中川さん」 から、 早速 ご感想 の メール を 頂きましたので、
まずは、全文を そのまま ご紹介 致します。

 ↓ ↓ ・ [ スクール 参加者からの 感想 メール ] ↓ ↓

         ------------------------------
         ------------------------------
謹啓

清水一郎 さま

本日のスクール では 大変 お世話に なりました。

今までの 自分の技量(?)の浅さ が
世界の小山エリア の 水深 並 で あったこと を
当エリア で ご教授 頂き、

もし スクールに 行ってなかったら
あまりの浅さ に 座礁していた とも 思われます。

今まで、
真実の扉 の ノブの位置 が
どこにあるか も 分からなかったことに 衝撃 。 ( ショック ! )

その ノブの位置 が 前で 下で、 人間工学的 ロジック に より
あんな位置 に あるなんて 再度 衝撃 ( ショック ! ! )

その位置 による リトリーブ で 自分のフライ が 生き物 に 見えて
三度 衝撃 ( この辺 で ヤバイな と 思いつつ・・ )

弁当 の ごはんの盛 に チョットだけ 衝撃 ( チョック! )

なら山 での リトリーブの 距離に おいては パケラッタ!
( スミマセン、 衝撃が 多く 錯乱状態です )

自然現象の変化 によって ヒットカラー が 変わること にも
ニャン パラリ ( キャスト後 、 閻魔大王 しか 釣れません でしたが ・・ )

ブログの通り 小山ショック を まともに 喰らい 過ぎ 鞭打ちぎみ で、
帰り に 思川温泉 で 蕩けて
清水さんの様に クイックマッサージ を してもらっても
衝撃を 受けた 右腕は 揉ませはしません でした。

錯乱状態 の ため 長くなりました が、
本日の 御礼の ご挨拶 と させていただきたく 失礼 申し上げます。
(すみません、
 明日 何回目かの 忘年会 が ありまして 日曜は 行けそうにも ありませんが、)
また ブログチェックして 申し込み させていただきます。

謹白

ショック死 寸前 中川

追伸
夕方話されてた 色の波長 云々 の話 は
増沢信二さん の フライパターン マニュアル を 熟読すれば 理解できますか?

それとも クレオール・ダブ で
 現場 ・ 現実 ・ 現状 の 3現 主義 に 則った方 が 理解は 早いですよね?

         ------------------------------
         ------------------------------

 ↑ ↑ ・ [ スクール 参加者からの 感想 メール ] ↑ ↑ 


あすも、なら山沼にて『ザ・“ダイレクト”・シンキング』が有りますので、
きょうのところは、メールのご紹介まで、

きのうのスクール では、 クレオール ・ダブ ・ニューカラー 2色 が 、
「 目的 通り 」 日中 と 夕方 、 それぞれ スゴい 反応 でした!

その 内容 は 明日も 再検証して、 火曜日の夜 お店 で ・ ・ ・
ご期待クダサイ!!!
[PR]

by creole-2 | 2004-12-17 23:31 | 冬季 湖シンキング 感想 | Comments(0)


<< たかはら蒲田川 フライフィッシ...      CREOLE 9’#8-3Pc... >>